中国でブルジョワ華人の妻してます

中国福建省を拠点に商売している金持ち華人の家に嫁いできました。

カテゴリ:■旅行 > 香川・愛媛・高知・徳島

こないだの国慶節の連休。チャンポンと四国へ行くことになって私が密かに思っていたこと。一連の法要が一段落した後はめっきり行っていなかった。でも次はいつこういう機会があるか分からないし一応さらっと聞いてみた。もちろんチャンポンは私のおじいちゃんのことは全く知 ... 続きを読む





こないだの国慶節の連休。




チャンポンと
四国へ行くことになって
私が
密かに思っていたこと。

91-37



一連の法要が一段落した後は
めっきり行っていなかった。


91-38



でも次はいつ
こういう機会があるか
分からないし

一応さらっと聞いてみた。

91-39


もちろんチャンポンは
私のおじいちゃんのことは
全く知らない。

おじいちゃんが亡くなった時
私はまだチャンポンと
出会っていなかった。


それにおじいちゃんの墓地は
けっして便利な場所にはない。

なんにもない田舎の集落で
立ち寄るだけでも旅行ルート的には
大幅な寄り道になってしまう。


それでも


91-40


チャンポンは
快く受け入れてくれた。

むしろ

91-41


素直に関心を寄せてくれていた。

ありがたい・・・




当日。

いざ行くとなった時に
初めて気づいたこと。

私、自分一人で
お墓参りしたことない!

91-42

今までずっと親に
くっついて行ってただったので

具体的に何を準備すればいいか
分かりませんでした

91-33
91-32









91-43
91-44
91-45


しかしここで
また行って戻るのは
時間のロスになるし・・・

91-46


私の勝手な自己基準で
判断しました。


91-30







91-47




図3


おじいちゃんの田舎は
私が子供の頃と
ほとんど変わってない。


図2


30年前にタイムスリップしたみたい。


図1


昔は夏休みに毎年来てたから
目に見えるいろんなものが懐かしい。


91-48
91-49
91-50

ただお墓参りするだけじゃなく
思い出の余韻に浸れる時間を
くれたのが嬉しかった。


その後は車で
菩提寺にもお参りに行って。

91-34

91-51
91-52
91-53
91-54


そう言って、
お線香とライターを買ってくれて
またお墓まで行ってくれた。

91-31



チャンポンは本当に
ちゃんとしてるなぁ・・・


91-36


会ったこともない
私のおじいちゃんの
お墓参りのために

嫌な顔一つせず
ここまで付き合って
くれるなんて




91-35



一緒に挨拶できてよかった。



91-55
91-56
91-57



おじいちゃんのために
手を合わせてくれて
ありがとう







おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  









  

四国といえば!四国八十八箇所!(↑※画像元:ウィキペディア)いわゆる「お遍路」空海(弘法大師)ゆかりの88か所の寺院を巡礼すること。空海から数えると1200年の歴史があるとか!すご!!!「同行二人」(どうぎょうににん)一人は自分。もう一人は弘法大師(空海)。巡 ... 続きを読む






四国といえば!


四国八十八箇所!




Shikoku_Pilgrimage_Map01

(↑※画像元:ウィキペディア




いわゆる「お遍路」

空海(弘法大師)ゆかりの
88か所の寺院を巡礼すること。


空海から数えると
1200年の歴史があるとか!
すご!!!



図11


「同行二人」
(どうぎょうににん)


一人は自分。
もう一人は弘法大師(空海)。


巡礼者には常に
弘法大師様が付き添って
一緒に巡礼してくれていますよ、
という意味なんだそう。


頼もしい・・・!!





今回の旅行でその世界を
少しだけのぞいてみました。


きっかけは、
私の祖父の菩提寺へお参りした時。

お守り等と一緒に
納経帳がありました。


図14



しかも外国人向けの
英語解説付き!



図13




これに興味を持った
チャンポン


85-98



ということで
納経帳を購入し、納経料300円で
印を押してもらいました。


一般的な御朱印と同じで、
黒書と朱印をいただくもの。


図12



これを見たチャンポンの
素直な感想は


85-99




私もそう思います!!


