中国でブルジョワ華人の妻してます

中国で商売している金持ち華人の家に嫁いできました。文化の違いや貧富の差に驚きいっぱいの国際結婚生活をつづります。

カテゴリ: ■香港

こちらの記事にいただいたコメントへお返事しました!↓↓↓よろしくお願いします----------------【ある意味閲覧注意】今回は政治臭い話ど真ん中です。興味ない方はスルーしてください。----------------おととい6月9日、日曜日。香港で史上最大級の大規模デモがありました




こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします

----------------


【ある意味閲覧注意】
今回は政治臭い話ど真ん中です。
興味ない方はスルーしてください。
----------------


おととい6月9日、日曜日。
香港で史上最大級の大規模デモがありました。



今年の春くらいから香港では
「逃亡犯条例」改正案に関する
ニュースをたびたび目にしてきました。

※「逃亡犯条例」改正とは
「逃亡犯条例」の改正案が香港議会で
可決してしまうと、香港で身柄を拘束された
容疑者を中国本土に引き渡すことが
可能になってしまうのです。

この改正案の大きな問題点は、その相手が
中国だという一点に尽きる
と思います。

中国政府を批判したりいちゃもん付けたりしたら
スパイ容疑だのなんだの適当な理由を付けられて、
中国に捕まってしまう可能性が出てきてしまうから。

中国国内では政治犯が無実の罪で
投獄されるなんて昔からあったこと。

でも香港は「一国二制度」によって
高度な自治と独自の法治を約束されていたから
人権団体などの言論の自由が保障されていました。

もし今回の「逃亡犯条例」改正案が可決されて
しまったら、要は、香港も中国国内と同じような
状況になってしまうということ。

香港の言論や表現の自由が
奪われてしまうということ。

それは香港市民のみならず、香港を拠点にしている
日欧米の外資系企業の駐在員にとっても大きなリスクです。

中国の司法制度が国際的に見て
透明性が著しく欠如しているのも周知の事実。

捕まってしまったらこっちの言い分が
通るわけもなく一発アウトなんじゃないかと。
誰もがそう思ってるわけです。

この「逃亡犯条例」改正案は
絶対許しちゃいけないという
香港人の危機感、ハンパないです。

それをものすごく実感しました。





6月に入ると街のいたるところで、
6月9日のデモを呼びかける声が。

FullSizeRender
FullSizeRender

TwitterなどSNSでも呼びかけが。







今回のデモのキーワード「反送中」は
国への容疑者移対」という意味。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

そしてデモ当日。
たまたまコーズウェイベイに用事があったので
デモを目の当たりにしてきました。

IMG_4684

午前中から大通りに車の気配はほとんどなく、
警察車両がたくさん、バリケードも設置されてました。

お店も臨時休業。

IMG_4691

理由は
「あなたの知っている通り」

IMG_4692

通りに面したカフェにて。
「希望」を意味する白いシャツを着た人たちが
たくさん集まって来てます。

FullSizeRender

写真を撮る人も。

FullSizeRender

そして始まったデモの先頭車。

IMG_4779

その後を、白いシャツを着た人たちが
「反送中」のプラカードを掲げて大行進。

IMG_4709

有志の給水所も。

IMG_4780

この日は湿度も気温も高くて
息苦しいくらいのお天気だったのに
人々の熱気はもっともっとすごかった。

ものすごい人混みの中をみんな
「反対」の声をあげながら歩き続けていて。

IMG_4781



その迫力に圧倒されました。

一人じゃ到底太刀打ちできない
国や法律という大きなものに立ち向かう意志に。

IMG_4782

そういう個人の意志が
たくさん集まって
しかも一つにまとまって
大きなうねりとなって
空気を震わせる迫力に。

IMG_4750
IMG_4751


おじさんおばさん世代から
10代20代の若者まで

サラリーマンだったり
運転手だったり主婦だったり

普段はそれぞれの生活を送っている、
全く接点のない大勢の人たちが

「一つの意志」を
「自分の行動で」示すその力強さに。


FullSizeRender

IMG_4753



人の意志とは
こんなに凄まじいものなんだと。




デモは夜遅くまで続きました。



香港が中国に返還されて以降、
最大規模のデモだそうです。

現地の一部報道によると、
デモ参加者は約103万人を超えるとか。

FullSizeRender

香港の人口が約740万人であることを考えると・・・
その凄まじさたるや。


そしてこういう人々の抗議活動すら
抑圧しうる“法律”の恐ろしさたるや。


今、香港の人々が抱えている危機感は本物です。




----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------









こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします


----------------





GW連休の骨休め的な記事
第2弾です(´・ω・`)

香港ガイドブックでおなじみの
老舗陶磁器工房へ行ってきました
\(^o^)/

私はhanakoの紹介で。



その名も粵東磁廠
(ユッドンチーチョン)

1928年創業の老舗!

