大人の社会科見学
第一弾!!

 

いつもお世話になりまくってる
飛行機について

理解を深めようかと(笑)

 

もちろんPR記事とかじゃないです。

自主的に行ってきましたw

 


見学コースの受付を済ませると
まずは30分間の座学が。


 

【羽田空港について】

実は日本で一番大きい。
面積は成田の1.3倍くらいだとか。

 

 

滑走路は南北と東西に4本

風向きによって使い分ける。
国際線・国内線で共用。

なんと1日の発着陸は

1,200回にも及ぶのだと!!
 

4本の滑走路フル活用だ・・
 

管制塔の仕事って

むちゃくちゃ大変なんだろうなぁ

 


【ボーイング777について】

そういえば燃料が

どこに入ってるかとか

全然知らなかったけど・・・

 


 

145トンもの燃料はなんと
主翼の中に入ってるんだとか!
知らなかった!!!

  

燃料はケロシンといって
石油ストーブの灯油と

ほぼ同じような成分でできてる。

 

上空マイナス60度の世界でも凍らないように
氷結防止剤が含まれてるんだってさ!

 

座学の後は

いざ見学コースへ!!

コックピットの模型があったり。

 

 

  

謎のボタン多すぎて

頭おかしくなりそうw

  

 

 

  

 

そして整備場へ!!

 

 


整備場広い!!!

 

 

 

ビル11階ほどの高さに

飛行機が5機も入る広さ!!!
 

 

 

エンジンぱっかーん!

 

  

めちゃくちゃデカい 

 

 

↑これは重整備点検。

飛行機の中空っぽになってる。

1年半に一度、

一か月ほどの時間をかけて

パーツを全部外して点検する。

  

座席も全部取り外して・・・

  

費用は6千万円だとか!

ひえー



そしてなんと!!

 

私たちラッキーなことに
政府専用機を拝むことが

できました!!

 

「日本国 JAPAN」と

日の丸背負ってるあれ

↓↓ 

 

今は日本に2機しかないという

ボーイング747の政府専用機。


ちょうど皇太子さまを乗せて

羽田に帰ってきたところで
整備中なんだとか。
 

皇太子さま、マレーシア訪問から専用機で帰国

 
 

写真撮りまくったのですが
ネットに載せるのはNGとのことでした。

 

これがもう、

他の普通の旅客機と比べものに
ならないくらいピッカピカ!!!


なぜなら日本の威信をかけて、

翼の先まで手作業で

ピカピカに磨いているのだと!!

 

手作業で!!

 

管轄は航空自衛隊で、

常に監視されており
専用の整備士しか

入れないのだとか。

中にサービス提供をするのも

全員自衛官。
 

そんな感じで

興奮しまくりの約2時間でした!!


 

参加費無料で

ここまで見せてくれる!!

とっても面白かったです!



おしまい

 

---------------