中国でブルジョワ華人の妻してます

中国福建省を拠点に商売している金持ち華人の家に嫁いできました。

カテゴリ:■好きなもの語り > 家系図作ってロマンを感じる

家系図の続き今回がラストです!戸籍をさかのぼれるだけ遡って私は五世の祖までたどり着きました。でも当然ですけどこの庄治さんが山田家の始祖ではないわけで(笑)庄治さんにも当然親がいたし祖父母がいたし・・・江戸時代にも(写真元)武士の時代も(写真元)もっとさかの ... 続きを読む





家系図の続き
今回がラストです!





戸籍をさかのぼれるだけ遡って

家系図



私は五世の祖まで
たどり着きました。


父方五世の祖



でも当然ですけど

この庄治さんが山田家の
始祖ではないわけで(笑)


庄治さんにも当然
親がいたし祖父母がいたし・・・

73-40





江戸時代にも

8ca9a53a
写真元



武士の時代も
CTCUwIRUkAI_dVE
写真元



もっとさかのぼった
貴族の時代も・・・

heiannhukusou
写真元


どの時代にも
私の先祖は
絶対どこかで何かをして
生きてたんですよね。


Tukinami_huuzoku_taue
写真元


ひたすらずっと農民で
年貢に苦しんでたかもしれないし。

実は武士の家系で有名な武将に
仕えていたかもしれないし。


どんな生き方だろうと
それぞれの時代を生き抜いてきた
人たちの
DNAが間違いなく
私の身体の中にもあるんだと思うと・・・


73-41



私の存在そのものが、
無数の先祖たちが先の時代を
生き抜いてきたことの証。


不慮の事故、病、飢餓、戦争などで
不幸にも
若くして命を落としてしまった
人たちの“子孫”は存在し得ないから。



そうやって遥か昔から
幾度となく繰り返されてきたこと



途中で途絶えることなく
受け継がれてきた命のバトンを今

73-42


私が持ってるんだよなぁ。。。


73-43
















73-44




話逸れましたが。




この本も読みました。




要は戸籍だけじゃなく、

墓石に刻まれている戒名とか
お寺や仏壇に眠ってる過去帳、
宗門人別帳などの古文書とか
家紋とか郷土史とか・・・

いろんなアプローチをすれば
運が良ければ1000年前まで
さかのぼれるかも!?
というお話。


73-45



私はまだこのステップには
踏み出してないですけど、
それこそライフワーク的に
時間をかけてのんびりやってみたい。


手がかりとしては国立公文書館とか。


国立公文書館


利用したことないけど
古い文書を閲覧できるっぽい

各自治体の公文書館も。
⇒一覧



ここのすごいとこは
史料をネット上で閲覧できちゃう!

史料編纂所


読めないけどね!

でも本気で調べたい人の助け
にはなると思う。

超ど田舎にある私の父方の家系の
菩提寺の古文書みたいなもの
まで出てきたし。。。



他にもその土地の図書館行って
郷土史コーナー見てみるとか。


国内旅行したいなぁと思ったときに
普通の観光地へ行くんじゃなくて

何もないかもしれないけど
自分と所縁がある場所を
訪れてみるのも
面白い気がします( *´艸`)



ちなみに・・・

当たり前ですけど
さかのぼればさかのぼるほど
先祖の数は増えていきます。


私の親は2人。

母親と父親にそれぞれ親がいるので
祖父母の代は4人・・・



先祖の数 - コピー


そうやって数えていくと・・・






先祖の数




20世代前には
総先祖数100万人突破wwww




やるならちゃんと
「父方の家系をたどるんだ!」
とかって決めとかないと
大変なことになりますね(笑)





おしまい 

----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  


 

私の家系図の話です。空気読まずにもう少し続けますよ!!(笑)----------------すごい膨大な情報量となったのが私の母方祖父の家系。高橋家(仮名)。舞台は青森県。今回の話の主役は「しやう」という女性です。私のひいおばあちゃん。「しやう」は1886(明治19)年「高橋伊 ... 続きを読む




