なんやかんやで昨日やっと
中国戻ってきました・・・

コメント返信滞りまくってて
すみません・・・!!
一両日中には!!!
m(_ _)m

今週は平常運転できる見込みなので!

---------------


112-20


ちょうど気候も暖かくなってきて
草木が青々と芽生える気持ちいい季節!
\(^o^)/



6b704bbef53247f7b5b378f5c0f56a3f_th
(※↑画像元


またの名を「踏青節」とも。

青を踏む、ってなんか
楽しそうでいいですよね
( *´艸`)

芝生の上でピクニックみたいな。
ゴルフするのも気持ちよさそう(笑)



と、いうわけで

車で遠路はるばる
パパの故郷である福建省某村へ
お墓参りに行ってきました!

まずは、
父方のおじいさんと
おばあさんのお墓へ。

図20

立派!!(゚∀゚)
お寺の裏にあります。

図23


まず、お墓の周りを囲むように
黄色い紙を置いていきます。
お守りみたいな意味だそうです。

図12


そしてお供え物。

図19

具材にカキを使った
巨大な餃子
「海蛎餅(hai li bing)」

図18


海蛎餅は
お供え物でもありますが
お参りに行った皆も
その場で一緒に食べます。

図16
↑ここから一人一つ取る。

バケツに食べ物を直入れする
スタイル、嫌いじゃないですw
上からティッシュ入れてるしww
\(^o^)/


これがまた野菜たっぷりかつ
ジューシーでなかなかウマイ!!

図17


お墓の前でご先祖様と一緒にご飯食べるって
沖縄のシーミー節と似てますよね。
シーミー節の由来は清明節みたいですし。

沖縄と福建は文化的に近いっぽいのかなぁ。
詳しくは知らないんですけど。。。


そしてお線香。
日本のより長いし
一度にたくさんお供えします。

お墓の前に跪いて
お線香を持った状態で3回深くおじぎ。
終わったらお供え。

図15

このお線香の灰で
軽く火傷するのは定期。


そして「冥紙」という紙を
それはもう大量に燃やします。

図22

これは天国のご先祖様が
生活に困らないよう
冥紙をお金に見立てて送るという
意味合いがあるそうです。

図11


ちなみに「銭紙」というのもあって
これはガッツリ紙幣柄です(笑)

発行元は天地通用銀行、とか( *´艸`)

図14

ユーロやらドルやら
いろいろありました。

図13


おもちゃみたいなニセモノとはいえ、
札束をじゃんじゃん燃やすというのは
なんとも爽快!!!(笑)


お金を燃やし終わったら
フィナーレはもちろん爆竹!!!

図10


けたたましい大騒音に
煙ももっくもく!


特に掃除をすることもなく
その場を後にしました。

きっと誰かがなんとか
してくれるのでしょう・・・

図9


つづきまして
チャンポン父方のひいおじいちゃんと
母方のおじいちゃんのお墓参り。

ひいおじいちゃんは
チャンポンも会ったことない
そうですが。

こちらは大きな大霊園。
入り口でお供えに必要なものが
ひと通り購入できます。

図8
図7
※花束は造花です。

冥紙にもいくつか種類があるらしく、
さまざまな生活用品が描かれているものも。

図6

ご先祖様への仕送りですね。
かわいいデザイン(*´ω`*)


とにかく霊園広いので
奥までずんずん歩きます

図5

するとこれがまた
日当たりも良く自然に囲まれてて・・・
気持ちいい場所でして!!!

図26

墓石の間にある植木が
よく手入れされていて
なんというか、美しい。

図25

ここでもお花とお線香と
冥紙をお供えしました。

図3

図1


チャンポン家のご先祖様には
もちろんお会いしたことないけど、
やっぱり気持ちいいものですね、
お墓参りって。

天気が良かったからかも
しれないけど( *´艸`)


図2


また来年も挨拶に来ますね~!



おしまい

----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  

   
中国のお墓参り、

お線香の灰やら
冥紙の燃えカスやら
お墓に跪くやらで

酷い時はえらい目に遭うので
汚れてもいい服装(長袖長ズボン)
着用を強くオススメします。

燃えカスが飛び火して
チャンポンの上着に
穴空いたことあります(;゚Д゚)