中国でブルジョワ華人の妻してます

中国で商売している金持ち華人の家に嫁いできました。文化の違いや貧富の差に驚きいっぱいの国際結婚生活をつづります。

カテゴリ: ■義父

こちらの記事にいただいたコメントへお返事しました!↓↓↓あと!!趣味ブログに記事を書いたのでよかったらぜひ覗いてやってください・・・↓↓↓よろしくお願いします----------------パパは会社の社長ということで多くの部下の人たちがパパの仕事を支えています。中でも



こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

あと!!

趣味ブログに記事を書いたので
よかったらぜひ覗いてやってください・・・
↓↓↓


よろしくお願いします

----------------





パパは会社の社長ということで
多くの部下の人たちが
パパの仕事を支えています。

中でも普段私がよく接するのは
パパの身の回りのお世話を
してくれている人たち。

例えば・・・

139-1

20代前半くらいの若い女の子です。

パパのお客様にお茶を出したり
手土産の手配&準備したり
会食の際には配膳を行ったり
飲み要員として乾杯をしたり
送迎や買い出しに出かけたり

・・・と
パパの依頼に合わせて
様々な仕事をしています。

頼んだことはしっかりやってくれるし、
チャキチャキしていて頼りがいがあります。


そんなシャオルー。
ある日のこと。

パパと外食しようということで
チャンポンと一緒に
パパのオフィスに行きました。

139-6

するとシャオルーは
上の階にいるパパに向かって

139-3


大声で叫ぶ!!


139-7
139-4
139-5
139-8

私の感覚からすると
ヒヤヒヤするのですが・・・

139-22
139-9


もう一人。


139-2

パパの厳しい要求に応える
コックさんの料理は本当に美味しいです。
その辺の下手な料理屋よりも
ずっとずっと美味しい。


ある日のこと。
パパのところで一緒に夕飯を食べていると。

139-16

パパがコックさんを大声で呼びつけて
この日の魚のことについて
あれこれ注文をつけた

139-10
139-11
139-12


するとコックのアーリン。


139-14
139-15
139-13
139-17


シャオルーやアーリンはじめ
他の人たちもそうなんですけど

部下である彼らと
社長であるパパとの距離感が
なんか近いんですよね。

139-18
139-19

部下の生意気な態度には
何も言わないってことは

139-20
139-21


彼らがパパに対して
チャンポン以上にナチュラルに
接してるのが

それこそ本当の親子みたいな感じで
微笑ましいです
( *´艸`)




おしまい




----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------




もちろん、会社の人たち
みんながみんなこんなに
フレンドリーではないです。


なんとなくパパと年齢が近い
おじさん世代の方がチャンポンみたいに
きちんと部下っぽく接してます。





  





こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!

※今回から返信方式変えました!
スレッド式でコメントのすぐ下に
私の返信があります。
↓↓↓

よろしくお願いします

----------------





137-70
137-71
137-76
(会う予定があるなら当然プレゼントも)

新年など節目となる祝日も
関係者への挨拶は欠かさない。


それは当然、母の日も。

137-77



そんな今年の母の日。

香港のおばあちゃん家に居候中の私。
週末になるとチャンポンが
福建から会いにきてくれます。


するとおばあちゃんに。

137-78
137-79

※紅包(ホンバオ)とは、
日本でいうお年玉みたいなもので
赤い封筒の中に現金が入ってる

137-74
137-75
137-72


パパがすごいのは。


137-80




ついでに感じたのは。

137-73

私の身の回りの中華圏における
紅包は本当に万能で

137-81


日本で「現金をプレゼントする」習慣って
あんまり無いような気がするけど。

ぶっちゃけ現金がお互い一番ハッピー
なんじゃないかと思ったりします(笑)

贈る側は
選ぶ手間と労力(場合によっては
プレッシャーも)省けるし、

貰う側は好きなように使えるし
(貯蓄に回すのもアリ)。


でも雰囲気的には現金をあげるのって
「気持ちがこもってない」「味気ない」
という印象ですもんね。

私自身もやっぱりそう思っちゃうし。


贈る側も貰う側もハッピーな気持ちで
やりとりできる中国の紅包スタイルって、
なかなか便利だなぁと思ったのでした
(´・ω・`)


おしまい



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------









普段チャンポンと
一緒にいて感じるのは

136-30

もちろん見た目は
めちゃくちゃ似てるので
間違いなく血のつながった親子
ではあるけども

136-31 - コピー
136-32

具体的にどんなかというと・・・
こんな感じです
↓↓↓
136-43
136-40

136-33
136-34
136-39

他にも、
休日の朝まだ寝ているときに
電話がかかってきても

136―35

受け答えもしゃっきり。
(私には絶対できない)


