中国でブルジョワ華人の妻してます

中国で商売している金持ち華人の家に嫁いできました。文化の違いや貧富の差に驚きいっぱいの国際結婚生活をつづります。

カテゴリ: ■自己紹介

なれそめ編です。第一話はこちら↓↓↓ 前回の話↓↓↓ ------------------------------------------【前回までのあらすじ】香港とオーストラリアで育ったチャンポン。パパの事業を手伝うために福建で仕事をしていた。パパからお見合いをセッティングされることもあったが、




なれそめ編です。


第一話はこちら
↓↓↓


前回の話
↓↓↓



------------------------------------------

【前回までのあらすじ】
香港とオーストラリアで育ったチャンポン。
パパの事業を手伝うために福建で仕事をしていた。

パパからお見合いをセッティングされることも
あったが、本人にはその気はなかった。

------------------------------------------


なれそめ112チャンポン-5
なれそめ112チャンポン-1
なれそめ112チャンポン-2
なれそめ112チャンポン-3
なれそめ112チャンポン-4


ここまでが
私と出会う前までのお話です。


日本の取引先の部長さんが
娘を紹介してくれたこともあるそうですよ。

自分の娘を紹介できる相手だと
思われてるって・・・
普通にすごい・・・



⇒次の話



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------













なれそめ編です。


第一話はこちら
↓↓↓


前回の話
↓↓↓



------------------------------------------

【前回までのあらすじ】
香港とオーストラリアで育ったチャンポン。
香港での勤務を条件にパパの事業を手伝っていたが
気が付けば福建で仕事することになっていた。

------------------------------------------


なれそめ111チャンポン-5
なれそめ111チャンポン-1
なれそめ111チャンポン-2
なれそめ111チャンポン-3
なれそめ111チャンポン-4



かたくな!!!
チャンポンもなかなか頑固です。

特に香港は毎週末のように
戻っていたそうです。

彼にとって福建は退屈で
やることがないから。。。


お付き合いしていた彼女さんも
香港の方だったとのこと。

元カノの話はこちら
↓↓





次の話



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------













なれそめ編です。


第一話はこちら
↓↓↓


前回の話
↓↓↓



------------------------------------------

【前回までのあらすじ】
香港とオーストラリアで育ったチャンポン。
香港での勤務を条件にパパの事業を手伝っていたが
気が付けば福建で仕事することになっていた。

------------------------------------------


なれそめ110チャンポン-5
なれそめ110チャンポン-1
なれそめ110チャンポン-2
なれそめ110チャンポン-3
なれそめ110チャンポン-4


福建で交際相手を探すことは
微塵も考えていなかった模様



次の話



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------













なれそめ編です。


第一話はこちら
↓↓↓


前回の話
↓↓↓



------------------------------------------

【前回までのあらすじ】
香港とオーストラリアで育ったチャンポン。
卒業後はパパの事業を手伝うため
香港の本社オフィスへ勤務することになった。

------------------------------------------


なれそめ109チャンポン-5
なれそめ109チャンポン-1
なれそめ109チャンポン-2
なれそめ109チャンポン-3
なれそめ109チャンポン-4



香港勤務で済むはずがなかった
\(^o^)/

チャンポン「父さんにまんまとやられたよね」



次の話



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------













なれそめ編です。


第一話はこちら
↓↓↓


前回の話
↓↓↓



------------------------------------------

【前回までのあらすじ】
香港とオーストラリアで育ったチャンポン。
大学院卒業後の進路を考えていたところ
パパから事業を手伝ってほしいと連絡があった。

------------------------------------------


なれそめ108チャンポン-5
なれそめ108チャンポン-1
なれそめ108チャンポン-2
なれそめ108チャンポン-3
なれそめ108チャンポン-4



この後の展開はお察し・・・
(´・ω・`)





次の話



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------














約1年ぶりに再開します。
なれそめ編・・・!!


私とチャンポンが出会ってから
付き合い始めるまでの話は
既に書いてきた通りですが

第一話はこちら
↓↓↓



その続きを書く前に
チャンポン視点で簡単に
振り返ってみようと思います。

また長くなりそうですが
お付き合いいただけると幸いです
m(_ _)m

よろしくお願いします!