というわけで私たちの
四国周遊ルート上で
訪れてみた礼所はこちら

数えたら
12か所行ってた!!
↓↓↓




31番 竹林寺
もうここほんと大好き。
全てが美しかった。

31番竹林寺

31番竹林寺2



33番 雪蹊寺
土佐国の戦国大名・
長宗我部元親と所縁があるお寺

33番雪蹊寺



34番 種間寺
田園風景の中に佇むお寺
境内も広々していた


34番種間寺



35番 清滝寺
かなーり細い道を車で登らねばならず
心折れそうになったorz
でもお寺からの風景はバツグン!!
大師堂の横に小さな滝があって癒されました

35番清滝寺

35番清滝寺2



37番 岩本寺
夕方17時前に駆け込んだお寺
本堂の天井にマリリン・モンロー
がいるらしい( ゚Д゚)

37番岩本寺



41番 龍光寺
小高い丘の上にあってのどかな風景を
見渡せて気持ちよかった

41番龍光寺

図10


42番 佛木寺
山にめり込んでる感じ。緑が多い。
境内の中がとても美しくて
写真いっぱい撮った

42番佛木寺

42番佛木寺2



43番 明石寺
ここ緑が多くて本当に気持ちよかった。
古いものがそのまま残ってる感じも好き。

43番明石寺

43番明石寺2




56番 泰山寺
田園に囲まれたお寺
境内がスッキリしてる

56番泰山寺



57番 栄福寺
こちらの住職さんの随筆が
伊藤淳史さん主演で映画化されてます
(まだ観てない、観たい)



57番栄福寺



58番 仙遊寺
けっこうな山道を登った先にあって
人里離れた感がすごい。
温泉付きの宿坊がある!!

58番仙遊寺




75番 善通寺
空海生誕の地!!!

75番善通寺




お遍路は空海ゆかりということで
真言宗のお寺がほとんどですが

それでもそれぞれのお寺には独特の
雰囲気がありました。

お遍路参りをしている
"お遍路さん"も
たくさん見かけました。


特に歩き遍路されている方は
本当にすごいです・・!!!


85お遍路さんの恰好



今回、私たちは納経帳に
印をもらいはしたものの

それぞれのお寺で
読経したりしなかったので

「お遍路さん」ではなく
単なる「観光客」でしたが。


本当のお遍路さんは
各礼所で納札を納めたり
専用の経本を見ながら読経するんです。


お遍路読経手順

(↑※画像元:お遍路のススメ


なので私たちに
本来のご利益はないでしょうけど

癒しパワーはたくさん
いただきました!!!


それぞれのお寺は
どこも美しかったし

心穏やかな気持ちで
参拝できたので良かったです。



図15



四国はまた行きたいので
その時は真面目にお遍路巡りするのも
いいかもなぁと思ってます(*´ω`*)


本気でお遍路するときのご参考
↓↓↓






ちなみに
四国遍路の礼所は
「1番」から「88番」までですが

例外的に「0番」認定された
お寺があるんです!



その「0番礼所」は
なんと

中国・西安市の青龍寺!!


青龍寺

(↑※画像元:トリップアドバイザー


なぜなら青龍寺は
空海が恵果に弟子入りして
密教を学んだ場所だから!!


なんかこういう繋がり
ゾクゾクします(笑)




西安もまた行きたいな~

あとは高野山も行きたい





最近にわかに私の中で
仏教がアツイのです(笑)

別にどこの信者とかでもないんですけど
興味の対象として面白いな、と。

「仏教すげええエエッ!」
ってなったきっかけはまた後日
語らせて下さい
(´・ω・`)




おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  

 
      

こちらの記事にいただいたコメントへお返事しました!↓↓↓よろしくお願いします!( ˘ω˘ )---------------長々と綴ってきた四国旅行の日記ですがあと2回!一応今回がまとめ編です。次回が最後(・・・かな)私たちの四国周遊ルートはこんな感じでした!!↓↓↓ひたすら ... 続きを読む






こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします!
( ˘ω˘ )

---------------



長々と綴ってきた
四国旅行の日記ですが
あと2回!

一応今回がまとめ編です。
次回が最後(・・・かな)




私たちの四国周遊ルートは
こんな感じでした!!
↓↓↓


四国ドライブルート



ひたすらドライブ!


8日間かけて贅沢に巡りました。


ビバ☆国慶節
\(^o^)/


・・・なんですが、
それでも見たいところを
回り切れなかったので
四国恐るべし、です。

また行きたい!!