私の家系図の話です。

空気読まずにもう少し
続けますよ!!(笑)


----------------


すごい膨大な情報量となったのが
私の母方祖父の家系。

高橋家(仮名)。


しやう5




舞台は青森県。

今回の話の主役は
「しやう」という女性です。
私のひいおばあちゃん。

73-46



「しやう」は1886(明治19)年
「高橋伊助」と「いそ」の間に生まれます。



しやう1



「しやう」には
3人の兄弟がいましたが

次男と三男の二人は
生まれたその年に亡くなってます
(ノД`)・゜・。


しやう1-2





ちょっと話は逸れますが
「しやう」の弟である長男「夛作」は


しやう4 - コピー


妻「ハル」に先立たれ
再婚した「むめ」にも先立たれ

夛作自身は1937年に樺太で
その生涯を終えています。



樺太・・・って!!!


樺太


どんな思いだったんだろうなぁ


きっと戦争関連
だったんだろうけど

どういう経緯で
その場所に行くことになったのか

どうしてその場所で
命を落としてしまったのか


本当気になる。。。



ちなみにこれが
現在の樺太のオハという町。

サハリンオハ

こういう時ストリートビューって
本当おもしれぇ。。。



------------


話は「しやう」に戻りまして。




きっと「しやう」の高橋家は家系を
重んじる家柄だったんでしょうね。


父・伊助は
作太郎」という男性と養子縁組をして
娘「しやう」と
結婚させてます。



しやう2 - コピー


「しやう」は作太郎との間に
長女「たみ」を授かります。


・・・が、どういうわけか
「しやう」は「作太郎」と離婚。


今度は永井家の五男「敏夫」が
高橋家の養子となり「しやう」と結婚。



しやう3-2

ここからがすごい。




しやうは敏夫との間に

敏博、たき、スミ、文一、三郎、
さな、勇、義光、正、フサ・・・と

子供を10人も産んでます。


しやう4


しかしそのうち
三郎、さな、義光の3人は
1歳未満で亡くなってしまっています。


昔は今よりも赤ちゃんの生存率が
ずっとずっと低かったのかな。。。


73-48



そして興味深いのがここ。


しやう第一子の「たみ」と
しやう最後の子「フサ」の関係!!



しやうとたみとフサ1



自分の娘同士を養子縁組させる

って、どういう心境なんだろう。


そして

17歳から43歳まで子供を産み続けた
しやうの体力すげぇ。。。




73-49


73-47



しやう四男であり、
ちゃんこ母方の祖父「勇」は

1946年10月9日、26歳の時に

東京の「加藤トメ」さんと
養子縁組して「加藤勇」になりました。



しやう5



勇じいさんが養子に入った話は
おばあちゃんから聞いたことがあって。


第二次大戦中に海兵として
横浜で下宿していた若き勇じいさん。


その下宿先の主が加藤トメさんで
たいそう気に入られて
「私の息子になってくれないか」と。


養子縁組したのが1946年だから
戦争が終わって海兵さんたちが
任務を終えて自分の故郷へ
帰ろうという時に・・・


帰ってほしくなかったのかも。。。


加藤トメさんは
はるばる青森まで出向いて
しやう達にお願いをして

勇じいさんとの
養子縁組が成立したそうです。


しやうはどんな心境だったんだろう・・・

そして26歳で
加藤家の息子となった勇じいさんは
どんな気持ちだったんだろう。。。


その加藤勇さんの娘が
ちゃんこの母親です。



人生って、ドラマチックですよね。



戸籍の情報だけでこんなにも
人生が見えてくるんです。


すごいですよね。。。





おしまい

----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  


 


 

 家系図作りの続きです戸籍をさかのぼって取得していって役所からこういうメッセージをもらったらひとまずはゴールかなと思います。情報が集まったら早速家系図の形にまとめましょう!私の場合は基本テキトーですがこんな感じでやりました。(1)付箋で登場人物を整理する ... 続きを読む



 



戸籍をさかのぼって
取得していって
役所から
こういうメッセージをもらったら



73図1

ひとまずはゴールかなと思います。



情報が集まったら早速
家系図の形にまとめましょう!