なれそめ107チャンポン-5
なれそめ107チャンポン-1
なれそめ107チャンポン-2
なれそめ107チャンポン-3
なれそめ107チャンポン-4


高校からオーストラリアへ
進学したのもパパの策略(?)でした。


当時を振り返るチャンポンの話
↓↓↓




次の話



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------











前回の記事にたくさんの
あたたかいコメント本当に
ありがとうございました!!
( ;∀;)

一つ一つ拝見させていただきました。
心から感謝です・・・!!
m(_ _)m

出産から少し時間が経っているのですが
今のところは順調・・・だと思います。
無事に生きてます。

ーーーーーーーーーーー

今回すみません、文字のみで失礼します。
m(_ _)m

前回の補足です。


ブログ上で妊娠を公表しなかった理由について。

大きく2つありますが、全体を通して感じるのは
結婚してから数年間の(体感的に)長きにわたる
不妊治療と無関係ではないということです。

やっぱりメンタル疲れてたと思います。


理由その1:不安が大きかった



一番大きな理由は、不安が大きかったから。

待望の妊娠のはずでしたが、
いざ自分の身体がその状況になってみると
喜びや期待などよりも圧倒的に
不安の方が大きかったです。

いつまでこの妊娠状態を維持できるのか・・・
自分でも全く自信がなかったので
諸手を挙げて周囲に妊娠報告をすることも
できませんでした。

不妊治療と同じで、妊娠もその事実を
誰にも言わなければ、万が一途中で
ダメになってしまったとしても、
従来通りさも何事もなかったかのように
振舞えばいい・・・と思ってしまったから。

それが健全なことだとは思いません。
でもそういう気持ちにしかなれなかったんです。


なのでブログとか抜きにして、
リアルの人間関係でもごく一部の人にしか
報告していません。

報告できたのは、事前に相談していた人や、
親しい人の中でも直接顔を合わせる機会が多い人
くらいです。。。

おなかに赤ちゃんがいますプレートも
結局最後までつけられなかったですし。

妊娠8か月くらいになって
圧倒的妊婦体型になってから
私の気持ちもやっと
落ち着いてきたような気がします。


理由その2:ヘイト回避



二つ目の理由、
最後までブログで公表しなかった理由は、
余計なストレスを避けるためです。

大変ありがたいことに私のブログを
多くの方が見に来てくださっています。

もちろん読者さんを疑っているわけでは
ありませんが、いただくコメントや
メッセージの100%がフレンドリーな内容
であるとは限らないのが世知辛い現実です。

以前、とあるブログ友達が自分のブログで
妊娠を発表した途端に尋常じゃない数の
強烈なアンチコメントが来るようになってしまった
という話がとてもショッキングでして。。。

実際にそのアンチコメントをスクショで
見せてもらったのですが、
そこで使われる言葉がまた穏やかでない。

流産しろ・・・死産すればいいのに・・・
云々というような、妊娠した彼女本人だけでなく
お腹の子供の将来を呪うような言葉がびっしりと。

人生で一番心穏やかに過ごしたい時期に
そんな言葉、目にしたくもないですよね。

ちなみに私のブログに手厳しいコメントや
メッセージを書いてくださる方のお名前は
たいがい「通りすがり」さんなので、
何言われても心理的ダメージは
そこまで大きくないのですが(笑)


それでも平穏に過ごしたい妊娠期間中に
過激な「通りすがり」さんを招くリスクは
犯したくないなと。

保身に走ったのでした。


理由については以上です。

私たちの状況を気にかけてくださっていた方には
申し訳ないことをしてしまったと感じております。
ごめんなさい。
m(_ _)m


全ては運。奇跡の連続。



今回無事に妊娠出産できたのも、
すべては運だと思ってます。
私が何かを工夫したり
頑張ったりしたからじゃない。

妊娠できたのは、ただただ、石を割り続けたから。
その中のたまたま一つが偶然当たっただけ。
ガチャを回し続けても
当たらないときは当たらない。
それまでに費やした努力とか金額とかとは
一切考慮してくれない、無慈悲な確率論でしかないと思う。

妊娠を継続できるというのも、
ひたすら奇跡の連続。
いつどこでどんな不測の事態があるか、
誰も分からない。
たまたま、私の身にそういったトラブルが
起こらなかっただけ。

出産もそう。医療が発達した現代でも
出産というのは母も子も命がけ。
全てが平穏無事に終わる保証なんてどこにもない。
最後の最後まで何があるかわからない。
私たちがたまたま、その瞬間を
生き抜くことができただけ。


最後に、今思うこと。



女性の身体は痛みと戦える強さを
備え持ってるものなんだなぁと思います。

不妊治療も、妊娠も、出産も、産後も・・・
どの過程においても身体への負荷は半端ないものです。
全く違う性質の痛みと苦しみの連続でした。

こんな壮絶な体験をなんだかんだで
乗り越えられちゃう女性って、
本当すごい\(^o^)/


私もよく頑張った。




FullSizeRender
全く関係ないけどビクトリアピークからの夜景



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------