中国でブルジョワ華人の妻してます

中国で商売している金持ち華人の家に嫁いできました。文化の違いや貧富の差に驚きいっぱいの国際結婚生活をつづります。

カテゴリ:■中国 > 薬膳・中国医学

こちらの記事にいただいたコメントへお返事しました!↓↓↓よろしくお願いします( ˘ω˘ )ペコリ---------------前回の続きです白湯の効能についてネットで調べてみるといろんな効能がヨイショされてます。一般的に言われてるのは・・・・ダイエット・デトックス・便秘解消・










こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします
( ˘ω˘ )ペコリ

---------------




前回の続きです





白湯の効能について
ネットで調べてみると
いろんな効能が
ヨイショされてます。

一般的に言われてるのは・・・

・ダイエット
・デトックス
・便秘解消
・冷え性改善
・内蔵機能の向上
・代謝アップ
・免疫アップ

などなど・・・


でも私はこういう健康的なものを
意識して
飲んでるんじゃなくて
とにかく身体が欲してる感じ!です!

93-1


そんな中でも私が実感した
白湯のメリットはこちら!!


93-18


効能云々は
すべて置いといてとにかく

93-13


これに尽きます(笑)


疲れた時、体調悪い時など
自分が弱ってるときは
特にオススメ!!


味のない白湯が
一番すんなり身体に
浸透していくような・・・

93-14

その感覚がすっごく
気持ちいい!!です!!


特に、ドンピシャで自分好みの
温度に調節できた時は最高!!

のどごしがたまらなく
持ちいい!!

93-15


一般的に白湯の温度は
50℃くらいが良いとされてますが

私にはちょっと熱めの
60~65℃がちょうどいいです。

猫舌さんには50℃かな。
70℃近くなると舌やけどしそうな
感覚(しないけど)。

93-16


アーユルヴェーダ的発想だと
ちゃんとガスの火で沸かした
お湯が
良いんでしょうけど

私は別に気にせず
普通に
電気ケトル使ってます。


沸騰させたお湯と水を混ぜて
ちょうどいい温度にすればOK!

93-17

といっても水とお湯を混ぜるのは
最初だけで、
基本は熱湯を差し湯して
好みの温度に調節しながら飲みます。


電気ケトルのオススメは
やっぱり王道ラッセルホブス!!




1200Wなのがたまにきずですが。



私がいま日常使いしてるのは
デロンギ




でもこれは
ケトルの中のお湯の温度が
すぐ下がっちゃう気がするので
ぶっちゃけイマイチ。

かわいいんですけどね~




93-19


昔はちょっと油断するとすぐ
体重計の超えてはいけないラインを
超えていましたが

白湯を飲むようになってからは
少し調子乗ったくらいでは
ラインを超えたりすること
なくなりました。

痩せるかどうかは分かりませんが
現状維持はしてくれる気がします。


ついでに冷え性も
だいぶ改善されてました!




93-20


これほんとに!!


舌の感覚がすっかり濃い味に

慣れていると
白湯はまずく感じて
飲めないそうです。


白湯を心地よく飲めるようになると

味覚が鋭くなったというか・・・

うす味でも素材の味を
感じられるというか・・・

MSGに敏感になったというか(笑)


食べ物の嗜好も少しずつ
変わってきたような気がします。

ジャンクフードは
それはそれで好きなんですけどね
\(^o^)/



あとは、
さすがに水の味の違いまでは
分からないですけど

でも「おいしい水」に
気づけるようにはなりました。


ちなみに私のお気に入りは
南アルプスの天然水



柔らかくて身体に
なじみやすい感じがします。


いつも東京滞在時は
アマゾンでまとめ買いして
ストックしてます。






私は別に水に詳しい訳でも
そこまでいろいろ飲み比べた
わけでもないですが

せっかくなので
私が人生で一番感動した
お水の話もさせてください。


次回!!




つづく


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )


---------------

  



中国ではどこでも
熱湯を入手できるのが
ほんと便利!!
↓↓↓



 
















この週末は
やんやしており
コメントのお返事が
全然できてなくて
すみません!( ;∀;)

今日から少しずつ
お返事していきます!