私の場合は基本テキトーですが
こんな感じでやりました。



(1)付箋で登場人物を整理する





情報が多ければ多いほど
登場人物が多くなります。

一発書きで図にまとめるのは難しいので
まずは下描きがてら付箋を使って
整理していきます。


73-36

パズル感覚で\(^o^)/

基本は自分が見やすいように
まとめればいいと思いますが、
一つだけルールがあるとすれば


世代毎に階層を分けること



例えば・・・

73-37
73-38


自分の代⇒兄弟やいとこ等は同列

親の代⇒親やおじおばは同列

祖父母の代⇒大叔父母は祖父母と同列

など・・・

ここさえ気をつけておけば
大丈夫だと思います。



(2)清書する


家系図の形にうまく整理できたら
清書して完成です\(^o^)/

やり方は手書きでもデジタルでも
お好みに合わせて。


私はエクセルの「図形」を駆使して
書きました(笑)

図1

73-34


図形の棒線と四角マスだけで。
一つ一つちまちまと。。。


安五郎



親子や兄弟など
血縁がある関係は一本線

婚姻や養子など
血縁のない関係は二本線

離婚は斜線を付けました。


母方五世の祖 - コピー


人物にまつわる情報は
私の場合は生年月日だけ書きました。
気になる情報は枠外に追記。



73図2


ちなみに、古い戸籍は当然ですが
情報が全て手書きなんですよね。


古い除籍


クセ字だと解読するのしんどいですが
基本的にはなんとか読めるレベルなので
ご安心を!


古い除籍 - コピー
読めますよね!


ひとつだけ。数字の表記は
難しい漢字が使われてますが
こちらも慣れれば普通に読めます。


73-35





こんな感じです!!

地道な作業で時間はかかりますが
難しいことは特になかったと思います!


37-39



ぜひお試しください
( *´艸`)





最後に・・・
↓↓↓



ドラマチックなひいおばあちゃんの人生
↓↓↓





----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  


 

 前回のつづき家系図がアツイ!!もちろん日本の戸籍を有している方はどなたでも先祖をさかのぼれます!!今回は戸籍の集め方をまとめました。----------------■戸籍を取得できる条件■本人、配偶者、直系尊属(父母や祖父母など)直系卑属(子や孫)(画像お借りしました ... 続きを読む


 前回のつづき




家系図がアツイ!!


もちろん日本の戸籍を有している方は

どなたでも先祖をさかのぼれます!!


今回は戸籍の集め方をまとめました。


----------------


■戸籍を取得できる条件■

本人、配偶者、
直系尊属(父母や祖父母など)
直系卑属(子や孫)
つまり
上の図の赤ラインに属する人のみ

おじおば・いとこ等親戚の先祖は
辿れないってことです。


■戸籍を取得する方法■

(1)本籍地の役所の窓口で手続き
(2)本籍地の役所へ郵送請求


本籍地の役所がどこであろうと
郵送でいけるんです!!