私たちが訪れた時は御年94歳の二代目と
三代目の息子さん(60代?)が
いらっしゃいました。

MTR九龍湾(カオルーンベイ)駅から
徒歩10分くらいの場所なのですが、

工業エリアの倉庫ビル内にあるお店なので
たどり着くまで何回か不安になります(笑)


写真付きの詳しい行き方はこちら
↓↓↓

エレベーター。
完全に業務用(笑)

FullSizeRender

店舗のある3階
エレベーターホール。

FullSizeRender
FullSizeRender

一般人が入っていいのか
分からない雰囲気ですが。。。

FullSizeRender

あった!!

FullSizeRender

ここの凄いのが見渡す限りの
食器の山!山!山!!

FullSizeRender

ワクワクが止まらねぇ!!

FullSizeRender

店内は足元までひたすら
食器が置いてあるので
貴重品以外の大きな荷物とかは
お店の外に置いておくのが無難。

ほんと狭いので。

FullSizeRender

絵付師さんの作業場。

FullSizeRender

器に埋もれながら・・・!!

FullSizeRender

チャンポンの交渉術もあって
お気に入りの戦利品を
手に入れてきました!!
\(^o^)/

1960年代にこの工房で
作られた手書きの器をいくつか。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
普段使い用に( *´艸`)

FullSizeRender

こちらは1950年代の湯呑。
二代目のおじいちゃんオススメの一品。

FullSizeRender

あとこれ!
有名な明代作品のレプリカ。

FullSizeRender

レプリカは
たくさん作られてるらしいけど、
三代目の店主さんが店の奥から
持ってきてくれた飲杯が
バツグンに美しくてひとめぼれした!

地の色と薄さと軽さと
自然光にかざした時の透き通り具合。

店主さんもこのレプリカの来歴は
分からないって言ってたけど
底の畳付の汚れ具合を見ると
最近のものではなさそうな感じ?
わかんないけど・・・

ちなみに本物は36億円
\(^o^)/
↓↓↓


同じ柄の蓋碗と片口も持ってきてくれたけど、
この二つは全く心に響かなかった(笑)
重さも厚さも地の色も塗りも全然違う・・・!

FullSizeRender

レプリカは一つ400香港ドル
(約5,600円)もしたけど
チャンポンにおねだりして
買ってもらいました。

アマゾンにも売ってた(笑)
↓↓↓




ついでにこの日は新茶も
買ってもらいました!

IMG_4015

やったー!
早速週末お茶飲んだー!
\(^o^)/

FullSizeRender

よきよき(*´ω`*)





おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------














こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします

( ˘ω˘ )ペコリ


----------------




137-15


私は連休開始前に日本を離脱し
現在は香港なうです。

暑い。湿度やばい。

IMG_3912

(久しぶりにトラム乗った)


というわけで
10連休や令和改元の雰囲気は
味わえていないのですが(寂しい)

連休にかこつけて骨休め的な
省エネ記事を投稿しちゃいます。
私のために。

今回は第一弾です。



私は今ちょっとした家庭の事情で
チャンポンのおばあちゃん家に
滞在しています。

137-17


おばあちゃん家は香港といっても
新界(ニューテリトリー)というエリアなので
香港の中心部よりも深圳の方が近いです。

香港1
(※正確には、ニューテリトリー=香港島・九龍エリア以外の全域)

ニューテリトリーは香港中心部と違って
自然いっぱいだし、土地にも余裕があるのか
道路も広々してます。外国っぽい!

IMG_3976


池の向こう遠くに見える高層ビルは深圳

FullSizeRender


水鳥が草食べてる。

FullSizeRender


そんなある日、おばあちゃんが
焼いてくれた魚が美味しかったので
焼き方を教えてもらいました。

市場で買ってきた魚。
名前はよく分からない。

FullSizeRender
調味料は塩コショウのみ。

FullSizeRender
塩と

FullSizeRender
コショウはインドネシアのブランド。

ちなみに、
チャンポンのおばあちゃんは
インドネシア生まれ育ち。
戦争中、日本兵も見たことあるらしい!
↓↓↓

火が通りやすいように
魚の両面に切れ目を入れて

FullSizeRender

調合した塩コショウを塗る。

FullSizeRender

内側にも塗る。

FullSizeRender


ちなみにちょっと質問なんですけど、
↑こういう風に魚に塩コショウを
塗る時に便利なハケみたいな
キッチン用品って何かありますかね?

