中国でブルジョワ華人の妻してます

中国で商売している金持ち華人の家に嫁いできました。文化の違いや貧富の差に驚きいっぱいの国際結婚生活をつづります。

2019年06月

なれそめ編です。第一話はこちら↓↓↓ 【あらすじ】名古屋でチャンポンと再会し二人で下呂温泉一泊旅行してきた後。家に帰ってからチャンポンの真意を聞き出した。「彼女」という単語にこだわってました(笑)その瞬間がチャット・・・っていうのもあれですが。ともあれこの



なれそめ編です。

第一話はこちら
↓↓↓ 



【あらすじ】
名古屋でチャンポンと再会し
二人で下呂温泉一泊旅行してきた後。
家に帰ってからチャンポンの真意を聞き出した。


なれそめ96しつこい女-5
なれそめ96しつこい女-1
なれそめ96しつこい女-2
なれそめ96しつこい女-3
なれそめ96しつこい女-4



「彼女」という単語にこだわってました(笑)


その瞬間がチャット・・・
っていうのもあれですが。

ともあれこの時点から
私たちのお付き合いが始まったのでした。







----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------








  



香港滞在中、所用があって
訪れたのは荃湾(チュンワン)。


場所はこの辺です。
(赤いポインターの部分)

荃湾の場所


中心部からはちょっと離れた場所にあって
観光地とかではなく地元住民の生活エリア
って感じです。

中学校時代のチャンポンは
学校が終わると友達とよくこの荃湾へ
遊びに来ていたそうで。

その後も時々ゲームとか漫画を
買いに来てはいたけど

ここ数年は来る用事も
時間もなかったみたいで、

139-25

とワクワクしてました。

やってきたのは駅前の商業ビル。
イイ感じに漂ってくるレトロ臭( *´艸`)

FullSizeRender

謎にクリスマス仕様な
カオスっぷりもGOOD!
(※私たちが行ったのは5月)

商業ビルの中は
天井低めで細い通路、
小さな商店がぎゅぎゅっと
敷き詰まってる感じです。

IMG_4505

チャンポンが昔よく来ていたという
ゲームショップは今も健在。
そしてお客さん多数。

IMG_4504

昔と変わらない部分も残しつつ、
それでもやっぱり店舗の顔触れは
だいぶ変わってるようで。

139-26

今はスマホやPC関連商品を
扱ってるお店が多かったです。
時代ですよね。


一件見つけたCDショップ。
昔と変わらず、だそうで。

FullSizeRender


ゲーセン発見!!
UFOキャッチャー!!

FullSizeRender

景品はこんな感じです。

IMG_4358
IMG_4359
IMG_4360
IMG_4361

・・・うーん(´・ω・`)

なんというか、申し訳ないですけど、
日本のゲーセンみたいな
ワクワク感が皆無。


欲しくなる景品がたくさんあるのって
すごいことなんだなぁと思いました。

ゲーセン行きたくなってきた。


そしてこんなお店も。

FullSizeRender

取り扱い商品はご想像にお任せします。
(私も中には入ってないので分かりませんw)

というか暖簾の雰囲気含めて、
コテコテの日本をイメージしてるあたり、
なかなかに心中複雑です。

そういうイメージで
見られてるんだろうか(´・ω・`)

.
.
.
そして最後に、チャンポンが
一番テンション上がったのがこちら。

FullSizeRender

麺のお店です。

なんの麺かというと・・・

FullSizeRender

ミーゴレン!!!
の上にチキンやらソーセージやらのっけて
食べるという割とガチめのB級グルメ。

インスタント麺のは
食べたことあるけど(好き)
お店で食べたことないから興味津々!

おなじみインドミーのミーゴレン





というわけで入店。

IMG_4506
にぎわってる。
そして女性皆無(笑)


注文したのはこちら。

A1「荃湾三宝麺」セット
40香港ドル(約560円)

FullSizeRender
B級感( *´艸`)

三つの宝とは、
牛肉団子、手羽先、ソーセージ。
全部誰もが好きなやつ\(^o^)/

FullSizeRender
店内では、店員さんが
大量のミーゴレンを開封してました。

139-27

誰でも作れるインスタント麺の上に
店オリジナルの肉を乗せる仕様。

本当にガチンコのB級グルメでした(笑)

味は、まぁ間違いないですよね。
あのミーゴレンですから。

手羽先の味付けも良かったし
おなかいっぱになりました( *´艸`)


香港ローカル、良き!



