今回はいにしえのネタ・・・
学生時代の話です。

以前ちょっと書いたのですが


大学4年の秋から約1年間
北京に留学していました。

なれそめ100お茶と私2-2

(※時期は北京オリンピック開催前なので
かな~~~り昔の話)

交換留学の一種(?)に
「ダブルディグリー(双学位)プログラム」
といって既定の単位を取れば
留学先の学位も取得できるという
おいしいプログラムがありまして。

なにがおいしいかというと、
一年間でその大学を卒業した気分が
味わえるのです\(^o^)/

こんな感じで。

画像 130 - コピー

卒業生が着るあの服来ちゃいました。
コスプレじゃないよ!

この留学、とにかく想像以上に
しんどくてしんどくて・・・
何度涙で枕を濡らしたことか。

厳しい高考を乗り越えてきた
本科生に混ざって大教室で授業を受け、
課題を提出し、中間&期末試験に挑む・・・
というガッチガチの留学プログラムでした。

当時のことは朝まで
語り明かしたいくらいですが
今回は割愛して。

148-27

私が通った北京大学の留学生寮は
ランクが3つありました(※当時)

スペックはこんな感じ↓

148-16
148-17
148-18

私的に一番気になったのは
ズバリ費用。

留学費用は親に借りて
卒業後に返済する約束でした。

148-19

なので自分のお金。

・・・そう思うと、約1年間住む部屋…
なるべく安く抑えたいのが心情。

ということでほとんど迷わず
一番下のランク(一日30元)の
部屋に決めました。

寮の名前は「勺園」

DSC05071

我が愛しの勺園です。

DSC05069

正面玄関。

DSC05072


勺園は5階建て。
もちろんエレベーターはありません!!

私の部屋は
3号棟の503号室でした。

DSC05074


忘れ物するともれなく5階の自室まで
階段上って戻らなきゃいけないのが
地味にしんどかったです

5階の良かったところは
見晴らしがよかったことかな。。。


IMGP2788

キャンパス広いんだ・・・


IMGP2793

全体的になんか茶色い(笑)

図23


そしてこちらが自室。

IMGP2795

病室みたいですよね。

このベッドがまぁかったい!
布団うっすい!

若さで乗り切りました。
今はもう寝れないと思う。

2人部屋のルールメイトは
韓国人のかわいい女の子でした。

DSCF0382 - コピー

この距離感。
このごっちゃり感。
部屋狭かったなぁ。

IMGP2798 - コピー

部屋飲みしたりね。
いっぱい遊びました。
若かったなぁ

こちらがフロア共用のシャワー。

IMGP2791

IMGP2790

夜はうす暗くて不気味。

トイレもフロア共用。

さすがに写真撮ってなかったみたいですが
忘れもしませんオール和式。

年季入りまくってて
ほぼ毎日詰まってて
めっちゃ臭かったし
めちゃくちゃ汚かった。

148-25

当時の私(mixiより)曰く
「トイレは消臭元を寄付してやりたいくらい」
とのこと。

トイレットペーパーは
備え付けが無いので毎度部屋から
持参してました。

148-26

そしてこちらも当然のごとく
フロア共用の水場。

IMGP2789


朝の洗顔も歯磨きもぜんぶここ。

ここで一番問題だったのが
洗濯機は備え付けがないため
寮生が各自購入するというスタイル。


洗濯機が大量にあるのです。

148-24

私は最初洗濯機買わず洗濯板で
手洗いがんばっていたのですが
結局ルームメイトと割り勘で一台購入しました。

ただし洗濯機用の蛇口は2か所しかないので
そのフロアの寮生みんなが交代で蛇口を使います。


つまり、
自分の服を洗濯するためには

148-20
148-21
148-22

かなり体力削られます(笑)

ちょっと旅行とかして
しばらく使ってないと自分の洗濯機が
めちゃくちゃ奥の方に追いやられてて地獄。

148-23

手前の洗濯機をぜんぶ
どかさないと洗濯できない。

今から思えば全体的に
不便極まりない生活でしたが
当時は慣れちゃえば余裕でした。

若さってすごい。。。





----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------