---------------

【目次】
1日目:岡山集合

2日目:岡山⇒小豆島

3日目:小豆島⇒高松⇒琴平⇒今治

4日目:今治⇒道後

5日目:道後⇒四万十エリア

6日目:四万十⇒高知市

7日目:高知市⇒祖谷

8日目:祖谷⇒岡山⇒解散

---------------




【1日目:岡山集合】

なんやかんやで
岡山到着したのは夜22時。

駅直結のビジネスホテルに
チェックインしてから
駅前の商店街で
海鮮焼きー!!!





【2日目:岡山⇒小豆島】

朝10時から
バジェットレンタカーで
車借りていざ出発ー!
(めちゃ安かった)


図21



↑このステッカーに
チャンポンが感動してました。
ハートフル!!


後楽園と岡山城を
ゆっくり見て回った後は


図11



フェリーで小豆島へ!!
さらば本州!!

1時間ほどで小豆島へ到着。


オリーブ園でお土産を
しこたま買いました。


図13


宿泊したのは

夕食のバイキングが種類豊富で
美味しくて楽しかった!


小豆島といえば本当にもう
醤油シュークリーム!!
↓↓↓




【3日目:小豆島⇒高松⇒琴平⇒今治】


午前中
エンジェルロード見に行って

図10


フェリーで1時間かけ
高松へ!!

安い!早い!激ウマ!!の
うどん一福でランチ
↓↓↓


その後は車で1時間ほどかけて
こんぴらさんへ
↓↓↓


夕方、チャンポンの好きな
エンターテイメントリサイクルショップ
へ立ち寄り。

(関東だと鑑定団系や万代書店がお気に入り)

今回はリサーチの結果
「お宝市番館」へ


図9

宇多津町から今治まで
車飛ばしまくって2時間弱。


夕飯は焼き鳥!



図8


やはりせんざんきが
美味でありました( *´艸`)


恐らくえひめ国体の影響で
今治の宿が悲劇的な満室状況。

なんとか予約できたのが
竹庭 清正の湯

が、21時以降じゃないと
チェックインできない謎仕様の宿・・・

と思っていたら、
そもそもこちらは
日帰り温泉施設でした!

その施設の中の別荘に
素泊まりできるスタイル。



図7








部屋のお風呂が温泉になってて
贅沢気分を味わえました!



【4日目 今治⇒道後】

午前中
温泉に入ったりのんびりして

午後は今治城見たり
バリィさんグッズや
今治タオル買いまくって
伊豫水軍で遅めのランチして
↓↓↓


今治から道後温泉まで
山道を車で1時間強。


夕飯は近場で地ビールを飲みつつ
鶏料理をいただきました!!
↓↓↓





【5日目:道後⇒四万十市】

午前中
道後温泉本館を
満喫して・・・
↓↓↓



とにかく四万十エリアまで
遠いのでこの日はほぼ移動日。


まっすぐ目的地まで
向かったとしても3時間弱。

特に高知に入ってからは
高速道路が無く

片道1車線の国道を
ひた走る感じです
  

図14



私たちは途中で
道の駅やお遍路のお寺に
立ち寄ったりのんびり
道中を楽しみました。


「松野」に反応したり(私が)w

図16





この日の宿泊は
ホテル松葉川温泉


17:30頃到着して
温泉入ってからおいしい夕飯を
いただきました!至福!!



【6日目:四万十⇒高知市】

朝、松葉川のあたりを
散策してから出発。



本当は四万十市の中心であろう
中村エリアとか勝間沈下橋へ
行きたかったのですが

とーっても遠かったので
泣く泣く今回は諦めました。。。
(ノД`)・゜・。


この日も
道の駅やお寺に寄ったりしながら
車で2時間半くらいかけて高知市へ!


図19


桂浜ーー!!
\(^o^)/



そして夜はひろめ市場で
生鰹の塩たたきを堪能!!
↓↓↓


宿泊は「城西館」にて。

図6


格式高い感じでした!



【7日目:高知市⇒祖谷】

朝、とりあえず
ミニスーファミ買って




竹林寺を参拝して


図5


高知城を見て


図4


徳島ラーメン食べて
↓↓↓


祖谷エリアへ
向かいました!


