中国でブルジョワ華人の妻してます

中国で商売している金持ち華人の家に嫁いできました。文化の違いや貧富の差に驚きいっぱいの国際結婚生活をつづります。

カテゴリ:■好きなもの語り > 『おそ松さん』

----------------【閲覧注意】『おそ松さん』第25話の感想です興味ある方のみどうぞ\(^o^)/----------------3月末からなんやかんやで時間なくて遅くなってしまいましたが・・・最終回の感想!!( ;∀;)『地獄のおそ松さん』・結局1期の時と同じように24話のシリアスな流れ



----------------
【閲覧注意】

『おそ松さん』第25話の感想です
興味ある方のみどうぞ
\(^o^)/

----------------


3月末からなんやかんやで時間なくて遅くなってしまいましたが・・・最終回の感想!!( ;∀;)



地獄のおそ松さん

結局1期の時と同じように24話のシリアスな流れぶった切る展開だったけど、おそ松が冷静に生前何か言おうとしていたことを覚えてるっていうとこと、チョロ松がそんなおそ松の様子を気にかけてるとこが救いだったかも(笑)いちおう続いてるんだなっていう・・・w


25話カラ松


・他の5人が不満げに目をそらしてるのに対してチョロ松だけはまっすぐ前を見てるのは「自分は天国に行けるから大丈夫」っていう自信の表れなのかなw

・聖澤庄之助にまさかの壮大な伏線回収・・・!!(笑)

・カラ松の「ワァ~オ!」好きすぎるwwwサマー仮面で開花したよね

・チビ太だけ唯一の常識人だった。そしてある意味救世主。

・一松の卒業文集「マイベストフレンド」超読みたい( *´艸`)

・チャントシターをちゃんと扱えるのはちゃんとしたF6なのね。

・歴代脇役総活躍の中、ひたすら仁王立ちのコーチ松じわるw

・クライマックスではなまるぴっぴ流すのずるいよ~感極まってしまった( ;∀;)絵がぬるぬる動くのも見てて楽しかったし。特に蜘蛛の糸が切れてふわ~っと落ちるシーン好き。


25話数字

11話はじめ今までずっと走るってときは足を引っ張ってたチョロ松がおそ松の手を引いて頑張って走ってたのも良かった。

・最初は誰かを蹴落としてでも自分だけが天国に行こうとしてた6つ子が、土壇場ではちゃんとお互い助け合ってるのも良かった。六つ子は団結したとき強いんだ!!\(^o^)/

・おそ松が言いたかったこと思い出したのに敢えて「まだ全員童貞じゃなかったっけ?」って言った時、チョロ松だけが「死ぬ直前に何か大事なことを言おうとしてた、あの続きはどこいった?」って問い詰めなおしたのがなんか嬉しかった。おそ松が"本当に言いたかったこと"はもっと大事な何かだって思ってるんだよね。

・たぶん、おそ松が死ぬ直前に言おうとしたことを自分で思い出したのはきっと本当で、でもどっちにしろまずは生き返らないと何もできないから「童貞じゃん」って言ったような。で、チョロ松も一松に諭されて「まずは生き返ろう」って思ったんだと思う。

・「童貞を卒業したい」っていう共通の目標を掲げることによって六つ子の団結力を引き出したのだとしたらやっぱりおそ松はすごい(兄弟の扱いを分かってる)リーダーなんだなぁと。

・ある意味ラスボス的なイヤミと正面から対峙するのは常におそ松!!\(^o^)/

・最後のオチがイヤミのシェーで終わったのもなんか美しい。

・いかにもな最終回で楽しかった!3期待ってるよー!!