■申請に必要なもの■

窓口の場合
73-26
印鑑は特に必要ないはずですが
心配なら持って行ってもいいかも。



郵送の場合
73-27


必要なもの①~⑤を
個別に少し詳しくお話します。


(1)戸籍交付の請求書

各自治体によってフォーマットが
違うので役所のHPからダウンロード
する
のが一番安全ですが、
見つけられなければ適当な紙に
必要事項を書いて送ってもOK

73-30


理由について、
私はこんな感じで書きました。

73-31


(2)手数料

申請する情報によって
値段が違いますが、全国一律です。
73-25
それぞれの違いは
用語辞典(外部)ご参照ください。



支払い方法は

窓口なら現金
郵送なら定額小為替


郵送で依頼する場合は
運がいいとたくさん情報が
出てくることがあるので

多めに3000円分くらい定額小為替を
同封しておくと安心。

使わなかった為替はもちろん
戸籍と一緒に返送してくれます。


(3)本人確認書類

申請する人(自分)の免許証か
住民基本台帳カードなら確実かと。
郵送の場合はコピーを同封。


(4)自分が直系の子孫であることを
証明する戸籍謄本等コピー


73-32
73-33


よく分からなければ手元にある
戸籍謄本を全部持っていけば
まぁ大丈夫でしょう




(5)返信用封筒と切手
 (郵送の場合のみ)

73-28


【定額小為替について】

ここで恐らく一番のハードルに
なるのが定額小為替!!!


郵便局の窓口でしか
買えない(たぶん)ので
私はこれが一番めんどくさかったです。

買ったことないから
スムーズに買えるか分からなかったし。


でもいざ行ってみたら
あっさり!!\(^o^)/

超簡単でした!


魔法の言葉を伝授します。

〇〇円の定額小為替を〇枚下さい」


臆せず是非お近くの郵便局へ!!



73-29


定額小為替には
いろいろ記入欄がありますが
全て無視!!
未記入でOK!!


mig
画像お借りしました


買った時の状態のまま
役所へ送付しましょう( *´艸`)


----------------


ここからが
戸籍をさかのぼる手順です。


■ステップ1■
自分の実家の戸籍を取得する


73-21

請求先は
本籍地=自分の実家の所在地で
基本的に大丈夫だと思いますが
ご両親に確認してみるのが安全。

筆頭者は自分の父親なのが一般的。


そうして取得できる戸籍がこちら。


73-22



両親の欄にそれぞれ【従前戸籍】
という項目があるはずです。




73-22 - コピー


そこに、父親の実家の住所と
筆頭者(一般的にはおじいちゃん)
の名前が書いてあります。


ここがポイント!!


先祖をさかのぼっていくカギは

【従前戸籍】の
本籍地と筆頭者


73-23



■ステップ2■
自分の親が祖父母と同居
していた頃の戸籍を取得


次は父親の戸籍を取りに行きます。

ここで書く本籍地と筆頭者は
先ほどの【従前戸籍】の情報

一般的には父親の実家住所と
おじいちゃんの名前です。



73-20


そうすると今度は
おじいちゃんの【従前戸籍】情報
つまり、

おじいちゃんの実家と
ひいおじいちゃんの名前

が入手できます。


■ステップ3■
自分の祖父母が曾祖父母と
同居していた時の戸籍を取得

基本的にはステップ2の繰り返しです。

おじいちゃんが実家で親と
同居していたころの戸籍には
ひいおじいちゃんの
【従前戸籍】が記載されています。


そして、ひいおじいちゃんが
親と同居していたころの戸籍には
ひいひいおじいちゃんの
【従前戸籍】情報が・・・



73図1


役所側からこういうコメントが
出たらひとまずゴールです。




■所要時間は・・・■

窓口で手続きすれば
戸籍情報はその場で入手できますが

郵送で依頼する場合は当然
返信があるまでにそこそこ
時間がかかります。

ライフワークの一環だという
感じでのんびり気楽に
取り組んでみてください(*´ω`*)



----------------

ちなみに、郵送で依頼する際の
送付先は各自治体のHPで確認できます。

例えば私の祖父の従前本籍地が
「小田原市」だと分かったら・・・

73-24


すると、
送付先はもちろんのこと


IMG_9795




必要な書類等も含めて
丁寧に説明してくれてますので
とても参考になります!!


IMG_9794




----------------


と、こんな感じなのですが・・・
どうでしょうか・・・


私なりの全力を尽くしたのですが
分かりにくいところあったら
すみません( ;∀;)


「自分もやってみよう!」
と思っていただけたら幸いです。



私が参考にした
サイトと本はこちらです↓↓

ぜひご参照ください。



戸籍用語辞典

家系図を自分で作る☆作成の手引き


家系図を作ろう!



