中国でブルジョワ華人の妻してます

中国で商売している金持ち華人の家に嫁いできました。文化の違いや貧富の差に驚きいっぱいの国際結婚生活をつづります。

カテゴリ:■ちゃんこ > 思い出話

今回は女子大生ちゃんこの日記です。一人称は「あたし」なのでよろしくお願いします。当時の自己紹介はこちら↓まずはとある一日の様子↓↓↓----------------今日は3限テストでした。 ずっと遊びすぎて全く勉強してなかったので前日徹夜して挑んだら肝心の試験中に眠くな




今回は女子大生ちゃんこの日記です。

一人称は「あたし」なので
よろしくお願いします。

当時の自己紹介はこちら



mixiちゃんこ



まずはとある一日の様子↓↓↓

----------------


今日は3限テストでした。 

ずっと遊びすぎて全く勉強してなかったので
前日徹夜して挑んだら肝心の試験中に
眠くなってちょっと寝ました。 
山がはずれたのではったりかましてきました。 

本当はバイトだったけど
だるくなったので休んで、

6限補講だったけどお腹がすいて
我慢できなかったのでお家に帰りました。 

----------------


完全にナメきってますよね。

特に当日になってバイト休むとか、
こんなやつ職場にいたらめちゃムカつく。

ちなみにこのとき私は某保険会社で
テレオペのバイトしていて常時100人ちかく
スタッフがいたので一人くらい休んでも
大勢に影響はなかったのでした。

それにしても責任感皆無のクソ学生でした
申し訳ありません・・・

このバイト、一般公募はしてなくて
紹介制で面接受けるスタイルだったけど、

仕事は慣れれば楽だし、電話来ないときは
雑談しようが勉強しようが寝てようが
何しててもいいし、時給もいいし、
ポイント貯めればボーナスもらえたし
そういえばなぜか有休もあったし

今思い出しても条件良すぎる
最高のバイトでした。


でもここで学んだことは
「保険会社では絶対働きたくない」
ということ。特に損害保険系。
社員は超絶大変そう・・・


次。
とある試験の前日夜に書いた日記。
↓↓↓

----------------

2006年01月12日

明日試験だった!!! 

しかも持ち込み可なのに
持ち込むものがないッ!! 

っと思ったらプリントが一枚出てきたよ☆ 
でも残念ながらそいつに書いてあることの
意味がさっぱりわからん。 

まず大きな字で「本を食べる」
ってタイトル風に書いてある。 

プリントの真ん中に大きな三角形が
書いてあってその各頂点に 
「読む」「食べる」「生きる」
という言葉が。 

そしてその三角形の中央に「味」の文字。 

余白にはなぜか「Hungry」という
単語が2つ。 

あとはひたすら作家と作品の名前が
下のほうにズラリ。 


なに!?これ!!! (C)ペリー 


あたしもあたしで
授業中そのプリントに
何を書き込んだかというと、 
ぶっさいくなネコが一匹。
「にゃ~」とか言ってやがる。 


あ~ 

終わったわ。。 



----------------


たぶんこんなwww


98イメージ図


つまり授業内容が一切分からない状態で
試験に挑んだのでした。

その結果・・・・


----------------

2006年01月13日

今日の試験、金曜3限・イギリス小説。 
通年だが前期の試験はなく、
全てが今日の試験にかかっていた。 

そんな超重要な試験に
解読不能のプリント一枚で挑んだあたし。 
(昨日の日記参照) 

ハッタリ書いて逃げ切れるか、
あえなく死んでしまうのか。。 

結果は・・・ 


なんとかなっちまった!!!笑 



お題がなんと「イギリス小説と私」。 


でっかぁーーい!!!! 
楽勝じゃん!!!まじ九死に一生!! 