----------------



先日。。。


朝起きたらなんとなく

喉がイガイガ・・・
鼻もつまってる・・・

92-12


私は割と風邪引きやすいタイプです。
季節の変わり目は特に( ;∀;)


ここで思い出したのが

92-6





おばあちゃんがきっかけで
薬膳的なものにも興味が
出てきて本買ったりしてたので


92-7



試してみました。


風邪ひいたときと言えば
私のイメージは・・・

92-8

でしたが。

どうやら必ずしも生姜が効く
というわけではないそうなんです。



まずは自分の症状を見極めること。


身体が冷えている
「冷え風邪」なのか。

熱を持っている
「熱風邪」のか。





【冷え風邪タイプ】
・寒気がする
・肩や首などカラダがこわばる
・カラダのふしぶしが痛い、だるい
・少し熱があるが汗をかいていない
・頭痛がする
・鼻がつまる
・温かい飲みものを飲みたがる


【熱風邪タイプ】
・高熱がある
・のどが腫れて痛い
・汗が出る
・鼻水が黄色い
・尿が黄色い
・ねばりのある痰が出る
・寒気がない
・顔が赤い


出典:『ゆる薬膳。





このリストから自分の症状を
見てみると、この時の私は
「熱風邪」タイプっぽい
感じでした。

92-9


というわけで
熱風邪に良いとされるのは
このあたり
↓↓


だいこん
白菜
きゅうり
トマト
緑茶

などなど・・・



意識的にこれらの食材を
摂取してました。

トマトは切ったそばから立ち食いし。

刺身のつまも食べまくり。

濃いめの緑茶も飲みまくり。

92-11


白茶もオススメ!!



濃いお茶の良かったところは

飲むと喉のイガイガを
感じなくなること。

症状を
やわらげてくれてる感
がありました。



・・・というような
日々を送った結果

今回の私の「熱風邪」の
経過は
こんな感じでした。

92-10


風邪薬を飲まずとも

日常生活に
支障をきたすことなく

人との約束も守り
誰にも迷惑かけることなく

風邪を治すことができましたー
\(^o^)/




私の中で一番効いたのが

92-14

喉のイガイガがすっとんだ!!
\(^o^)/\(^o^)/



家で大根すりおろして、
辛さが和らぐことを祈りつつ
と醤油を混ぜてみました。



92-5
92-4
92-3



ただの罰ゲームでした
\(^o^)/


想像以上の辛さで口の中が
痛くなるほどビリビリ・・・。


でもこれがめちゃくちゃ効いた!!
翌朝起きた時に喉痛くなかった!


92-13



オススメです\(^o^)/






参考文献
↓↓↓







 
おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  





---------------

ムッキーさんと合同で
オフ会やります
\(^o^)/


食事会

12月12日(火)20時~
場所:東京・吉祥寺

申し込み方法など詳細は
こちら

よろしくお願いしますー!!
( ˘ω˘ )ペコリ

---------------








チャンポンのおばあちゃんは
80歳をゆうに過ぎていますが

香港の家で元気に
一人暮らしをしています。


それでも・・・


84-9
84-10

84-5

84-11



そんなおばあちゃんは
主に食事で
養生しているそうです。


例えば・・・



白内障のような症状が出て
手術しなければならない
かもしれないと言われた時


84-15
84-6
84-2



他にも、風邪気味で
喉の調子が悪い時は
梨を食べるとか

84-4


食欲ないときは
なつめを食べたり
お茶みたいに飲んだりとか


84-3



身体の調子が良くないな、
と思ったらまずは
食べ物を変えてみるのだと。


84-12
84-13
84-14




もちろんおばあちゃんが
元気な理由は
食べ物以外にも
いろいろあると思いますが。



84-7




食生活の中で
健康に気を付けることって
大事なんだなと思いました。



私は今も、

84-8

とか思っちゃうけど、

効き目を実感しているおばあちゃんが
その良さを力説してくれてるのを見ると、

医食同源の説得力がすごい。



私も少しずつ食生活に
取り入れてみような~
( *´艸`)



おしまい


参考文献
↓↓↓




----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  

 

 


 