次回は集めた戸籍情報を整理して
家系図の形にします!




----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  


 

自分の家系図作るのがめちゃくちゃ面白い!!知的好奇心くすぐりまくり!!歴史ミステリーを読んでるみたいな感覚になる!!という話です。今回の話はブログのネタとしてイケてるのかどうか分かりませんが(笑)個人的には激推し案件なのでご一読いただけると嬉しいです。文字 ... 続きを読む




自分の家系図作るのが
めちゃくちゃ面白い!!


知的好奇心
くすぐりまくり!!

歴史ミステリーを
読んでるみたいな感覚になる!!


という話です。




今回の話はブログのネタとして
イケてるのかどうか分かりませんが(笑)

個人的には激推し案件なので
ご一読いただけると嬉しいです。
文字多めですが。。。


そして数回に渡って続きそうです。
語りたいことが多すぎて!!
( ;∀;)


ーーーー


3年ほど前。
コンビニの本棚で見かけて
ふと買ったムック本




家系図を作ろう!

・・・ってw


73-11



この本によれば
自分の戸籍を皮切りに
どんどん
さかのぼっていけば幕末くらいまでの
先祖の名前が分かるんだとか!


別に歴史がそんなに好きという
わけではないですが

73-12



・・・ということで

別に遺産相続とか遺言書とか
そんな実務的な目的じゃなく
ただの好奇心でやってみたのでした。


具体的な情報の集め方は
追ってまた説明するとして・・・



私ちゃんこの家系図
書き方ルールとかガン無視で
エクセルで適当に作りましたw








家系図2


なんかすごいことになった!!
\(^o^)/

オレンジ色になってる人が
私の直系の血筋です。


家系図


なんと五世・六世の祖まで
名前が判明。



母方五世の祖



生年月日が分かる部分だけでも
高橋家(母方祖父の家系)
の五世の祖「辰三郎」さんは
1832年、天保3年生まれ!!


古い除籍 - コピー (2)




天保キタ――(゚∀゚)――!!




これって学校でも習った

73-10


・・・とかの時代を
リアルに生きていた世代ですよ!!



なんかすごくないですか!?(笑)




そして辰三郎さんの妻「めん」さんも
天保5(1834)年生まれですが・・・


母方五世の祖 - コピー


関東大震災のあった1923年に
青森で
亡くなられるまでの間に・・・


幕末の動乱、明治維新、日清戦争
日露戦争、第一次世界大戦を
経てきたわけですよね。


すごい激動の時代。。。



「めん」さんという女性はそんな時代に
どういう人生を送っていたんだろうなぁと

いろいろ想いを馳せてしまいます。


私の身体にもこの「めん」さんの
血が流れてるわけですからね。

うっすーーーくなってますけどw




他にもいろんな発見が。

たとえばこちらは母方祖母の
高祖父「安五郎」さん


安五郎



生年月日は見つけられなかった
のですが、
一人目の妻「はる」さんが
1877年生なので
安五郎さんもきっと
幕末期生まれの人。


が、


3回結婚してる!!
そして二人の妻の間に
子供が
人ずつ!!


なかなか複雑な人間関係図ですよね(笑)
修羅場とかあったんだろうか。。。


私のひいひいおじいさんは
イケイケだったのかなw

73-14


その3人の中の一人
「はる」さんも長生きで。


安五郎 - コピー


西南戦争があった明治の生まれなのに
戦後1952年まで生き抜いてる。

幕末じゃなかったですねw
いちさんありがとうございます!




こういう生年月日の数字をみるだけで
なんかかっこよく見えてきます( ;∀;)



もちろん今を生きてる私たちの
誰もがこういう自分の先祖の人生
垣間見ることができるんです。



73-12




って、この話大丈夫かなw


共感してくださる方が
いらっしゃることを願いつつ・・・


まだまだ語ります!!!(笑)






----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------