136-41
136-36

↑文字だと
うまく表現できないんですけど、
敬語じゃないけどきちんと
礼儀正しく畏まった返事。

かつ、嫌々やるんじゃなくて
「はい喜んで!」みたいな積極的な態度。


でもその依頼の内容によっては
電話を切った後に

136-37

これが彼の本音なんだろうけど、
それをパパの前では絶対に出さない。


136-42
136-8

自由奔放すぎるパパの無茶振りは
私だったら間違いなくブチ切れ案件。

136-31

戸惑いは見せるけど(笑)

136-38

はたから見てると完全に
上司と部下!!

もしくはそれ以上・・・

親子って感じは
あんまりしないんですよね。
(´・ω・`)


チャンポンのストレスコントロール
どうなってるんだろう。。。
私だったら1か月でハゲあがる。


おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------











こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします
( ˘ω˘ )ペコリ


--------------




135-21


帰国する日のことです。

10時ごろホテルを
チェックアウト。

空港には15時に到着したいので
移動も含めつつ約5時間の自由行動。

135-30
135-81

車を運転して原口園の店舗へ。
高級玉露を購入して満足気。

135-31
135-80

パパの買い物は常に短時間なので
チャンポンは車にて待機。
私がパパたちとお店へ。

135-32
135-82
135-34
135-33

13時にお店を予約した。

135-35

というので

135-83

不動産屋さんへ向かった。

担当さんから事務所で
簡単に説明を受けたところで

135-36
135-37
135-38
135-39
135-40


福岡の人はみんないい人なのか
( ;∀;)

というわけで一軒家を見学。
2階建ての7LLDK、約300㎡。
お庭もついてものっすごく広い。

なかなか良き。ということで
購入時に発生する諸経費と
固定資産税の目安等を
確認しておくように、と。

135-41
135-42
135-43
135-44
135-45


不動産会社の人とは現地で解散して
私たちはランチのふぐ料理屋さんへ。

時間ギリギリなので
チャンポンの運転に緊張感が
ありました。。。



無事お店に到着。
ここでパパの本音が。

135-46
135-47
135-84

写真を見ると家も立派な感じで
パパも興味津々!

135-48
135-49
135-50
135-51
135-52

というわけでダメ元で
もう一つの不動産会社に電話。

135-53
135-54
135-55

すると営業担当さんから
すぐに電話があり

135-56
135-57


おいしいふぐ料理を急いで食べて
現地へ向かうことに。

チャンポンの運転には緊張感が。



無事に内見を済ませ、
資金計画をいただくことに。
もちろん現金一括払いで。

その後も緊張感のある運転で
空港に向かい、なんとか15時過ぎに到着。

135-60
135-58
135-59


土壇場で次から次へと
予定を詰め込むパパに付き合って
神経すり減りました。。。

その後チャンポンと2人のフリータイムは
ヨドバシカメラとドンキと蔦屋書店を
巡ったところで

私が疲労困憊して適当に夕飯食べて
ホテルへ戻ったのでした。




おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------






チャンポンの方が圧倒的に
仕事量多いのに
私よりもずっとピンピン元気に
してるのがほんとすごい。

私が体力なさすぎなのかもだけど。。。








先日の春節のとき
パパに新年の挨拶をしたのですが


実は私がパパと連絡先を
交換したのは割と最近です。

134-4

その家自体は何年も前に
完成していたのですが

内装は長いこと手つかずで
ずーーとコンクリむき出し状態でした。

外から見たらこんな感じ

図3

ちなみにこれ↑はパパの別荘の隣にある
チャンポン用の別荘。無駄に広い。

一見完成してるように見えますが・・・
中に入るとこんな感じ

図4

写真分かりにくいですけど
この無駄な広さ、
なんとなく伝わるでしょうか・・・

このチャンポン用の別荘の顛末は
またいずれ。。。(笑)

一方、パパの別荘は
この1.5倍~2倍くらい広いです。

玄関入って左向いたとこ。

図1

こっち↓は
玄関入って右に行ったとこ。

図2

迎賓館かなにかかな?

私はこういうコンクリむき出し状態の頃の
別荘の様子しか知らないのですが、

それが昨年になって
やっと内装に取り掛かり
ほぼ完成が近づいていると。

134-5
134-6
134-1

読み取ったパパの
アカウント名にビックリ!!