25話六つ子2



ちょっとイヤミ考察・・・

23話でイヤミが「ミーだけなんか浮いてるザンス」って悩んでて、その原因がザンスっていう口調にあるんじゃないかとか親近感の有無とかいろいろ言ってたけども。

今回25話見て感じたのは「イヤミの協調性の無さ」にその原因があるんじゃないかと。

チビ太はイヤミと同じように独特の口調で昭和臭の濃いキャラだけど、今回も六つ子の為に赤塚先生の遺影を探し出してくれたし、ハタ坊のともだち探しに付き合ってあげたりするし、協調性ばつぐん。
だからちゃんと溶け込んでる。

それはトト子ちゃんもデカパンもダヨーンもハタ坊も同じく。

でもイヤミは宝探しも結局一人占めしようとしてたし、自分だけが地獄から抜け出すために蜘蛛の糸を切り落とそうとしてたし、22話無人島でもみんなで作ったいかだに一人で乗り込んで抜け駆けしてたし。1期レンタル彼女の時もイヤミの野望にチビ太を巻き込んだような感じだったし。

あの18話感動回ですら、お菊ちゃんのために頑張るのはあくまで「イヤミ一人」なわけで。
「お菊ちゃんのために頑張るイヤミ」を見かねてデカパンはじめ周囲のみんなが助けてくれただけで。
お金めぐんでチョーよ、って懇願はするけど彼らと協力することはなかったし、最後はまた一人になったし。。。

そのまま終わるとイヤミは本当にただの異次元レベルのクズになっちゃうから、23話でメタ発言させて人間味を出したのかなって思ったりしました。


25話イヤミ2



自分が浮いてることは気になるのかもしれないけど、でも『おそ松さん』という作品にとってイヤミは必要不可欠な存在であることは間違いないと思う。

それを証明するかのような最終回のオチがイヤミのシェーっていうの・・・ほんと良かったなって。ありがとうプロデューサーさん!(笑)


---------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  


 




----------------
【閲覧注意】

『おそ松さん』第24話の感想です
興味ある方のみどうぞ
\(^o^)/

----------------



『桜』

・桜の描写で時間の流れが分かるのね・・・。

・ウインナー、おそ松ほんとに冤罪だったw十四松の顔の動きすごいwww

・この時のそれぞれの表情、いいよね。父さんに駆け寄ろうとする一松とトド松。それを制するカラ松と十四松。呆然とするチョロ松。誰よりも事態を深刻に受け止めていそうなおそ松。



・チョロ松が「いい加減ちゃんとしなきゃ」とか言い出すのは定期だけど、おそ松が同じ事言うとみんな動揺するの笑った(笑)言い方はいつもの軽い調子だけど、本気なんだっていうのは伝わってたってことよね。

24話末松

・1話から何度か出てきた「ちゃんとする」というワードがいよいよほんとの意味で使われるように。。。

・カラ松のナイスフォロー!!!(゚∀゚)おそ松を責める流れだったのを止めたのね!弟たちの本音を代弁して毒抜きして!!

・おそ松が「ちゃっちゃっちゃーのすぱっぱぱー」って言ってる時、カラ松がおそ松の真意を見極めてるような神妙な顔してるのがいい。で、本気だって分かったらサポートする。長男を支持しようとする次男ですよ!!

24話長兄

・1期24話は最後までおそ松が自立できなかったけど、今回はおそ松から変わり始めるっていう逆の展開(´・ω・`)

・久しぶりにカラ松をスルーする流れ!だけど「こういうのはいらないのね」っていうフォローがあるところに変化を感じて良かった。カラ松も空気読めるようになってきたのかな(笑)

・父さんのことで一番不安なのは母さんに違いない。はぁ・・・とため息ついて疲れて家帰ってきたら息子たちが率先して家事手伝ってくれたの、嬉しかっただろうなぁ( ;∀;)

・カラ松とチョロ松は料理ができない



・十四松、栄太郎に友達できてるのを見て励まされたんだね。

・トッティの電話相手、あつしくんかな!?(゚∀゚)

・チビ太のおでん屋繁盛してる!