おばあちゃんが、
手を使わずに塗れたら
楽なんだけどなぁ~
と言っていて。。。




中華鍋!(*‘∀‘)
に油を注いで

FullSizeRender

魚を投入!

FullSizeRender

バチバチと香ばしい音が鳴る。

FullSizeRender

程よいところでひっくり返して
同じように揚げ焼きにする。

完成ーっ!!

FullSizeRender

ほっくほく!!
シンプルな味付けでおいしい!!


なんとなく、
おばあちゃんお気に入りの
このコショウが
いい仕事してる気がする。

FullSizeRender
FullSizeRender

めっちゃいい香り。

FullSizeRender

自分用にも買おうかな(*´ω`*)




以上、ほんとになんでもない
ただの日常日記でした\(^o^)/

皆様も良い休日を!




----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------









オススメ香港グルメ回です。

ミシュランガイドに全幅の信頼を置く
チャンポンによるリサーチで先日行った
イタリアンのお店が超絶美味しかったです。

『8 1/2 Otto e Mezzo - Bombana
(オット・エ・メッツォ・ボンバーナ)』


場所は香港の中環。

すごい人気店のようで、
私たちが予約できたのは
21:30スタートという
ディナーにしては遅い時間・・・

しかし!!
そんな時間まで夕飯待つ価値は
ありまくり!!!でした!

とにかくすべてがおいしかったです。

パン。おいしい。
オリーブオイルもおいしかった。

FullSizeRender

アミューズ的にやってきたのがこちら。

FullSizeRender

プリンというか洋風茶碗蒸しというか、
そういうフワフワした食感のなにがし。


一口食べて「ん~~~~!!!」って唸った。
二口目も唸った。
最後まで唸り続けて食べました。
なぞのおいしさ。毎日食べれる。

前菜。
うすーくスライスしたアワビの上に
キャビアが乗ってて
オリーブオイルかかってて
レモン絞ってある感じ。

FullSizeRender

すんごいの!!
これも唸りながら食べた。

メインのパスタ!
蟹肉に蟹みそという
カニづくしのトマトソース!
これのすごいのはレモンの風味が
効きまくってるとこ。

FullSizeRender

この日いただいた料理全てに共通して
感じた感動は、方向性の違う味わいや風味が
全然融合していないこと。

それぞれ個別の味として
口の中でしっかり認識できる。

「あ、蟹だな、トマトだな、レモンだな」
みたいな。

そして、そのそれぞれの味が
見事に調和してること。

融合はしない。
でも調和してる。


口に入った瞬間から、
かみ砕いて喉の奥を通って
最後に残る後味まで。

一つの料理なのに様々な体験ができること。
めっちゃ楽しい!!(*‘∀‘)

まさに彦摩呂先生がいうところの
「お口の中が宝石箱や~!」ってやつ!!!


私はとにかく料理に感動してたのですが
チャンポンがそれ以上に唸りまくってたのは
デザート!!

FullSizeRender

特にこのシュークリームみたいな方。
口の中で溶ける!!!

あとこちら。
名前忘れてしまったけど。

FullSizeRender

この食感がすごい!
口の中がえらいことになる。

調べてみたらやっぱりすごいお店らしい
↓↓↓

さすがに私たちの21:30入店が
ほぼ一番遅いスタートだったのか
デザートを食べてるころには
店内にほとんど他のお客さんの姿はなく。

料理に感動したチャンポンが、
お会計のついでにウエイターのお兄さんと
やたら会話に盛り上がってました。

どういう話の流れか分かりませんが
(広東語だったので)

2月は何かの食材が入る
いい季節だから、ということで
その場ですぐに次のディナーの予約を
入れてました。


というわけで今月
もう一回行ってきます!!


やったでおい!
\(^o^)/




おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------







こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします
( ˘ω˘ )ペコリ

----------------



横浜中華街で「香港路的沙龍」という
隠れ家サロンを開いているKellyさん

FullSizeRender

すごく素敵な空間・・・!!

以前行った時も美味しい中国茶
たくさん飲ませてくれた~!!