めっちゃ薄っぺらい言葉ならべたてて、
なんとかそれっぽくして無事提出。 
評価は知らんが単位は来るでしょう☆☆ 

まーじよかったわぁ~~vvv 
日ごろの行いが幸いしたんだろうなぁ★☆ 

レポートは年末年始で9割がた
終わらせているので 早くも春休み到来気分に
浸りまクリマクリスティ♪♪ 

いやぁ~幸せだ~~vv 
まぁ皆さん大変だと思いますが頑張ってくだされ。 
それではお先に失礼しまぁ~す(´∀`)ノシ 


----------------

友達からのコメント
↓↓↓
試験1
試験2
成績4





----------------

最後に。
そんなこんなを経ての年度末、
成績発表・・・

これ大学3年生の時の話だったんだね。


----------------


2006年03月17日

単位全部きた!!!さすがあたし! 
うちの子はねぇ、やれば出来るんですよ~
(人´ω`)♪ 

でもホントに友の助けがなければ
今のあたしはありません。 
特にゆかり&あきには感謝感謝☆☆ 
そして4年もよろしく頼みます。。o(u_u*)o 


例の「イギリス小説」も
しっかり優GETでした笑 
(1月13日の日記参照。
死を覚悟したあのプリントのです。) 


あと!神なのが「台湾を知る」。 
最後の最後まで出すもの出して
出席もしていたのに、急に後期のレポート
書くのがだるくなって提出するのやめた。 

そしたら先生からメール来たから
「単位いらないんで大丈夫です」
って言ったら快く了解してくれました♪ 

結果→なぜか優キタ!!!Σ(゜Д゜;) 


日本語通じたんでしょうか。。
何に対する了解だったのか… 

完全に流れが読めないけど、
まぁもらえるものはもらっときますわ☆ 


「よくて可しかあげられない」って
先生に面と向かって言われた演習も、
挽回して優にしてやったし。
これが一番うれしい!! 


てか来年の必修どれも興味ない。。 

昔は講義要項の謳い文句に踊らされ、
「授業はやっぱり内容重視だろーが!!」
と謎のモチべ発揮してたけど、ほぼ例外なく
毎年5月頃には深く後悔してきた。
愚かだった。

文学部の授業から学んだ事
⇒講義要項はウソだ。 

あれほどうすっぺらい文章書ける先生方を
尊敬します。 

というわけでもちろん今年は
「内容ド無視、先生重視」で。間違いない。 


てか気が付けばこれが最後の科目登録。。
切ない・・・


----------------

ちなみに成績の割り振りはこんな感じでした↓

成績の説明

成績の説明2



コメント↓↓
成績1
成績2


もちろん厳しい学部もありますよ!!↓

成績3


講義要綱1

講義要綱2


「先生がヤル気ある授業は良いんですよね」とかなんというウエメセwwww


----------------


「内容ド無視、先生重視」

しっかり単位を取って良い成績で
卒業することを目標とするならば
これは真理だと思います。

そんなうわっつらの成績じゃなくて
きちんと学問の本質を究めようとするならば
こんな発想には思い至らないはず
ですが・・・

私はとても不真面目な大学生でした。

学業に情熱を注げなかった。
学生だったのに。




おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  








 
一昨日の夜・・・


98-33


と意気込んでいたのに、
ふとログインしてしまったmixiに
どっぷりハマってうっかり4時間くらい
浪費してしまいました。




やると決めたことを貫き通せない
意志の弱い自分に若干の自己嫌悪を
感じていたのですが・・・・




そっか!ネタにすればいいんだ!
ということで晒してみます。


まずは21歳の頃に書いてた自己紹介バトン。
ある意味黒歴史。

バトンとかあったよなぁ~(遠い目)


HNはもちろん「ちゃんこ」じゃなくて別の名前使ってました。
ちなみに私のアイコンはらくだでした。
ちゃんこ

----------------

強制バトンします。見た人、やってください。 
でも別にそんなに強制はしないです。でもサクサク出来て楽しいのでヒマな子はゼヒ(´∀`) 