おしまい


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------













なれそめ編です。

第一話はこちら
↓↓↓ 


【あらすじ】
名古屋でチャンポンと再会し
二人で下呂温泉一泊旅行してきた。
しかし、なんの進展もなく解散し帰宅。



なれそめ95欲しかった言葉-6
なれそめ95欲しかった言葉-1
なれそめ95欲しかった言葉-2
なれそめ95欲しかった言葉-3
なれそめ95欲しかった言葉-4








----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------








  



今回はすみません、お知らせ2件です。




1.コメント欄について



私の事情で申し訳ないのですが、
しばらくコメント欄を閉じてみようかと思ってます。

誹謗中傷があったとかではなく、
スパムコメント対策のために・・・です。

英語のスパムコメントは以前からぼちぼち
来ていて、都度手動で削除していたのですが

ここ最近どういうわけか
その量が尋常じゃなくなってきて、
気持ち悪い&めんどくさいので

一旦コメント欄そのものを
封鎖してみようか
と思った次第です。

ーーーーーーーーーーー
ライブドアブログのシステムでは現状、
海外スパムを防ぐ方法としては主に

(1)「半角英数字のみのコメントを受け付けない」
(2)「国外のIPアドレスからの投稿を受け付けない」

というスイッチをONにすることが
有効かなと思うのですが


ライブドアブログスパム対策


(1)⇒私のとこに来るスパムコメントは
なぜかハングル文字も混ぜてあるので効果なし

(2)⇒このスイッチをONにしてしまうと
海外在住の方からのコメントもブロックされてしまう
(※私も含めw)

ということで私のケースだと
うまく機能していないのが現状です
(´・ω・`)

ライブドアブログの中の人にも
相談してみたのですが、
現状は上記の施策しかなく
どうにもならないそうで。


最後の手段・・・じゃないですけど、
試しに一か月くらい(?)コメント欄
封鎖してみようかと思います。

皆さんからいただくコメントは
いつも楽しみに拝見しているので
できれば避けたかった手段なのですが・・・
( ;∀;)

申し訳ありませんが、
どうぞよろしくお願い致します。
m(_ _)mm(_ _)m



2.ブログタイトルについて



私のブログは
「中国でブルジョワ華人の妻してます」
というタイトルでやってるんですけども、

この「ブルジョワ華人」という部分について
これまで何度かツッコミをいただいてるので
この場をお借りして私なりの見解を
書き留めておきたいと思います。


(1)「ブルジョワ」という言葉について



「ブルジョワ」という言葉の使い方
間違ってますよ、というご指摘を
いただくことがままありますが
私は間違ってはいないと考えております。


ブルジョワ(ブルジョア)本来の意味は
「中産階級(一般庶民)」ですが、
ヨーロッパ各地での革命等を経て
市民権を獲得し経済的に裕福になった結果、
「資産階級・有産階級」という意味合いで
使われるようになりました。

(共産主義の中ではブルジョワの対義語として
「プロレタリア(労働者階級)」という言葉が
使われるようになる)

それが転じて現代の日本では
そういった本来の意味が抜け落ち単に
「金持ち・富裕層」を指す言葉としても
広く一般的に使われています。

これは広辞苑や大辞林などの辞書にも
載ってる意味なので「金持ち」という
意味合いでの「ブルジョワ」は、
日本語として使い方は間違っていない
と考えております。

(決して良いニュアンスではなく、皮肉や
やっかみで使う言葉ではあるかもしれませんがw)



(2)「華人」について


本当は「華僑」なんじゃないの?
中国のイメージが悪いのを嫌って
あえて言い方変えてるんじゃないの?
というご指摘です。

「華僑」と「華人」の違いについては
議論があるようですが一般的には
以下のように認識されているようです。

ーーーーーーーーーーーーーー
・華僑:中華人民共和国の国籍を所持した状態で海外生活をしている中華系の人々

・華人:中華人民共和国の国籍を所持せず、現地国籍を取得した状態で海外生活をしている中華系の人々
ーーーーーーーーーーーーーー

要は、同じ中華の血筋でも中華人民共和国の国籍を
持ってるか持ってないかの違い
で分けているのだと。

そして私たちの場合、チャンポンの家族は
おばあちゃん、パパ、ママ、弟を含めて
中華人民共和国の国籍を所持している人は
一人もいません。

・チャンポン、ママ、弟⇒オーストラリア籍
・パパ、おばあちゃん⇒香港籍

※現在も香港と中国のパスポートは
別物として扱われています。

中国と香港のパスポート

※↑画像元:
「中国と香港は、違います」香港人が制作した、20枚のイラストが話題に


以上を踏まえたうえで、
チャンポン一家は「華僑」ではなく
「華人」の一族である
と私は考えています。


もちろん私たちの場合
「香港は中国じゃないのか!?」という点が
一番の議論になるところだとは思いますが・・・
(´・ω・`)

言ってしまえば私たちの立場は
今の香港はまだ中国と完全にイコールではない
(他の中国国内の一地方都市とは異なる存在である)」
ということであります。

長い目で見れば、香港もいずれ中国に完全吸収され
同化してしまう運命にあるのかもしれません。
香港の人たちがどんなに抵抗しようと
圧倒的な数の差ではかなわないのだろうと。

ただ、
香港と中国は違う、一緒にしないでほしい
と主張する香港人はチャンポン含め、今はまだ
たくさんいるし、私もそちら側の気持ちに
寄り添いたいなと思ってます。


いろんなご意見があって当然ですし、
異論はもちろん認めます!

