中国でブルジョワ華人の妻してます

中国で商売している金持ち華人の家に嫁いできました。文化の違いや貧富の差に驚きいっぱいの国際結婚生活をつづります。

カテゴリ: 子作り

   本当は違うのかもしれない。   でも私がチャンポン家に来て感じているのは…   目指すべきは全体最適。  家族のためにそれぞれができることをやってお互い助け合う。   それがチャンポン一家の考え方であり価値観なのだと。              ・

 

 

 


本当は違うのかもしれない。

 

 

 

でも私がチャンポン家に来て

感じているのは…


 

 


 


目指すべきは全体最適。
 

 

家族のために

それぞれができることをやって
お互い助け合う。

 

 

 

それがチャンポン一家の

考え方であり価値観なのだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


・・・なのですが

 

 

これがなかなか

 

 

 

 

 

 

 

授かりません

\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 


よし!そろそろ頑張るか!

と、妊活を始めてから
2年ほど経ちました。


長いけれどあっという間です。

 

 

 

 

 


もちろん、

日本の病院でお互い

体の検査もしましたが

 

 

 


子供ができにくいような

体質的な要素は、

二人とも無いと。

 

健康ですねと。

 

 

 

 

 


 

 

子供を授かること

母親になること

は、私の昔からの

夢の一つです。

 

 

 


と思ってたくらい(笑)

 

 

 

 


子供ができたら

どんな生活になるか、

とか

 

将来に向けた話も

旦那と二人で相談して、
お互いの認識も

ほぼ一致してますし。

 

 

 

 

 

最初は

 

 

 

と言っていたチャンポンも、
 

 

 

妊活1年を過ぎたあたりから

余裕がなくなってきて・・・

 

 

 


 

 

と積極的に

確認してくるようになり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく早く

孫の顔が見たいパパ。

 

 

 

 

 

 

 


職場の上司でもあるパパが

行けと言えばチャンポンは

日本へも飛んできます。

 

 

またある時は・・・

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

この2年間、こんなことを

ずっと繰り返してます。

 

 

 

 

 

チャンポンは

日常的に出張が多く

忙しい時期は月の半分くらい

どっか行ってます。

 

 

いつも可能な限り

力業でお互いタイミングを

合わせてるのですが…

 

 

 

 

 

 

 

難しいものですね

(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントしにくいネタだと思うので、

ノーコメントで全然OKです(笑)

 

 

ただ、ここは私が今思ってることを

吐き出す場所にしたいので、

空気は読まずにこのまま続けますww
 

いいね=「読んだよ」ってことで

ぽちっといただければ幸いです(*´▽`*)

 

 

よろしくお願いします

 

 

 

 

 

つづく

 

 

---------------