▼ステータス▼ 
HN : ちゃんこ

年齢: 21歳 

職業: 大学生 

病気:偏頭痛 

常備:イミグランとバファリン 

口癖: みたいなね 

[靴のサイズ]⇒ 25.5。でかー。。 

[両親はまだ結婚してる?]⇒ ラブラブっす。 

[兄弟]⇒ 高3の妹が一人。 

[ペット]⇒ セキセイインコ。 


▼好きなもの ▼ 
[色]⇒ 暖色。 

[番号]⇒ 3。 

[動物]⇒ 鳥。 

[飲みもの]⇒ 緑茶。 

[本]⇒ 「さまぁ~ずの悲しい俳句」。 

[花]⇒ 桜。 

▼質問 ▼ 
[髪染めてる?]⇒染めてない。でも毛先が明るい。。 

[髪の毛巻いてる?]⇒巻いてないけど。 

[タトゥーしてる?]⇒してない。 

[ピアス開けてる?]⇒一個ずつ開けてる。 

[カンニングしたことある?]⇒ あるよ。小3のときに隣の頭いい山本くんが答えを「首都」って書いてるのをみて意味も分からずに書き写した。 

[お酒飲む?タバコ吸う?]⇒酒は飲むがタバコは吸わん。 

[ジェットコースター好き?]⇒ だぁ~~いスキ♡でも直滑降系はムリ。 

[どこかに引っ越しできたらな~と思う?] ⇒ 新松田。 

[掃除好き?]⇒ そのときのテンションによる。 

[運転の仕方知ってる?]⇒ 知らん。 

[コンピューターから離れられる?]⇒うん。 

[殴り合いのケンカしたことある]⇒ 中学生のころ叩いてしまったことはある。あたし最低。。 

[嘘ついたことある?]⇒ あるよ。 

[誰かを愛したことある?]⇒ あるある。 

[友達とキスしたことある?]⇒ あるある。小1の時にね。ノリで。 

[誰かの心をもてあそんだことある?]⇒ そーいうの出来てやっと一人前の大人の女って感じよね。憧れるわぁ~ 

[人を利用したことある?]⇒ 悪い意味での利用ってのはない気がする。 

[使われたことは?]⇒ あるある。 

[浮気されたことある?]⇒浮気? 

[何かを盗んだことある?]⇒ 幼稚園のとき友達のぶっさいくなタヌキのキーホルダーをくすねた。別に気に入ったってわけじゃなかったんだけど。。そしてそれは今も鍵についてる。 

[拳銃を手にしたことある?]⇒ ない。 

▼今現在 ▼ 
[今着てる服]⇒ 麻のズボンとタンクトップに白いのはおってる。 

[今のムード]⇒ 部屋、暑い。 

[今のテイスト]⇒ ちょっと食べ過ぎてむかむかする。 

[今のにおい]⇒ たぶん臭い。 

[今の髪型]⇒ 結ってある。 

[今やりたいこと]⇒ メガネほしい。 

[今聞いてるCD]⇒ 久石譲のピアノコレクション。よすぎ。 

[一番最近読んだ本]⇒ 「田原総一朗激論!日本の外交と経済」 

[一番最近見た映画]⇒ なんだっけ? 

[一番最後に食べたもの]⇒ 温泉まんじゅう 

[一番最後に電話でしゃべった人]⇒ よしむ。突然川崎飲みに勧誘された。

[地球のほかの惑星にも人類がいると思う?]⇒いてほしい。 

[初恋覚えてる?]⇒ 当たり前。 

[まだ好き?]⇒ まさか! 

[新聞読む?]⇒ 読まない。 

[奇跡を信じる?]⇒ 信じる信じる! 

[成績いい?]⇒ 地味にほとんど優だよ~ 

[帽子かぶる?]⇒ あんまり。 

[なんかに依存してる?]⇒ してるしてる。 

[親友いる?]⇒いるよ~♡ 

[身近に感じれる友達いる?]⇒たくさんいる!幸せ者です♡ 

[自分の字すき?]⇒ え~。。 

[ファーストキス]⇒ 胸キュンだよね~ 


▼自分のこと▼ 
[よく物思いにふける]⇒ うん。 

[自分は性格悪いと思う?]⇒ 決して良くはない。 

[いやみっぽい?]⇒ うん。 

[天使?]⇒ 違う。 

[悪魔?]⇒ 違う。 

[シャイ?]⇒ うん。と思う。 

[よくしゃべる?]⇒ うん。まぁ気分と一緒にいる人によるけど。 

[疲れた?]⇒ うん。 


----------------

最後に数少ない妹とのエピソード。
北京留学を前にHSK(中国語の語学検定)を受けた時の話。
↓↓↓

----------------


2006年04月12日

こんばんわ。山田ちゃん子改め、ガリ勉子です。 
というわけで明後日から名前負けしないくらいガリ勉します。 
5月14日まで、とにかくやるしかない…!!! 