・トド松は「赤松工務」って建築系?とかの会社員っぽい。さすが。十四松はなんかのバイト。一松はチビ太の店。おそ松は1期のとき6人で働いた中華料理屋。カラ松はなんだろう?服装も変わらないしなんかガラ悪そうな人たちとつるんでるけど。チョロ松はハロワ行ってたけど、なんかの資格の勉強とかしてるのかな。

・そして介護福祉士取ろうとしてるの誰だろ?

・おそ松にじゃれるチョロ松かわいすぎ!!!( ;∀;)

24話おそチョロ2

・おそ松が給料袋を手にしながら、ワイワイするイヤミハタ坊ダヨーンデカパンを見る描写。。。俺もついこないだまではあっち側にいたんだよなぁ~って感じかな。それで急に、働き始めた自分たちを客観視しちゃって寂しくなっちゃったのかな。

・夕方、おそ松が家に帰ってきたとき一松がいてよかった。でもあのまま家にいるのは不安だったのかな。外に出て弟たちが居そうな場所を歩きまわってたのかなと思った。1期2話みたい。あいつらどこ行ったんだよーって。

9話で散々言われたアイマスク買ったんだ一松。あと6人でわちゃわちゃ歯磨きしてるときも「もっと気遣えよお前ら」って言ってたね。キャンペーンは常に発動したい模様。

24話一松

・トト子ちゃん来てくれてよかった~!!( ;∀;)弟たちの前で弱さは見れられないけどトト子ちゃんには本音を吐き出せるとか。二人の関係性なんかステキ。1期24話のときもおそ松一人になったとき声かけてくれたのトト子ちゃんだったし。あの時は力になれなかったけど、今回はおそ松救ってくれてよかった。

・でも個人的にはなんとなく、せめてカラ松には弱さを見せられるようになってほしいなぁと思う。カラ松は彼なりに一生懸命、長男おそ松を支えようとしてくれてるわけだし。今回トト子ちゃんにしたような話をカラ松にもできるようになったらいいなぁ、なんて。こういう真剣な話してあげたらきっとめっちゃ喜んでいろいろ助けてくれるよ(笑)

14話長兄2


・長男だから自分がしっかりしなきゃいけない。長男として言うべきことを言った。でも長男であることを取っ払っておそ松という一人の人間になると誰よりも寂しさに弱い。身の回りのいろんなことが変化していくのが怖い。でも自分で稼いだ給料を手にして嬉しそうだし、イヤミの誘いを断った時も自己肯定感はあったんだよね。

「"まだ
"ちゃんとおそ松でいれてる?」・・・って( ;∀;)それぞれ個性ある他の兄弟と比べて一番特徴のないプレーンなおそ松、きっと唯一のアイデンティティが六つ子の長男であること”なのであって。六つ子がそれぞれバラバラになったらおそ松がおそ松たる所以がなくなってしまう・・・。自分が自分でなくなる感覚が怖かったのかも。



・1期のときはみんなバラバラ、今回もみんな同じように一人一人が自立しようとしてるけど、でもなんか一体感がある。悲壮感はなく穏やかな雰囲気の中でみんな自然に自立してるのを見て「あぁ、こういう六つ子もアリなんだなぁ」って感じた。

・そう思うとやっぱりおそ松がキーパーソンなんだよね。1期のときは多分、六つ子の中でなんの相談もなく突然のチョロ松の就職。おそ松がチョロ松の自立を認められずにひねくれて弟たちとコミュニケーション取ろうとしないポンコツになっちゃったから、
弟たちはそれぞれ自分の考えで行動するしかなくなって・・・悲壮感ハンパなかったけど。今回はおそ松がちゃんと全体の指揮取ってる感じだったから安心して見ていられた。

・というわけで『おそ松さん』の主人公はやっぱりおそ松なんだなぁと実感(´・ω・`)

・自分なりに考えて、行動して、仕事して、日常はちゃんと回ってるけど、ふとした時に自分の選択肢は本当にこれで良かったのかなって立ち止まってしまう。きっと誰もが感じたことある不安や葛藤なんだよね。