遅くなりましたが
こちらの記事へいただいた
コメントにお返事しました!
↓↓↓



よろしくお願いします
( ˘ω˘ )


----------------







81-6



ということで、"上火"について
いろいろ聞いたり調べたりしてみて
なんとなーく分かってきたこと。 





私も感覚的にはまだ
ピンときてはないのですが、

"上火"とはそのまんま

「火が上がる」・・・

のぼせる・・・


みたいなイメージ。
なのかな。


81-27



私も専門家ではないので
詳しいことは分からないのですが、

中医学でいうところの
「陰陽論」
(太陽と月、昼と夜etc)

81-20


陰と陽は互いに
協力したり抑制したりしながら
バランスをとっています。


そして人の身体も
陰と陽のバランスによって
健康が保たれている、と。






陰と陽のバランスが
取れている状態は"
健康"

逆に、

81-19


という考え方をするそうです。



陰陽五行説に基づき、
食べ物も5つの性質に
分類されます。


81-21


この中で熱性のもの
ばかり食べてたりして

身体の陰陽のバランスが
崩れると"上火"になるんだとか


(食べ物以外でもストレスや
不規則な生活等も原因になりうるそう)


熱性の食べ物とは
身体を温める作用があるもの


分かりやすいところは・・・


81-22
81-23



その他にも
中国で親しまれてる

81-24


なども、そればっかり食べてると
"上火"してしまうのだとか。


"上火"してしまうと
具体的にどうなるのかというと


81-25


なにげに身近な症状ですよね
(´・ω・`) 


81-29-1


と思いつつも
ついつい気になる症状ばかり!



熱性の食べ物ばかり食べて
"上火"になっちゃったならば

その症状を改善するには対極の
寒性、涼性の食べ物を
食べればいい!


代表的なところだと・・・


81-26



・・・確かに私は昔から


81-28




から揚げとか
フライドポテトとか

お菓子だと
ポテトチップスとかが
大好きなのです\(^o^)/


特にポテチとか
毎日一袋食べるの余裕
\(^o^)/


81-29



ポテトチップス食べるの
やめたら
だいぶニキビ
減ったしなぁ。



まぁ他にも改善した要因は
あるんだろうけど。。。


81-29-2






・・・って
私なりに"上火"について
まとめてみましたが、

昨日の記事でのんたんさん
書き込んでくださったコメント
分かりやす過ぎたので

一部引用させていただきます。
↓↓↓


熱ですね。 
すごくざっくり簡単に言うと、
いわゆる体のオーバーヒート。 

熱は上に昇る性質があり、
冷気は下に落ちる性質がありますよね。 

また、熱はその力が強くなれば、
風を生みますから、
体のどんなところへでも行きますね。 

頭痛とか、喉が痛いとか、
熱の症状は、体の上の方に出やすいです。 

経絡の関係もあるので、
肺と表裏にある大腸が熱を
帯びたら便秘になります。 

詳しくは東洋医学を
参考にしてください。
 



ありがとうございました!!
( ˘ω˘ )ペコリ



参考文献
↓↓↓








おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  

 

中国の漢方薬局ってなんか
すごくカッコイイんですよね~
写真撮りまくりましたw
↓↓↓













81-2



思春期だけでなく
歳とった今もぼちぼち・・・


月に一回は必ず
できてしまう時期もあり
しょうがないのかなぁと
諦め気味です。



81-3



81-9



と言います。




81-18










81-7
81-10




またある時は



81-8
81-11





ニキビのある顔面で
チャンポン
おばあちゃんに
会うとやっぱり言われます。


81-12



と、ここでおばあちゃんから
"上火"にまつわるお話が。





81-13


81-14
81-15
81-16

※ドリアンは"上火"しやすい
食べ物らしい




81-17









81-4




それ以上詳しくは
聞けなかったんですけど
ニュアンスとしては
亡くなってしまったみたい。







81-5







・・・で、



81-6










----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓
よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  

 

 

 

 

前回の続き)

 

 

いよいよ中医の先生に

診察してもらうことに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


・・・と、

かなり細かく症状を
確認した後は

 

 

 

両手首の脈をとり

 

舌の様子を見て

 

掌もじっと観察した後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


自分的には

健康には気を付けてる

つもりだし


特に問題もないと

思ってたけど


自覚してないところで

何かあるのかも・・・

 

 

 

 

 


たしか「気虚」って
言ってた気がします。

 


あと胃腸がどうのとか
腰がどうとか・・・

 

 

 

先生いろいろ
話してくれたのですが


残念なことに
私の中国語レベルでは
よく理解できず・・・(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして
処方箋を

書いてくれました!