----------------

2006年05月14日

みなさま!おひさしブリジストン!!! 
今日遂にHSK試験おわったぁぁーーーーっ!!!! 
まじやばい、この開放感。。 
手ごたえは、リスニング以外はまぁまぁ笑 まぁあとは寝て待つのみ。 

この一ヶ月間は苦行でした。久しぶりに本格的に鬱になりました。 
だって問題解く→間違える→覚える→さらに問題解く→また知らないことが増える→凹む→また覚える→さらに解き進める→凹む… 
という負のスパイラルで。ほんとうにしんどかった。 
学問というものの厳しさを思い知りました。。 

この一ヶ月間書きたいことたくさんあったんだけど、思い出せる限りで書きます。ぐだぐだになりそーだぁ(´ω`) 

●「断固たる決意」 
心の病気だったあたしを支えてくれたキーワード!! 
この断固たる決意でGWは家に引きこもり、そして乗り越えられたのです!! 

ただショックだったのが、「断固たる決意」って気合入れてでっかく書いた紙を見て妹がなぜか爆笑しやがったこと。それだけでなくこれを勝手にネタにしやがり、しかも友達から笑いをとれたらしい。安西先生の名言じゃん!全然笑いどころないじゃん!って言ったら、でも「実生活で活用している人は初めて見た」と。。 
ホントあいつ何も分かってないな。。受験末期になったらお前も絶対使ってるぜ。 
(以下略)


FACDCDD4-7F61-4BE6-8E38-4E86BBA255E5

A2CBF509-D7F7-47B8-8E50-0D69DC306B59


----------------


「張り紙を笑うやつは張り紙に泣きを見ることになる」

\(^o^)/


文体がめちゃ若いですよね(笑)
あと言葉遣いが汚いw

で、このmixiが私的にはめちゃくちゃ面白かったのですが
大学ナメきったクソ学生の日常で一つ面白いのがあったので
ちょっとまとめて次(年明け以降)載せたいと思います。