・最終回どうなるんだろ・・・また流れブチ切って宇宙行っちゃうのかなw

・個人的には、おそ松には今回抱いた葛藤を乗り越えてほしいなと思う。なにも毎日毎日べったり一緒に過ごすだけが兄弟の形じゃないということ、6人それぞれが自立して家の外に新しい人間関係を築いたとしても「六つ子の長男・おそ松」というアイデンティティは失われないということに気付けるようになってほしいな。


21話むつご





---------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  


 






----------------
【閲覧注意】

『おそ松さん』第23話の感想です
興味ある方のみどうぞ
\(^o^)/

----------------


『深夜の日松屋』

・深夜にまったり感が漂ったら潔く帰るのが一番、って真理だと思う。でも解散するのは嫌だ、この後もうひと盛り上がりあるかもって期待をぬぐいきれない気持ちもすごく分かる。この葛藤めっちゃあるある。

・トド松「宇宙の話しだしたらもう限界!!」←ほんそれ



・酔っ払った六人のしゃべり方楽しそうでとてもいい(笑)

・普段辛辣なトッティに対しては単なるヨイショじゃなくてみんな優しい言葉を投げかけていた気がする。おそ松の「だったら先に帰れよ」からの「お前の幸せを全員が望んでるんだよ」とか・・・!!( ;∀;)

23話おそとど


・一松、大企業のえらい社長って言ったとこ滑舌悪すぎて最初何言ってるか分からなかったw

・最初にカラ松ヨイショしてもらえたのが良かった。本当に2期になってから待遇よくなったよね!みんなにおだてられて嬉しそうなの和んだ。



『ダヨーンとダヨーン』

・ダヨーンめっちゃいい感じの一人暮らししてる!!!仕事早くて同僚から頼りにされててめっちゃ優秀なサラリーマンだし!!デカパンの研究所(?)にいる時はあれ週末なのかな・・・?



・ダヨーン回なだけあってダヨーンめっちゃたくさんしゃべってた

・木村さんダヨーン顔なのに、語尾にだよ〜んがないのめっちゃ違和感

・ドッペルゲンガーに過剰反応する木村さん35歳

・ダヨーンあるあるwww

・デカパンはやっぱり親友だったんだね。でも紹介の仕方が・・・ww博士してるとか言ってあげればいいのに。

・探せばもっとダヨーン顔の種族(?)が見つかりそうだけど・・・。木村さん一家を見るとダヨーン的要素は子供には遺伝していないみたいだし。。。突然変異??(;゚Д゚)


『悩むイヤミさん』

・ものすごいメタ発言の連発・・・千葉の暗い倉庫とか

・平成30年に「ザンス!?」

・「社長はいろいろややこしいザンス」って、どういうことなのかと思ったら中の人同士が社長と社員の関係性だったのね・・・すごい


・確かにチビ太は誰よりも六つ子たちとうまく絡めてる気がする。その次はデカパン、続いてトト子ちゃんって感じかなぁ

・イヤミ「もうすこし考えてチョ」←この時のテンションなんかよかった



・プロデューサーさーーーん!!!(ToT)/~~~知ってたけど、知ってたんだけど、あと2回で終わりって断言されるとつらい。。。

・しかも次はトラウマの24話!!なのに次回予告が一切ないとか!!どういうことー!ツイ見てると確実にシリアスだし!!怖すぎる・・・


---------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  


 




 

 

----------------
【閲覧注意】

『おそ松さん』第21話の感想です
興味ある方のみどうぞ
\(^o^)/

----------------



『海外旅行』

・飛行機操縦できるなんてハタ坊有能・・・!

・ハワイを楽しく過ごすために事前にちゃんと戒めておく一松と十四松好き。

・カラ松のサングラスがいつものと違う!