どんな名前だったかというと・・・

134-2

というか携帯電話番号!!!
(中国の携帯番号は11桁の数字)


一瞬誰だか分からないけど
電話したくなったとき
すぐにかけられるのが便利かと。

(もちろんアプリにトーク機能あるけど)

そして

アカウント名=電話番号
にしてる人なんていないから

134-3
134-7

今まで日本でも中国でも
いろんな人たちを友達登録してきたけど
初めて出会ったパターンでした( *´艸`)


ちなみに
パパが微信で送ってくれたのは
別荘にあるという仏壇のVR画像でした。

FullSizeRender

かっけぇーーー!!!!



おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------









こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

>ぷいさん
私が買った湯呑こちらです!

FullSizeRender
山口県の矢萩誉大さんという方の作品です。
手のひらサイズで、薄くて軽くて
めちゃくちゃ馴染みました!!
ひとめぼれ!


よろしくお願いします
( ˘ω˘ )ペコリ


--------------




前回の続きです。


ママとの電話終了時に
チャンポンから言われたのが

133-33
133-44

いつもはチャンポンと一緒だから
チャンポンの電話のついでに
ちょっと変わってもらって
挨拶する感じだったけど

133-45

ちなみに今まで一度もパパに
電話したことないです。緊張するー

少し考えた結果・・・
ひよった私は電話ではなく
メッセージを送ることにしました。

133-37

ハードルはだいぶ下がるので。

新年おめでたい言葉をバイドゥで
調べてコピペしようとしたら


FullSizeRender



FullSizeRender
なんと有料!!!!
(もしくは公式アカウントフォロー)
賢い!!!


コピーできなかったので
参考にしつつ自分で考えて書きました。
(最初からそうしろ)

出来上がった文章を
メッセージアプリで送信。

パパと私が直接やり取りすることは
普段まったくないので送信前は
ちょっと緊張しました(笑)

133-38
133-39
133-41

と思っていたら。

133-40


即レスすご!!!
さすがパパ・・・!!

届いたメッセージというのが
これまたすごく畏まった文面で
びっくり。

拝啓、ちゃんこ様・・・
みたいな。

133-42

これってもしや・・・
相手の名前の部分だけ変えて
コピペで手早く返信してるのかも。

私もやりがちだから
大いにありえるなぁ~と。。。

ってことはパパはもしかして
私だと認識せずに返信してくれたとか!?

そしたら「ちゃんこから挨拶なかったぞ」
って思われてしまうかもしれない・・・?

133-43

ということで結局
電話かけてみることにしました。

私からパパに電話かけるのは
もちろんこれが初めて。

133-34

私だと認識してもらえるように
めっちゃ自分の名前連呼しました(笑)

133-35

通じた!!

するとパパが

133-36

ちゃんと私だって認識して
返信してくれてた!!嬉しい!!

落ち着いたらまた会おうということで
電話は1~2分でさくっと終了

133-46

後から落ち着いて
パパからのメッセージを
よく読んでみたら

コピペなんかじゃなくて
ちゃんと私個人宛ての内容でした。


133-47

よく読んでないまま
電話しちゃってすみません!

若干テンパってたので
すみません!!!(笑)



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------










こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓


よろしくお願いします
( ˘ω˘ )ペコリ

----------------




よくありがちなパパの日常

132-27


・・・ということで
指定された時間に家へ行っても
パパはいなかったりする。

132-20
132-28

どうやらパパは香港へ
出張に行ってたらしい。

132-21
132-22
132-29
132-23
132-30
132-31
132-24

どうやら明日〇〇市にて
朝イチで用事があるらしい

132-32

香港から福建の地元へ
戻ってきたかと思いきや
夕飯食べてまたすぐ出張・・・

めちゃくちゃアクティブ!!

これはよくあるパターン。
またある時はこんなこともありました。

132-26

このスケジュールの組み方・・・
(;´・ω・)

私だったら申し訳ないけど
土曜日の友達との食事は
リスケさせてもらって

3日連続でマカオに滞在する
コースを選ぶよなぁ。。。


たぶんパパの場合は、
土曜日にマカオで特に予定がなければ
福建地元での友達との約束を
優先してしまうみたい。

132-25

すごいよ・・・

飛行機にしたって
新幹線にしたって車にしたって・・・
「何時間にもおよぶ移動をすること」って
それ自体が疲れることだと思うけど
(少なくとも私の場合は)

パパにとって「移動」とは
どんなものなんだろうか。。。

馬力すごすぎ。



おしまい

----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------