需要無いかもしれないけど、空気読まずに載せます。

ちなみにこの頃の私の一人称は「あたし」でした。なんかムカつく。
そのムカつく感じも含めてありのままの私だと思うのでそのまま載せていきます。



mixiちゃんこ



おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  












私の父方の祖父の思い出。

引き続き当時の日記を
ほぼ原文ママ使ってます。




----------------



私のおじいちゃんは
スーパーおじいちゃんだと思う。



おばあちゃんが先に体が弱くなってから
何年間もおじいちゃんが自分で
介護をしていた。

一人になってからも、子供たちの
世話にはならずに一人暮らしをしていた。


90歳を過ぎても足腰丈夫で
意識もはっきりしていて


91-22




でも、そんなスーパーおじいちゃんも
ここ数年で徐々に弱ってきた。


風邪を引くと肺炎になっちゃって、
入退院を繰り返すようになっていた。



91-23





一番大きな変化は、
気持ちが弱くなっていることだった。


体調が悪くなっているときに
周りの皆から
「頑張って」「元気になって」
って言われるのが辛かったみたい。

もうこれ以上頑張れないって。


90歳を過ぎて尚、
更に生きることを励まされるのは
辛いのかなぁ。

もうそろそろおばあちゃんのところに
行きたいのかなぁ。


私たちみたいな若い者には
分からない境地だよね。

そういうところも
寂しかったのかもしれない。



90歳を過ぎて尚、
頑張る必要はないんだよね本当は。

少しずつ、ゆっくり、
自分のペースで日々を過ごしていければ
それで十分だったんだよね。























91-24






新しい年を迎えるよりちょっと早く、
おじいちゃんは先に逝った。


今日会ったおじいちゃんは
とても静かな、おだやかな
表情をして
眠っていた。


だけどやっぱり
命の抜け殻になっていた。







91-25







最後に話したのは10月上旬。

中国で買ったマグカップを
渡しに行ったとき。


父がおじいちゃんに
「ちゃんこが中国出張に行く」
という話をしたら

中国の白い湯のみを
買ってきて欲しいと言付けられた。



そのおじいちゃんへのお土産を買うのが、
出張中で一番大変だったかもしれない。笑


旅行じゃないから自由時間ないし、
スケジュールびっちりでお土産屋さんに
立ち寄るタイミングもないし。


最後、日本へ帰る飛行機の
搭乗時間過ぎてギリギリのところで
走りながらなんとか見つけて、
買ってこれたのが、これ。





imge4bd44f4zik4zj



ご覧の通り、どこにでも
売ってそうな大量生産品。

牡丹の花も
手描きとかじゃなく、
ただの印刷。



それでも、おじいちゃんは
この湯飲みをとても褒めてくれた。


「この白さがいいんだよなぁ~、
日本ではこの白は出せないんだよ」って。


それが本当かどうかは分からないけど、
とにかくおじいちゃんは喜んでいた。



中国の陶器は良いもんじゃ、とか
この白が綺麗なんじゃよなぁ~とか
牡丹の色がええなぁ~とか


湯のみをさわって、大切そうに
見回しながらずっとそんなこと言ってて。



その言葉はどうやら
お世辞なんかじゃなくて

私がいないときでも伯父さん達に

「これはちゃんこが
中国で買ってきた湯飲みだ」

と何度も言っていたみたい。
この白がいいんだよ、と。


本当に気に入って
くれていたんだって。





でも、それだけじゃなかった。本当は。





91-26





留学中に送った手紙も
全部、全部、






91-27







そんなの全然知らなかった。



孫が何気なく送っていたものが、
こんなにも、響いていたなんて。













91-28



そういえば92歳のころに
当時私がバイトしていたカフェへ
お茶を飲みに一人でひょっこり
遊びに来てくれたりもした。

「おじいさんがちゃんこのことを
探しているよ」ってバイト仲間が
教えてくれて

前触れもなかったから
びっくりしてフロアへ行ったら
一番奥の席でおじいちゃんが
座ってた。


ちょうどお客さんも少なかったし
みんなが気を遣って
私に仕事をサボらせてくれた。




91-29






最後に会った時も、
またお茶を飲もうって
言ってくれていたのに。


ただの口約束になっちゃった。


外へ出かける元気がないんなら、
私が行って淹れてあげればよかった。






三が日を過ぎたら
最後のお別れが待っている。

その時に気持ちを込めて
送り出してあげよう。



95歳、大往生。



お悔みなんて必要ない。
素晴らしい人生を立派に、充分に、
生き抜いたことをお祝いしよう。




そんなことを話しながらも
みんなは泣いていた。

きっとそれは純粋な、
別れを惜しむ涙なんだと思う。








----------------






もう7年も前の話でした。



12月31日に亡くなったおじいちゃん。

12月24日は元気で、伯父さん達と
郊外へドライブに出かけて

そしたらちょっと体調悪くなって
27日から入院していた。

原因はいつもの肺炎で命に別状はなく
2週間で退院する予定だった。


31日の午前0時30分頃

おむつを替えてほしくて
おじいちゃんは自分で
ナースコールを押した。

すぐに看護婦さんが来てくれて
10分くらいでまた出ていった。

そして、そのたった30分後
午前1時の巡回の時には
既に息をひきとっていたという。







きっと

オムツ替えてもらって
すっきり安心して

さぁ寝ようかと
息を吐いたときに

油断して魂も一緒に
外に出てきちゃったんだろうなぁ。


素直に、なんか羨ましい。


私たちは
生き方は選べるけど
死に方は選べない


いつか私も来るべき時は
こんな風に静かに、さりげなく、
人生を終えられたらいいな。




おしまい




チャンポンと一緒におじいちゃんの
お墓参り行ってきました
↓↓↓


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  








 










こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓


よろしくお願いします!
( ˘ω˘ )