・デカパンずっとダヨーンのこときにかけてていいおじさんだった

・トッティは超現実的で超ドライだからこそ遭難してる現状を受け入れられずに石のスマホに逃げたんだね。そうでもないとメンタル保てなかったんだと思う。環境に恵まれてないと生きていけないタイプ。(私と一緒!)

22話トッティ



・飛行機の中も、島に漂着してからも、常に行動を共にしてる一松と十四松が愛おし・・・この二人はほんと馴染む( *´艸`)友達っぽい。




・カラ松ナレーション1期麻雀以来!イケボ万歳\(^o^)/なんでカラ松なんだろう?と思ったけど・・・俺のおかげで平和が訪れたっていうナルシズムからの真っ先に約束破ってトイレットペーパー独り占めクソ次男っていう流れなのかな。そのための長めのフリだったとか。

・みんな髪伸びてるのに十四松だけ丸刈りって・・・どうやって刈ってるんだろ?

22話十四松


・もののけ姫、ストⅡ、ドラゴンボール(多め)、セーラームーン、大魔神・・・パロディ祭りだった\(^o^)/大魔神ものすごく懐かしい・・・野球もなんかのパロだったのかな??映画とか?1期1話の反省を活かしてギリセーフなラインを狙って来てるなと感じました(´・ω・`)

・トト子ちゃんの攻撃見て「海こえええwwww」ってなった

・村々すっぞーーー!!!!www

・じ・・・次回予告たまらん!!イケボ!催眠術!!ずっと聞いてられる!!(゚∀゚)


---------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  




 

----------------
【閲覧注意】

『おそ松さん』第21話の感想です
興味ある方のみどうぞ
\(^o^)/

----------------



『深夜の日松屋』
・なにこれー!(゚∀゚)酔っぱらってよく分からないノリだけではしゃいでる6人楽しそうでめっちゃ癒される!!ずっと見ていたい!!

・カリスマ兄さんって「なんでもない話」の時にも出てきてたよね。

・日松屋って日高屋のことか!!そりゃ日高屋であんな騒いでたら迷惑だね(笑)深夜行くとたまにいそういう集団いるけどw



『BANANA』
・トティ美・・・女子松とは違う新しい女子きた・・・!!おそ美なにげにスタイルめっちゃいいし。

・一松店長のお店のサービス、どれもものすごい昭和臭

・バナーナバナーナそっこー稼げる♪って歌、これ見た日寝る時もずっと頭の中でエンドレス再生されてしまった・・・本家並みに中毒性ヤバイ(笑)

・って散々歌って踊って「一発逆転できた!」でオチなかった気がするけど、現実のトティ美がどうなってしまっているのか考えると怖いかも。。。(;゚Д゚)


『ニート矯正施設』
・2階の部屋で十四松くすぐってた時のおそ松の笑い顔めっちゃ好き!お兄ちゃんって感じ!


・カレーの味を「いや、普通」って言ってたけど一松のことだから内心おいしいと思ってくれていると思うよ!!

21話一松


・施設行きを免れた上に母さんの相談相手に任命されたチョロ松。六つ子サイドからしたらチョロ松もなかなかヤバめのクズだけど、親サイドからしたら無害ってことだよね。というか六つ子代表?そういえば4話で父さんからもサシで相談されてたし。

・確かにおそ松は真面目に相談しても茶化されて終わりそうだけど、チョロ松はちゃんとこっちの言い分聞いてくれそうな感じはするもんね。

・カラ松はウザイけど無害だとか、一松とトド松は親に対する愛情が薄そうとか、おそ松がいなくなったら残りの5人に大きな変化がありそうとか・・・チョロ松と母さんの会話めっちゃ面白い(笑)



・松代視点では、1期あたりのみんなでカラ松をスルーする流れを見て兄弟内では嫌われてると思ってたのかな。それか、実はそこまで考えてなくて無条件に長男はかわいいのかもしれない。性格云々は置いておいて。だから長男じゃなくて次男かな?と思ったのかも。選抜面接のときもおそ松とカラ松は同じこと言ってたけど扱いは全然違ったしね。