が、こういう決着のつかない問題について
私たちがネット上で議論を重ねることに
あまり大きな意味はないかなと思いますので・・・

この辺りでご容赦いただけると幸いです。



長くなりましたがそんなわけで
「ブルジョワ華人の妻」という言い方に
間違いはない・・・!!と言わせてください
m(_ _)mm(_ _)m


今回はなんか硬い感じになって
しまいましたが・・・

次回からはまた通常運転で
ブログ更新していきますので
これからもどうぞよろしくお願い致します。

ちゃんこ





----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------







 




※申し訳ありませんが、
今回から一時的に(1か月くらい?)
コメント欄を閉じさせていただきます。

その理由については
6月23日更新の記事でご案内します。
(いじめられたとか深刻な理由ではありません!)

よろしくお願いいたします。
m(_ _)m


----------------




なれそめ編です。

第一話はこちら
↓↓↓ 



【あらすじ】
名古屋でチャンポンと再会し
二人で下呂温泉一泊旅行してきた。
しかし、なんの進展もなく解散。


なれそめ94勇気を出して-5
なれそめ94勇気を出して-1
なれそめ94勇気を出して-2
なれそめ94勇気を出して-3
なれそめ94勇気を出して-4



チャットでぇ・・・





----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------








  



こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓
あと!!

趣味ブログに記事を書いたので
よかったらぜひ覗いてやってください・・・
↓↓↓


※申し訳ありませんが、
今回から一時的に(1か月くらい?)
コメント欄を閉じさせていただきます。

その理由については
6月23日更新の記事でご案内します。
(いじめられたとか深刻な理由ではありません!)

よろしくお願いいたします。
m(_ _)m


----------------




こちらの記事の続きです。


今香港で大問題となっている
「逃亡犯条例」改正案について。


6月9日100万人デモ以降の動き




まずは6月9日の100万人規模のデモ以降の
主な動きをダイジェストで。

Rie(りえ)さん(@japanavi)のツイートが
めちゃ分かりやすいのでがっつり活用させて
いただきますm(_ _)m





(1)6月12日には、「逃亡犯条例」改正案を
決議しようとする議会を中止させるために
(議員たちが議会に出席できないように)
香港立法会前を抗議デモ隊が包囲。

参加者が来ている黒いシャツは「怒り」を意味する。




(2)デモ隊の狙い通り12日の議会は中止になった!



(3)しかし現地の立法会前では
警察とデモ隊の衝突が・・・
参加者に70人以上のケガ人が出る事態に。。。



(4)12日だけでなくそれ以降の議会も中止が
発表され、もともと予定していた6月20日の採決は
実質不可能に!



(5)そして6月15日(土)には
採決の「無期限延期」との発表!
政府が動いた!\(^o^)/



(6)しかし香港市民が求めているのは
「延期」ではなく「廃案」

6月16日(日)には再びデモ行進を行うとの声明。



2週連続、日曜日に大規模デモ行進



今の季節、香港はめちゃくちゃ蒸し暑いです。

デモに参加するってことはその暑さの中で、
さらに大勢の人混みに紛れながら
何時間も歩き続けることを意味するわけで・・・

デモ参加は、体力的にも相当しんどいと思います。

先週9日も参加した人が、
今週16日も参加できるのかな?

「先週参加したし、今週はまぁいっか・・・」
って思う人もいるんじゃないかな?

・・・と、私は思ったりしてました。
(´・ω・`)

あと、チャンポンともなんとなく話していたのは、

法改正がひとまず延期になったことで納得する人も
一部にはいるのではないか?