---------------






ちょっと
私の父方のおじいちゃん
の話をさせてください。


当時の日記が残っていたので
ほぼ原文ママ使ってます。


・・・文体が若いww


---------------




91-7


素直に褒めることは
めったにない。


気難しい人だと思っていたし
それに耳も遠かったから、


91-10




田舎へ会いに
行った時も、私は

おじいちゃんが
父や伯父さん達と
政治やら経済やら
難しい事に
ついて
話しているのを

黙って聞いているだけ。


だから退屈で、
早く帰りたいなぁなんて
本音では思ってて

それでもお小遣いは
たくさんくれるから
律儀に会いに行っていた。

現金な子供だった。



91-8





例えば旅先からの
絵葉書を送る時も

おばあちゃんへの手紙は
喜んで書いていたのに



91-1





私が大学生になってからも
おじいちゃんに対する
その印象は変わらなかった。




91-9




91-11



















「それは良くないことだ。」




ハッキリそう教えてくれたのは
私が中国へ留学していた時に
現地で出会った友人、王学。





91-12
91-13




おじいちゃんの話を
私が理解できないとしても。


私の話がおじいちゃんに
通じなかったとしても。





91-14










91-2
















目が覚めた。


私が楽しいかどうかじゃないんだ。











91-4



91-3











91-21





留学中いろんなことがあったけど
王学のあの一言はその中でも
衝撃的な大発見だった。




---------------






日本に帰国してから
遅ればせながら
私は私なりに
できることをしてみた。



その口実になったのは、中国茶。



"中国でお茶の勉強を
してきたよ

おいしいお茶を
買ってきたから
一緒に飲もうよ
"




そんな誘い文句で。







91-5








91-17




耳が遠いおじいちゃんにも
聞こえるように
大きな声で言った。







91-16




91-18





笑ってくれた。


ドキッとするくらい
おだやかで優しい顔だった。




91-19


91-6




おじいちゃんとは
ちゃんと会話が
できないって
長い間ずっと思ってた。


でも本当は全然
そんなことないということに

この時やっと気づいた。







91-21







本当だね。







91-20





"おじいちゃんは
なんとなく接しにくい"


そう思い込んで
私が勝手に壁を作ってた
だけだったんだ。




---------------




お茶を一緒に飲んだことが
きっかけで

その後は
ちょっとした
電話の時に話をしたりとか

昔よりもずいぶん
自然に接することが
できるようになりました。


私とおじいちゃんを
つないでくれたお茶と
中国の友人に
心から感謝です・・・!






つづく


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  








 




 
夏といえば!


72-2



花火を見に行くのが好きです
\(^o^)/


しかし・・・

私が毎年楽しみにしていた

横浜みなとみらいの
神奈川県新聞花火大会が

今年から中止になったとか!


72-7



神奈川県新聞花火大会の魅力は、


開始30分前くらいに行っても
余裕で観る場所確保できるし

行き帰りも
みなとみらいから横浜駅まで
30分くらい
歩けば、超満員電車で
ぎゅうぎゅうになることもないし



そして何より迫力がやばくて


クライマックスが異常に
しつこい!!




毎度声が枯れるくらい
叫んじゃう(笑)

72-1

もうやめてーー!!


やたら長いクライマックスの
提供は
コロワイド!!

一社でどんだけの
資金を
打ち上げてくれてるのかと思うと
頭が下がる思いです( ;∀;)

さすが毎年
気合が入ってるだけあって

コロワイドの中の人も
花火大会中止の知らせには

がっかりしているっぽいです。


008b
画像お借りしました




「継続のお願い」
めっちゃ応援してます!!





この花火大会、去年
一緒に見たチャンポンも

72-14


すごく喜んでくれた!!
\(^o^)/



そんな愛すべき花火大会が
見れなくなってしまった
なんて。。。


72-3




しかし

東京の有名な花火大会は
場所取り大変&人混みヤバい
イメージが強くて

あんまり行きたくない。。。


例えば隅田川花火大会


昔、なんの予備知識もなく
ふらっと行ってみたら
もう地獄のような人混みで・・・


歩道はひたすら一方通行で
自由が利かず。

花火が良く見えるエリアには
近づくこともできず。

歩道ではもちろん
立ち止まることもできず。

とりあえず人の流れに
身を任せて歩くのみ、でした。

72-4


時々ビルの隙間から見える
花火を
写真に撮ろうとして
交通整理のおまわりさんから
「止まらないでくださーい!」
って注意されたり(笑)


いざ帰ろうとしたときも

72-5


とにかく熱いし息苦しい!
二酸化炭素濃度が高い!