・ってチョロ松は最近カラ松から実害被ってた(10話とか14話)けど、あの辺のことはいちいち気にしたりはしないんだね。引きずるタイプだと思ってたけど意外と寛容というかすっきり水に流してくれるタイプなのか?でもおそ松にはネチネチ厳しいし・・・カラ松に甘いだけか。最悪俺が養ってやるよ!とか言ってたし。

・そして十四松に関しては「いやいやいや!」って2人してハモりまくってるの親子っぽくていい!

・1期扶養家族選抜面接のときは母さんあっさり3人選んでたけど、あの時は残りの3人は父さんに任せればいいやっていう安心があったからなんだよね。今回の外部施設に預ける話とはわけが違うのか・・・

・うじうじ悩む母さんの動き、軟体動物みたいだったりブリッジしがちだったりなところは、十四松とチョロ松にしっかり引き継がれてるんだなと思った

・家庭のテコ入れは思い切りが必要・・・って、父さんさすがサラリーマン。決断できる大人かっこいい!!って結局はまんまと息子たちに買収されたけどw

21話むつご



・私が勝手に松友だと思っているらっ子さんの感想()を見てなるほど!と思ったのは、6つ子って稀有な例だから、彼らが生まれた直後ってきっと母子ともに命危ない場面もあったと思うし、幼少期の子育てとか地獄だっただろうし、そんな6人がこうして全員無事に成長してくれてるってだけでお母さんにとっては本当にありがたいことなんだよね。



・でも一方で、既に成人した息子たちを一人も"自分の手元から離したくない"っていう感情はいかにも子離れできてない母親というか・・・六つ子たちだってその気になれば働けるのに(レンタル彼女の時とか1期24話とか)「働きたくない」「ぬるま湯に浸かっていたい」というニートの甘えをそのまま許してしまうことが、後々彼らを苦しめることになるかもしれないのに・・・本当にその結論でいいのか、とか。ニートがニートでいられるのはやっぱり親にも原因があるんだろうなとは思ってしまった(´・ω・`)

・今回はいい話エンドだったけど・・・最終回に向けての予兆とかそんなんじゃないよね・・・?



---------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  







松記事も周回遅れ中( ;∀;)



----------------
【閲覧注意】

『おそ松さん』第20話の感想です
興味ある方のみどうぞ
\(^o^)/

----------------


・シェ、シェシェシェ!いいとも懐かし・・・( ;∀;)

・ワイプのダヨーン席外しすぎwwあきっぽいのかな。短編集なのに。


【松まん】
・六つ子まん、カラ松、チョロ松、トド松は中身空っぽとか・・・後半3人の扱い雑ww


【確定申告】
・チョロ松の自意識もいい感じにライジングしてますね。

・「確定させて申告すること」ってwww分かるようで分からん!

・緑色申告の用紙、自分で作ったのかな・・・?

・十四松を無言でそっと助け出してあげるトッティ優しい

・この背中、二人は何かを分かち合ったよねw言いたいことは分かる、みたいな


20話末松


【財布】
・チョロ松「自分と一緒にすんなぼけぇー!」カラ松「みんなとお前は違うんだ」って言ってること同じだけど響き方が全然違うのね。

・財布を見つけた時のカラ松、お前がもってるじゃないか俺たちのせいにするな!とかって怒るんじゃなくてこっそり耳打ちして長男の過ちを教えてあげるの、さすが。理不尽に怒られた側じゃなくて理不尽に怒ってしまった側の立場に立ってあげる優しさよ

20話長兄1


・おそ松も開き直るんじゃなくて、悪い事しちゃったなぁって良心の呵責を感じることがあるとは・・・

・そして罪悪感に苦しむおそ松に優しくすることでさらに追い詰めていく弟たちの連係プレー(笑)

