ちょっと間が空いてしまったのですが、

子作り話の続きです

 

 

 

<関連する過去記事>

 

子供ができません

子作りに効く食材といえばのアレ

「早生貴子!

(早くお子さんに恵まれますように)」

お金で子供は買えません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

たぶん、

新卒で入った会社を

辞めるか考えてた時から。

 

 

 

 


 

 

 

 

毎日毎日、

「もう無理かも・・・」

と思いながら

 

這いつくばって

会社行ってた。

 

 

 

 

なぜなら

 

会社はそれでも

当時の私を必要としてくれる…
 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


結局

いろいろ考えた結果


その会社は辞めて

 

 

自分の好きな場所で

働き始めた。

 

 


 

体力的にしんどい

時期もあったけど・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後結婚して、

専業主婦になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


世の中に繋がる

接点を失って
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人ぼっちな気がして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

一足先に

母親になった友達に

そう言われた。

 

 

 

 

 

きっとそうなんだろうな。

 

 

 

 

 


私より後に結婚した子が

どんどん母親になっていく

ことは別に気にならない。

 

 

 

友達に子供ができることと、
私たちに子供ができないことは
全く関係ない話だから。

 

 

 

世界中で毎日新しい命は

誕生しているわけで

 


私の身の周りに

子供が増えていくことは

当然の事実なんだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、こういう時…

 


 


とは思う。

 

気がまぎれるだろうし。

 

 

 

 

 


私にも何か役割が欲しい。
誰かの役に立ちたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旦那を羨ましく

思う時がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


みんなから

頼りにされている

 


必要とされている

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

今の私の存在価値

ってなんだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旦那は別に

私がいなくても

生活には困らない。

 

 


パパのところに

おいしい料理を作れる

コックさんがいるし

 

掃除も洗濯も

家事は一通りできるし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の存在価値は

子供を産むことでしか

証明できないんだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


もしも、

いつまでも結果を

出せなかったら…

 

 

 

 

それでも私の居場所は

この家にあるんだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これは全部、ただの

私の感情の問題であって

 

 

 

 


いつもこんなネガティブなこと

考えながら生活してるほど

深刻じゃないですけど。

 

 

 

 


でも

胸の奥にある想いであり

ふと頭をよぎる確かな不安

なんです

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

すっきりした!\(^o^)/

 

 

 

だって女だもん、

感情的になるときだって

あるよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

※これ、ちょっと前の話を書いてます。

 

今は私の気持ちも落ち着いているので、

その落ち着きどころへ至るまでは

一旦コメント欄閉じさせていただきます。

すみません。。。

 

いいね=「読んだよ」ってことで

ぽちっといただければ幸いです!

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

---------------