高知市から車で
まっすぐ向かっても
2時間くらいはかかる距離。


宿泊は


例によって早めにチェックインして
温泉入ってから夕飯を満喫し


図20


夜はマリオカートに興じました
(*´ω`*)




【8日目:祖谷⇒岡山⇒解散】

午前中は
かずら橋周辺を散策して
↓↓↓


車で小便小僧を見に行って

図3


大歩危小歩危をちょいと見て
(ラフティングの試合やってた)

図2



そこからはひたすら車で
岡山を目指しました。
3時間くらいかかった気がする。

ナビの指示に従って
国道319号線をひた走ったのですが
途中で不安になるくらいの細道で
かなりの難関でした。



国道319

↑車すれ違えない


瀬戸大橋を渡って
岡山へ・・・

瀬戸内海の風景も見納め


図1



無事に岡山で
レンタカーを返して
旅行は終了!!

この日は空港隣接のホテルに泊まって
チャンポンは翌朝香港へ戻りました。



おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  

 
    

こちらの記事にいただいたコメントへお返事しました!↓↓↓よろしくお願いします!( ˘ω˘ )---------------四国旅行の話です。昔から行ってみたいなぁ~と思っていたのが祖谷のかずら橋!!今回その念願叶い行ってきました!じゃーん!美しい・・・!(゚∀゚)元々は本当にか ... 続きを読む




こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓


よろしくお願いします!
( ˘ω˘ )

---------------




四国旅行の話です。


昔から行ってみたいなぁ~
と思っていたのが



祖谷のかずら橋!!



今回その念願叶い
行ってきました!


じゃーん!


図12



美しい・・・!
(゚∀゚)


元々は本当にかずらだけを
使って作られた原始的な吊り橋。

現在のかずら橋は安全のため
ワイヤーも使われてます。


図8



それでも3年に一度
約1か月かけて
作り変えるんだそうです


図11




もちろん、渡れます(有料)


図9



川の水面からの
高さは約14m!!!

実際橋の上に
立ってみるとこれがまた
高い!!



そして足元!!



図6



隙間だらけで
不安になる・・・!!


そしてこれがまた
想像以上に不安定!!


85-95






高さを意識したくないけど
足元見ながらじゃなきゃ
踏み外してしまう可能性があるので
高さを意識せざるを得ないという構造


高所恐怖症の人に
とってはただの地獄です
\(^o^)/




85-96
無理に渡らず風景として
楽しむのも一興かと思います(笑)



図5



しかし一番衝撃だったのが
橋の近くで見つけた展示写真





図2



図1



橋の真ん中を堂々と渡る
おばあちゃん・・・!!!




82-1










昔の人すげぇえ!!!



おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  

 
     

こちらの記事にいただいたコメントへお返事しました。↓↓↓よろしくお願いいたします!( ˘ω˘ )----------------言わずと知れた名湯道後温泉その本館。明治27年(1894)に改築された木造3階建て。ちゃんこ@CPchanko道後温泉の三階個室でごろごろしながらまったり中。館内撮 ... 続きを読む





こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました。
↓↓↓


よろしくお願いいたします!
( ˘ω˘ )

----------------



言わずと知れた名湯
道後温泉


その本館。

明治27年(1894)に
改築された木造3階建て。




この貫禄ですよ(゚∀゚)



明治に改築された
木造の建物・・・

これってまさに
歴史的建造物ですよね。


なのにそれを今も
現役で使ってるって!

昔と変わらず一般人が
利用できるって!!


本当に素晴らしいと思います。


単に「昔はこんな風に使ってましたよ」
という展示物として見学するのと違う。


浴衣に着替えて
お風呂に入って

休憩室でお茶飲んで
お団子食べてのんびり過ごす。

85-57



先の時代の人たちが
この場所でしてきたのと
同じことを

現代を生きる私もできる。

なんか、いいですよね
( *´艸`)


図5


↑館内で唯一(?)撮影OKだった
夏目漱石ゆかりの「坊ちゃんの間」


図3

↑安定のイケメン
学校にこんな先生いたら惚れるわw



霊の湯 三階個室は
大人1550円 小人770円
(利用時間1時間20分)

霊の湯

(↑※画像元:公式HP



古いものには
古いものの良さがある。

新しいものには無い
迫力と心地よさ。
あと安心感。


明治や大正や昭和の時代に
この場所へ来た人たちも

きっと同じように
「気持ちいい~」とか言って
ぐだぐだ過ごしてたんだろうな。


85-59



・・・と思うと。

私たちもその歴史の中に
溶け込むような感覚。


85-58




プライスレス
\(^o^)/


ですよ!ほんとに!!