・オチも最高( *´艸`)

20話長兄2


【トド松逝く】
・最近ツッコミ役トド松ばっかりだなぁと思ってたら本人もそう思ってたんだね(笑)

・ボケ方やばすぎwwwヤバすぎて突っ込めない兄弟たち。謝るしかないっていう

・そのうち本当に精神を病みそうで心配( ;∀;)


【社会科見学】
・松野幼稚園のみなさん舌足らずなしゃべり方かわいすぎ!!特にこの辺⇒「パンがいっぱい!」「ほんとだ!」「しらなかったー」「おべんきょうだねッ!」


【出動!チャントシター!】
・ぜんぜんちゃんとしてなかった\(^o^)/

・十四松だけずっと落ちたまんま?


・今回みたいなショートコントをバンバンやってくスタイル好き。テンポ良くて充実感あっていい!!ダヨーン的にはいまいちだっとしても!!(笑)


---------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  




  




旅行してたので松記事も周回遅れです( ;∀;)


----------------
【閲覧注意】

『おそ松さん』第19話の感想です
興味ある方のみどうぞ
\(^o^)/

----------------


『デカパン大統領』

・デカパン「先っちょだけなめさせてほしいダス」ってwww

19話デカパン

・トド松「マジふざけんなよ」←息を吐くようにマジギレ

・きっかけは1期チョロ松先生だった気がするけど、2期になってから特にトッティのツッコミ役定着してる気がする。


『ふくわ術』

・初見であろう子供たちはまだしも、3人と知り合いの十四松がまんまと騙されちゃうって、どんだけピュアなの!!!\(^o^)/・・・と思ったけど、1期のお笑い学校みたいな「日常回に見せかけたコント回」って考えるのが自然かも|ω・)

・ダチョウ倶楽部wwww


『バレンタインデー』

・バレンタイン話、いろいろヤバイ。

・長男の同調圧力怖いね~。チョロ松は思い通りに乗っかってくれたけど、トド松はその空気を読めなかった。安定。

19話4人

・トト子ちゃんとのやり取り。懐かしい。これもきっとクリスマスとバレンタインデーの儀式みたいなもんだろうなぁ

・猫にはモテまくってる一松。それでもバレンタインデーとなるとやはり不服なのか・・・

・六つ子が解散後に集合した場所、2期1話で"ちゃんとした"姿の6人が集合したのと同じ崖の上だ。集合する定番の場所なのかな

・ここでも一松の戒め!!!

19話おそから


・カラ松の「お前の気持ちは痛いほど分かるが!」って顔!!!

・十四松のかっぽう着かわいい。給食当番みたい( *´艸`)

・ねこ型のは絶対一松。トリュフは十四松とカラ松。にゃーちゃんクッキーはチョロ松。棒状のはおそ松。マフィンみたいなのはチョロ松とトド松

・って、手作りチョコのクオリティ高すぎ。きっと毎年同じこと繰り返してるからどんどんスキルアップしてるんだろうね( ;∀;)

・みんなでチョコ作ってる時トッティだけエプロンつけてない。汚れる仕事はしてないってこと?

・カラ松⇒チョロ松⇒おそ松⇒一松⇒十四松⇒カラ松・・・ってちゃんとみんなに行き渡るように回してる!

・ワオワオワオー!ってめっちゃ嬉しそうなカラ松かわいいw

・一松のピー音のとこ、絶対キ〇ガイって言ってると思う(´・ω・`)

・トッティの闇は深い。合コン回の流れまんまだよね。自分で自分をほめるスタイル。カラ松とは違う方向性の痛い自己愛。

・きっと、みんなで作ったチョコをどうやって渡そうか?って話になった時にトッティが自ら「僕は自分で自分にあげるからみんなからはいらないよ」とか言って断ってそう。僕は兄さんたちとは違う、っていう思いが出てるような気がする。

・だがしかしカカオに罪はないッ!!!!



---------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------