 

 

 

 


読めない\(^o^)/

 

 

 

 


風邪には風邪薬・・・
じゃなくて、

 

私の身体に合う薬を
処方してくれている感じが
うれしかったです。

 

 

 

 


再び薬局へ戻ると
早速お薬を出してくれました。

 

 

 

 

 


たーくさんある棚には
いろんな漢方薬が

 

 

 

 

 

 


出てくる出てくる!!

 

 

 

 

 

 

 

きれいというか
かわいいというか・・・

 

 

 

 

 


なんか、イイ!!

(゚∀゚)

 

 

 

 

 


自分で好きな漢方薬も

個別に買える感じ。

 

 

 

 

 


私の前に診てもらってた
60代ご夫婦は

 

漢方薬を素材のまま
紙に包んで持って帰ってましたが

 

 

私は自分で処理できないので
液体飲み薬にしてもらいました!

 

 

 

 

一日2回×3日分=6袋

 

 

 


液体にしてもらうまで

2時間かかるのですが
完成したら電話で

呼び出してくれます。

 

取りに行くと

作りたてであつあつ!!

 

 

 

 


 

 

 

 

出してみた。

 

 


 

あえての計量カップw

 

 

 

 

飲んでみると
ビリビリするくらい苦い!!

 

 

 

 


けど、慣れてくれば

意外と平気でした。

 

 


一気飲みして

すぐヤクルト飲んで

味をごまかせば大丈夫。

 

 

 


処方してもらった薬を

飲み始めて


2日後には

ほぼ症状気にならなくなり


3日後には

すっかり風邪治りました!

 

 

 

 


おかげで大事な用事にも
支障なく乗り切れた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気じゃなくても

また行ってみたいな~

 

 

ちょっとした体調不良とか

軽めの時に行くのがよさそう!

 

 

 

 

 

 

 

でも、

先生の言葉を

理解するためには

中国医学の基礎知識は

必要なんだろうなぁ~

 

 

面白そうだから

本でも買ってみようかしら

( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

---------------

 

 

 

 

  

 

 

 

 

先週のことです。
 

 

 

週末に大事な予定が

あるというのに


その2日前、

朝起きたら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪っぽい!!!

 

 

 

 


私の個人的な印象ですけど
中国で引く風邪はしんどいです。

 

全然治らない。

 

もう鼻呼吸は完全にできなくなるし
声が出なくなるくらい喉痛くなって
がーっと熱が出る。

 

そこまで悪くならないと
治せないんです。しんどい。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

そこで

思いついたのが!!

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


そういえば最近
家の近くに漢方薬局
みたいなのが

できたんだった!

 

 

 


普通の病院へ行くよりは
マシな気がしたので
試しに行ってみた。

 

 

中国独自の伝統文化に

携わる人たちは、真摯に取り組んで

くれている気がするので・・

 

 

 

私たちが中国の病院に

行きたくない理由はこちら

↓↓

 

 


 

 

 

その漢方薬局は

ショッピングモール

の中にあって
結構大きい店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


 

 

・・・と、スタッフが

連れて行ってくれた先は
ショッピングモール1階の一角

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 街角の占い師かよwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





促された先は・・・


先客(60代のご夫婦)がいて
先生の診察を受けてる

 

その真横に

座らされました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

この距離感。

 

完全に身内が座るべき

ポジションです。

 

 

 

 

 

先生がいろいろ話を聞いて
処方箋を書いていました。

 

 

 

 


 

 

 

この患者さんの
年齢、名前、体質、対処策・・・

 

全部聞こえてくる距離です。

 

 

 

 


 

 

 


そして私の番が

回ってきました!


人生初の中医の先生!!

 

 

 

 

次回に続く!!

 

 

 

 

 

 

---------------