こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします
( ˘ω˘ )ペコリ

----------------



4月が終わった!!!
2018年の3分の1が終わった(絶望)

早すぎ―・・・というわけで
4月のことも振り返ります。

あとは個人的な最近のよもやま話。

私の趣味全開で書きたいこと
書いただけなのである意味
閲覧注意ですw
(´・ω・`)




4月に達成できたこと!


4月振り返り

収納箱置いた!!
置いただけだけども!!

あとは最近やっと早寝早起きが
身についてきた感じがします。

広東語はまだ全ッ然買い物できる
レベルには至ってないですけど、
ちょっとずつ頑張ってます、継続してます
って意味で4月は◎印つけちゃいました。


あとお茶会やりました!!

中国の新茶を愛でる会!!

4月23日に急にやりたくなって
その日の夜にツイッターでつぶやいたところ


直前の案内にも関わらずなんと
たるたるさんとaikoさんが
参戦してくれました!( ;∀;)

あとは以前からツイッターで
繋がっていた茶沼友達が4名。
ありがたや、ありがたや。


お茶、一人で飲んでも
十分に楽しめないので。

みんなであーだこーだおしゃべりしながら
ゆったりと時間を過ごせて幸せでした
( *´艸`)

その日の様子をたるたるさんが
愛情たっぷりにレポしてくださってます!
↓↓↓


私の所作をバーテンダーに
例えてくれたのはなるほどなぁと
嬉しく思いました!

ちなみに私がお茶淹れる時は
寿司職人のイメージでやってます!


ってバーテンダーと同じですけど(笑)

カクテルも寿司もお茶も、もちろん
それ単体で手軽に美味しく味わえます。

でも一方で、バーテンダーが目の前で
作ってくれたカクテルを飲む贅沢や

握りたての新鮮な寿司を
カウンターで食べる贅沢があるように

お茶にも、
目の前で茶葉が「お茶」になる過程を
見届けた上でその味を愉しむ贅沢
があると思うのです( *´艸`)

私の大好きな時間です。

またお茶しましょう!!


蔦屋茶会
「銀座 蔦屋書店 茶会 〜清・香・奏・韻〜」

昨日ちらと覗いてきました。

私は立ち見客だったので
お茶は飲めませんでしたが
美しくてしなやかで
めっちゃステキだった!
( ;∀;)( ;∀;)

そして
篠笛奏者の佐藤和哉さんが
ぐうイケメン\(^o^)/

勢いでCD買っちまったw




今やってるゲームアプリ


FFBEってやつです
(正式名称長すぎて読めない)

final-fantasy-brave-exvius_logo
(※↑画像元:公式サイト←注意!音出ます)


私は正直ドラクエ派でFFは7くらいしか
まともにやったことないんですけど。

なんと期間限定で
ゼノギアスのキャラが手に入る!

ってことで完全にそれ目当てで
アプリダウンロードしましたw


ゼノギアスは私が20年前に
ハマりにハマりまくったRPGです。

ゲームは何周もしたし
メモリアルアルバム(セリフ集)も買ったし
ごっつい設定資料集も読み込んだし。



・・・っていう話はリア友には
一切したことなかったのですが

チャンポンと付き合い始めたばっかりの頃に
ナチュラルに二人でゼノギアスの話ができた瞬間
もうこの人が私の運命の人だと思いました。


FFBEゼノギアス


というわけでアプリ・・・
やってみたら思いのほか
がっつりやりこんじゃってますw

こういうのって
キャラ育成が楽しんですね。。。

一点豪華主義でお気に入りのキャラに
全資産を注入しておれつえープレイするの。

てかAmazon見てたら
今年の8月にフィギュア発売するとか!?



あと今年の4月にもコンサートやってた
みたいだし(完全に見逃してた)

ここへきてゼノギアスどうした!
嬉しいぞ!もっとやれ!!
(゚∀゚)


今読んでる本


『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』



全4巻!!長い!!(笑)

まだ読み終わってないですけど、面白い。
続きが気になる。

しかしKindle版で買ってしまったの
マジで失敗したなと思ってます。

見やすいとはいえやっぱり目が疲れるので
長時間連続では読めません。。。



タイトルの通り、空海が主人公の
歴史を題材にしたファンタジーです。

お経がとにかくめっちゃ効く世界!!
般若心経で呪詛を追い払ったりしちゃいます!
\(^o^)/

これ読むときはBGMとして必ず
エンドレスリピートで聴いてるのが
和楽器バンドのアルバム「四季彩-shikisai-


これが作品の世界観にめっちゃ合う!!!
と個人的には思ってます(笑)