そんな至高の
道後温泉本館ですが

なんと

85-86



とか!



毎日新聞曰く、


四国有数の観光名所、
松山市の道後温泉本館が
来年にも大規模な改修工事に入る。
部分的に営業を続けながら改修する方針で、
工期は7~9年を想定。





この素敵な建築物を
後世へ残していくために
必要なことではありますが

工期7~9年て!!!!

やっぱり長い!!
(ノД`)・゜・。



工事期間中も
入浴はできるそうですが



明治時代から続く
あの休憩室の雰囲気は
味わえなくなってしまう
んだろうなぁ・・・



寂しい( ;∀;)



みなさま是非!!!

改修工事前に道後温泉へ!!!

私ももう一回行きたい!





おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  

 
    

香川県のこんぴらさんへ行って足パンパンになった時の話。こんぴらさん、とても素晴らしくて行く価値は満載なのですが運動不足の身体にはこたえるもので・・・(笑)例によって私とチャンポンの共通言語は日本語交じりの中国語です。(ご参考↓)ふ・く・ら・は・ぎ( ^ω^ ... 続きを読む






香川県のこんぴらさんへ行って
足パンパンになった時の話。




こんぴらさん、
とても素晴らしくて
行く価値は満載なのですが

運動不足の身体には
こたえるもので・・・(笑)


85-61
85-67


例によって
私とチャンポンの共通言語は
日本語交じりの中国語です。


(ご参考↓)



85-62

85-72
85-73
85-63
85-68
85-64
85-69


ふ・く・ら・は・ぎ
( ^ω^)・・・



85-70
85-65




今は便利な世の中ですね!
検索してみたところ・・・
その由来は


85-71



85-66


今までずっと
何の違和感もなく
「ふくらはぎ」を
受け入れて育ってきたので

名前の由来は
今回初めて知りました。



面白いもんですね~
( *´艸`)




ちなみに中国語だと・・・


85-85




分かりやすい
\(^o^)/





おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  

 
   

こちらの記事にいただいたコメントへお返事しました!↓↓↓よろしくお願いします!( ˘ω˘ )---------------四国旅行日記です。こんぴらさんとは「金刀比羅宮(ことひらぐう)」のこと。庶民の旅行が禁止されていた江戸時代でも「伊勢参り」と「こんぴら参り」は許されてい ... 続きを読む

こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓


よろしくお願いします!
( ˘ω˘ )

---------------



四国旅行日記です。


png



こんぴらさんとは
「金刀比羅宮(ことひらぐう)」
のこと。


庶民の旅行が禁止されていた
江戸時代でも
「伊勢参り」と「こんぴら参り」は
許されていたという!!


あの伊勢神宮と肩を並べる
由緒あるパワースポット!!



そんなこんぴらさん。
私が思う
最大の特徴は



85-74


御本宮までも785段!
奥社まではなんと1368段!!



85-75



85-76




と思っていたら
チャンポンは


85-79
85-83




まぁとりあえず
御本宮まで行こうということで


図14


表参道を抜けて・・・


図13

図12



階段を登り始め・・・


図11

図10


なにやら
それらしい場所に着いたので
やったー!と思ったら・・・




図9





まだ本宮ではなかったorz



図7



こちらは旭社でした。

重要文化財。
天保8年(1837年)に
建立されたものだとか。


図8


この旭社もすごく立派だし既に
もうここが本宮で良いんじゃないかと
思うくらいの疲労感でしたが

気合を入れて登り続けました


図6




785段って
実際登ってみると
思っていた以上にキツイ。

しかも後半は
一段一段が高くて・・・



85-60




でもその甲斐あって
本宮から見渡す景色は
さいこー!!


図15

図1



自分の足でここまで
登ってきたと思うと
また格別ですね( *´艸`)


図3


そして境内もとても美しい。
こりゃパワースポットだ!!


図5



ひとしきり見て回ったところで


85-80



さらに奥へ進んでいこう
としたものの・・・


図4



奥社へ続く道は台風の影響で
封鎖されていた!!!



図4 - コピー




85-81
85-77
85-82
85-78



私は感情が顔に
丸出しになるタイプです
すみません



でも写真を見ると
とてもステキな場所なので
(マイナスイオンすごそう!)

奥社への参拝道が早く
復旧してくれますように
( ˘ω˘ )




おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------