FullSizeRender

そのKellyさんが香港にいらっしゃたので
先日一緒にランチしてきました

「これぞ香港!みたいな飲茶したいよね~」
ということでやってきたのが

場所は九龍サイド。
MTR旺角駅から徒歩数分で行けます。

この住所をGoogleマップにぶちこめば
連れて行ってくれます!
↓↓↓

香港九龍旺角彌敦道612號好望角大厦




ビルの3階と4階がお店で、
予約なしの場合は3階へ。

店内めちゃくちゃ広いです!

FullSizeRender

席に案内されると店員さんが来て
「お茶なににする?」と聞いてきます。
ここは定番のプーアル茶で。

店員さんがお茶と一緒に
オーダー用紙を持ってきてくれます。
このオーダー表が大事!

テーブルでの注文もできまるようですが、
ここはやっぱりワゴンを待ちましょう

FullSizeRender

店内をいろんなワゴンが
行ったり来たりしてます
( *´艸`)

これをつかまえて食べたいものを
取ってもらうんです!

図1

これぞ香港飲茶!!!!
\(^o^)/

このワゴン式飲茶が楽しめるお店、
香港でも今やすっかり
その数を減らしています。

貴重な存在です。
私も今回初めて来ました!

たーのしい!!!
だってこの絵面ですもん!!

FullSizeRender

どれも思ったよりおいしかった!
特に湯葉巻きが好き!

あとはフロアの奥にカウンターがあるので
そこで野菜とかデザートとかもらえます。
オーダー表持っていくのをお忘れなく!

FullSizeRender

どの小皿もおいしそうで
おなかいっぱいなのに
あれこれもらっちゃいました。

FullSizeRender

そしてガヤガヤした雰囲気が楽しかった!!

店員さんの丁寧なサービスとか
求めちゃだめなやつ!!(笑)

でも私的にポイント高かったのは
トイレの清潔さ!

香港にしては珍しく
安心して使えました( *´艸`)

営業時間も7:00~23:30と
やたら長いので行きたいときに行ける安心感。

混雑してても店内めちゃくちゃ
広いからちょっと待てばすぐ入れるはず!

いろいろ含めてこれぞ古き良き香港!
を体感できるのでオススメです
(*´ω`*)



おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------













なれそめ編です。

第一話はこちら
↓↓↓


【あらすじ】
チャンポンに会う目的で
親友さっちゃんと香港を旅行中!


なれそめ51最高の夜-5
なれそめ51最高の夜-1
なれそめ51最高の夜-2
なれそめ51最高の夜-3
なれそめ51最高の夜-4


キラッキラの香港を
満喫させてもらいました。

めちゃくちゃ楽しかったです!!


夕方連れて行ってもらったのは
ICCビルの展望台“sky100”

ここめっちゃすごくて
テンションこうなります(笑)

図5

九龍サイドから眺める
香港島の夜景は圧巻です。

図6

図3


そのあとは夜の街・旺角で
いかにも香港なギラギラ繁華街を満喫。

図27

(新宿歌舞伎町+原宿竹下通り)÷2
みたいな雰囲気の場所です。

図30

露店街もいろいろ売ってて楽しい!

図26

夜は食べ歩きでした。
揚げ物は鉄板でうまい( *´艸`)

図29

図28


そして最後はどこだったか
忘れたけど夜景の見える
高層階のバーで乾杯!!

図24

夢見てるみたいでした。

図23

これにて香港旅行1日目終了です。



次の話


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------












こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします
( ˘ω˘ )ペコリ

----------------




なれそめ編です。

第一話はこちら
↓↓↓



【あらすじ】
チャンポンに会う目的で
親友さっちゃんと香港を旅行中!

なれそめ50亀ゼリー-6
なれそめ50亀ゼリー-1
なれそめ50亀ゼリー-2
なれそめ50亀ゼリー-3
なれそめ50亀ゼリー-4


どんな味だったか忘れましたが
衝撃的な苦さ&薬臭さだったこと
だけは覚えてます(´・ω・`)


これです。

図9

シズル感皆無
\(^o^)/

色ヤバイですよね(笑)

正式名称は亀苓膏
亀の甲羅の裏のコラーゲンと
いろいろ漢方の生薬を混ぜたもの。

ゼリーといってもゼラチン不使用!
天然のコラーゲン成分が製造工程を経て
自然に固まるものだそうで。

どう考えても体によさそうですよね。

図8

亀ーーー!!

わりと最近も食べましたが
私にはやっぱり無理でした・・・


興味ある方はこちらの
食べ比べ記事ご参照
↓↓↓


次の話


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------