辛かったです。。。


72-8






そしたら今年の7月29日
私の妹が・・・

72-13
72-9


花火は全然見えないし
人混みに消耗した私の思い出を
語ったところ・・・


72-12






( ゚Д゚)ハァ?





72-10




やっぱり持つべきものは

隅田川近辺の花火が見える
高層マンションに住んでる知り合い

ですね!!



72-11





きぃ―――ッ!!
羨ましいーーッ!!!

72-6








----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  





 









大学時代のとある親友との
エピソードです。




大学卒業後も親友とは
定期的に連絡を取り合っていて。




独身時代の私がチャンポンと
知り合って間もない頃

海を隔てた向こう側にいる
彼との距離を
どう詰めていけばいいのか・・・

親友にも相談していました。


67-70
67-71

67-72
67-73


67-76





67-77
67-78




そんなフットワークの軽い親友とは
チャンポン交えて交流が続いています


まだ私たちが結婚する前

67-79ロンドン


ちなみに
その頃の私とチャンポンは
中国と日本の遠距離恋愛だったので
「一緒に旅行」と言っても

67-80ロンドン



その後もそんな調子で

67-81ハイチから東京へ
67-74福建まで遊びに
67-75再会




そんな彼女が!!!

現在、
海外のとある国に
滞在しているのです。

そこは私が
まだ行ったことない場所・・・


67-74


海外にいる友達を訪ねるのは
とても幸せなことだと思うので
( *´艸`)





彼女が滞在している国・・・

私が行ってみたい国・・・



それは・・・!!







----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  







 


ちょっとすみません
私が今書きたい話の前段として
昔の思い出話をいくつか。。。



67-64


彼女は大学時代の親友の一人。

実は今の私とチャンポンがあるのも
彼女無しでは語れないのですが
その話はまた追々。。。



今回はひたすら昔の話です。



67-60留学時代



その留学中、冬休みを利用して
二人で香港へ旅行しました。



67-61




長距離バスでの所要時間は
確か25~30時間くらい。

このバスがも~う
このまま中国一周しちゃえよ!って
くらい
めちゃくちゃ

楽しかったです!!!



HIMG0143


車内はこんな感じで
全席ベッドタイプ。

ちゃんと足を延ばして
横になれるので
ぐっすり熟睡できました。


67-65寝返りはうてない


ちなみにこのバス、
シートベルト等は何もなかったので
事故ったら全員即死するやつです。
決してオススメはしません。


HIMG0165

バスの運転手さん。


HIMG0151

道中仲良くなった
気のいいおっさんたち。




そして私の初香港。


HIMG0241



半年ほど北京にいてそのまま
内地から香港入りしたので

生まれて初めて見た香港に
ものすごく感動したのを覚えてます。


67-63




時期は2000年代です。
十年以上前。


HIMG0227

HIMG0252


この横からしゃしゃり出まくってる
看板が
いかにも香港!って感じで
いいですよね~( *´艸`)


HIMG0229

HIMG0162

HIMG0158


とにかく旅費を削減したい
私たちが
選んだ香港の宿泊場所は

「ラッキーハウス」


HIMG0271



アングラすぎる入口(笑)



HIMG0268


HIMG0267



中もいろいろすごかった。。。



HIMG0269

HIMG0257

HIMG0260


まずはとにかく暗い。


HIMG0263

写真じゃ伝わらないくらい
激狭いトイレ&シャワー


HIMG0265

HIMG0264

HIMG0266



一応、女子部屋があった。


HIMG0258


といっても完全個室ではなく
簡易的なドアで仕切られてる
だけですが。


HIMG0270

HIMG0259

ベッドと私の荷物。



このラッキーハウスのベッドで
何かの虫に刺されて


しばらく腕や足が
めっちゃ痒くなったのも
今となってはいい思い出です。

67-62

(南京虫ではなかったはず・・・)




おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------