ストーリー本編も面白いのですが
合間にちょいちょい出てくる
説法じみた空海の話が個人的にはとても
興味深くてちょっと感動したり。

私的に印象的だった部分。
ちょっと引用しますけど。

空海と一緒に唐の国に来て
なんやかんやいろいろあって
しょんぼりしている橘逸勢を
空海が励ますシーン
(第二十八章より)
↓↓↓

「何を気にしているのだ、逸勢」
「おれは、たまたま、おまえと一緒にいるだけの人間だよ。そのおれが、あんな風に声を大きくしてしゃべったというのが、どれだけみっともないことかというのも、よくわかっている」
「逸勢よ、安心しろ」
「何のことだ」
「声を大きくする逸勢も、怖がっている逸勢も、あの国のことを小さいという逸勢も、なつかしいという逸勢も、今、おれの前でおれを見ているおまえも、みんな橘逸勢なのだ。どれひとつとして、おまえでないものなどないのだ。どの逸勢も必要なのだ
(中略)
「おれは、この国で、おまえという人間がおれの傍にいてくれて、本当によかったと思っているのだ。そういう時に、どの逸勢にいて欲しくて、どの逸勢にいて欲しくないとかいうことは考えたことがない—――


このくだり妙に感動して
しまったんですけど( ;∀;)

もしかしたら
誰もが一番言ってもらいたい言葉
なんじゃないかなとか思ったり。




「密を愛するということは、この天地を—――宇宙を丸ごと愛するということなのだ。その中のどれが清くてどれが清くないとか、どれが正しくてどれが正しくないとか、そういうことはないのだよ」



ってな具合で、この話の流れで
空海による具体例を用いた密教の教え解説が
続くのですがそれも発見あって面白いし
密教ってなんかすごそうだなと思いました。
(小並感)

どんなにダメな自分も
存在を丸ごと肯定してくれるって
そういう考え方があるって
ありがたいなって思います。

あとは
「セクロスの悦びは清浄なる菩薩の境地」
みたいなお経も紹介してたりw

↑『理趣経』というらしいです
気になる方は検索してみて!(笑)


ついでにもう一つ、
「人は誰もが何かを想い残しながら死ぬ」
みたいな言葉も印象的。

結局どんなにがんばって生きても
自分の望みをぜーーんぶ叶えること
なんてできないんだよね。

明日突然死ぬことになろうが、
10年後に死
ぬことになろうが、
50年後に死
ぬことになろうが、

きっと何かを悔みながら
死ぬことには変わりないんだろうね。

そう考えると別にいつ死んでも同じのか。


気になってた煎茶道


今年やりたいことリストに
入れ忘れてましたが
やってみたいなぁ~とずーーーっと
思ってたことの一つ。

煎茶道を始めました!

私は中国と日本行ったり来たりなので
不定期でのお稽古参加しかできないけど
それでもいいですよと言ってくださったので。
ありがたや。


煎茶道

先生の手取り足取りで一連の所作を
やらせてもらいましたが、スポーツみたいで
楽しいなと思いました。

作法一つ一つの順序や動作が決まっていて
その型通りの動きに集中してる時間が、いい。

あと和室の空間がやっぱいいですね。
ものすごく落ち着く。

が、しかしとにかく正座がキツイ。
正座攻略法知りたいなぁ・・・
慣れるものなのかしら(´・ω・`)


がんばって続けたい・・・



小室山のつつじ祭り


伊豆で目的地まちえた記事
書いたときrainbowさんが
教えてくださった
「つつじ祭り」

行ってきました!!!
私の両親が!!!

たまたまなんですけどね
( *´艸`)

母が送ってくれた写真
↓↓↓
7D087C0C-69B7-44F1-A44F-B2E9DC1D360F

F6FBDA15-A858-4351-B93C-AB206DDCCAB6

すごい!満開!!
(゚∀゚)

いつか私も見に行かねば!!
あと大室山リベンジw


いま考えてること


ちょっと立ち止まって
自分の人生の意味みたいなものを
見つめ直したいなって思うことが
増えました。

私はこれからどうしたいんだろう。
どういう人間になりたいんだろう。
本当は何を望んでいるんだろう。

今あるものを何もかも捨てて
どこかへ逃げられるとしたら
私はどこで何をしたいんだろう。

そういう話を
旦那にも聞いてみたい。

いろんな責任やプレッシャーで
雁字搦めになってるように見えるけど
今の自分を、私たちのことを、
彼はどう思ってるんだろう。

 
「パパの息子としてこうあるべき」
「会社の責任者としてこうあるべき」
「妻を持つ者としてこうあるべき」

彼を取り巻くあるべき論を
全てとっぱらってみたい。

彼が本当に望む幸せって何なんだろう。



ってポエム調になっちゃったけどw
でもこれほんとに。



おしまい

----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


  



ここで告白しますが私・・・
aikoさんの座右の銘
めっちゃ好きです。

「どうせ死ぬまでの暇つぶし」

いい具合に肩の力抜ける。
いろいろやったもん勝ちか!
\(^o^)/