中国の結婚式で特徴的な儀式といえば

128-27

実際の写真でご紹介します\(^o^)/


【親迎(亲迎)ダイジェスト】

・新郎が結婚式用に飾り付けられた車(扎花车)に乗って新婦の家に迎えに来る

・新婦は自室の中で待機。ブライズメイドが「新婦を連れて行かせない!」という意味で新郎たちにゲーム(チャレンジ)を与える

・新郎はアッシャーとともにその関門に挑み、花嫁を連れ出す



朝7時過ぎに花嫁の家に行くと既に
もう部屋の飾り付けが盛り上がってる。

図28

図27

爆竹もスタンバイ。

図29

マンションの入り口で新婦側が新郎たちを待ち受ける
(新婦は自室で待機)

図25


朝9時前ごろ。
新郎が到着!

図26

まず爆竹を鳴らす!!
爆竹には邪気を追い払う意味があるらしいです。

図24

気合十分の新郎&アッシャーたち

図23

というわけで早速マンションの入り口で第一関門。
花飾りをつけて踊らされてました(笑)

図22

図21


踊り終わると次の関門「堵门」
新婦側がマンションの入り口の中に入りドアを閉めて、新郎たちを入れさせないようにする。
新郎たちは力業でドアを開ける。紅包(小銭を入れた赤いポチ袋、ここでは"袖の下"的な意味かと)を渡したりもする

もみくちゃ!!!!

図20

新婦の家に入る前、玄関でも一つチャレンジが。

図19

中に入ってからもチャレンジ。

図18

図17

新婦の部屋の前でもチャレンジ。
新郎が新婦の好きなところ10個言うという内容でした。
あとアッシャーがドアの隙間から紅包を差し入れたり(笑)

図16★ライブ中継

やっと中に入って、部屋の中に隠された花嫁の靴を探し出してチャレンジ終了!

図15

新郎は新婦の前にひざまずいてプロポーズ、無事に花嫁を連れ出した!


図14

一通りのチャレンジが終わったら新郎新婦揃って新婦の両親のところへ行き、
「请喝茶」と言ってお茶を捧げる「敬茶」の儀式。

図12

お茶を飲んだ両親は花嫁に金のブレスレットと
ネックレスを身に付けさせてあげる。


花嫁キレイーーー!!(*‘∀‘)
結婚衣装が美しいです。髪飾りも!
赤は中国ではおめでたい色。

図11

終わったらみんなで新婦の親戚のおばさんたちが作ってくれた麺を食べる。必ず食べる。

図13

図9

年越しそば的な感じかな。長い麺は長く続きますように。
あとゆで卵も必須。円満という意味らしい。

図10

一通りの儀式が終わったらまた爆竹鳴らして、みんなで結婚式会場へレッツゴー!!

図8

爆竹の残骸。

図7

図6

ちなみに、イマドキだなぁ~と思ったのは、
友人の一人がスマホで自室で待機する花嫁に
ライブ中継してあげてたところ( *´艸`)

図16★ライブ中継2


ついでに新婦の家は普通のマンションの3階。
近所迷惑とかおかまいなしで週末の朝から大はしゃぎ\(^o^)/

一生に一度のハレの日ですもんね( *´艸`)



おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------




この親迎はチャンポンの友達たちもみんなやる儀式みたい。
かなり過激な罰ゲームもあったりするらしい。

私とチャンポンが結婚するときもチャンポンは親迎やりたがってたけど全力で拒否しました。すみません。
私の実家もめっちゃ普通のマンションだから休日の朝ぱらから大人数で大騒ぎしてたら近所迷惑極まりないし家の中で各種罰ゲーム繰り広げられても私の両親もたまったもんじゃないと思ったので(笑)