それでも先週の100万人には及ばずとも
やっぱり50万人以上の人が参加するのでは・・・と。


しかし6月16日のデモは、
そんな呑気な私たちの予想を
大きく覆すものになりました。

IMG_4883
IMG_4882

スタート前から街にあふれる黒いシャツの人々。

道路規制が始まる前の歩道がもう
デモ参加者で埋め尽くされていて。

IMG_4884
IMG_4885

バスの乗客もアピール。

IMG_4886

香港の行政長官である
林鄭氏の辞任を求めつつ

「私たちは暴動をしているのではない」
との主張。


IMG_4887



デモ行進が始まるともう
メインストリートはもう真っ黒。


※動画です。人々の声の迫力がすごい。
(↑画像クリックで私のインスタへ)


大勢の人々がメインストリートから
あふれ出して、他の道もデモ隊で
いっぱいになってしまって。



デモは夜まで続きました。



夜になってもまだスタート地点には
これからデモ行進に参加しようとする人が
まだまだたくさんいたそうです。



香港民意の強さ




結果的にデモの参加者は、先週の倍ちかく、
200万人に達したとのこと!

200万人っていったら、
香港市民の約4分の1もの人々が
行動を起こしたということ。


FullSizeRender


人口1億2700万人の日本だったら、
3100万人もの人がデモに参加するって規模。

※東京、神奈川、千葉、埼玉の人たちが
ほぼ全員、永田町に集結してくるイメージ

すごすぎ。

6月9日の100万人デモを受けて、
政府が延期を発表したのが大きいと思います。

自分たちが行動を起こすことによって、
政府が折れ始めたから。

時勢が香港市民側に向いている
手ごたえを感じていたんだと思います。

この勢いに乗ってなんとか
「廃案」まで持っていきたい!!

そういう意志の表れだと思います。

香港市民を支持する世界の目




確かに民意が政府を動かしたように見えますが、
必ずしもそれだけではないんだろうなと
私は感じています。


「これは必要な法律だ、予定通り採決する」
という姿勢をずっと変えてこなかった香港政府が

ここへきて市民に対する謝罪とともに
「無期限延期」すると態度を一変させることに
なった直接のきっかけはぶっちゃけ、

デモ活動そのものではなく、
諸外国政府による声明の影響力が
大きかったのではないかと思ってます。


仮に、香港市民が400万人集まって抗議しようが、
その動きが世界から全く注目されなかったとしたら
香港政府は一切動じることなく法改正を
押し通してしまったかもしれません。


政府を直接動かせるのは、
やっぱり政府なんだろうなと。

特にアメリカ政府が香港市民の側に
立ってくれたのが大きいと思います。



欧米では香港政府のやり方に懸念が高まっている。

米国務省のオルタガス報道官は12日の記者会見で「香港政府は表現の自由や平和的な集会の権利を尊重するのが重要だ」と指摘した。野党・民主党の重鎮、ペロシ下院議長も条例案を「異論を封じ、自由を抑圧するものだ」と批判した。

多くの外資系企業は、香港に高度な自治を認める「一国二制度」を前提に香港に拠点を置いている。自国民の安全や企業の利益にかかわるだけに、欧米各国の反応は敏感だ。

カナダのフリーランド外相が「香港のカナダ市民への影響を懸念している」と表明したほか、EUの報道官も「香港市民の多くの懸念を共有する」と明言した。





もともと米中貿易摩擦という問題を
抱えているところへ、アメリカが中国に
ツッコミできる隙を与えてしまうことは
中国政府にとっても悩みの種を増やすこと
にしかならない。

従来の中国流のやり方、民意を軍事力で
押し潰すようなことをしてしまったら
国際社会からの批判やアメリカからの
ツッコミがさらに強くなるのは自明の理。

中国にとって不利な状況になってしまう。
かといって弱腰になると内部に対する面子が保てない。

中国にとってだいぶ頭の痛い、
やっかいな状況になってきていると思います。


世界を動かす民意の力とネットの自由




直接のきっかけは諸外国政府の声明かもしれない。
でもその原動力となったのは間違いなく市民の力。


そして市民の力で圧倒的不利な事態を
ここまで動かすことができたのは、
香港が中国政府のネット規制網
(グレートファイアウォール)の管轄外だから。

香港の人々は誰もが国外の広い世界と、
ネットで自由につながることができるから。

報道だけでなく、個人の力でも十分に
世界の人々に訴えることができるから。

そういう何者でもない一般市民の声が
大きな力となって、欧米諸国の政府に声明を
出させるほどにまで影響を与えることが
できたのだと思います。




これって本当にすごいこと。

国とか政府とか法律とか、
そういう大きな存在に対して
一人一人の市民の力は無力に等しい。

それでも、その一人一人が
自分の意志を行動に起こすことで、
香港市民の総意みたいなものを
示すことができれば、それは間違いなく
国を、政府を、動かす原動力になるんだと。

かっこいい。




声をあげることは無意味なんかじゃない。

その声が支持を得て民意になれば、
国も政府も動かす大きな力になる。

あともう一押し。

この勢いで押し続ければ
香港の民意が中国に勝てるかもしれない。

そういう希望を感じられるってこと自体がすごい。

本当にすごい。





----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------





しかしまだ「撤回」はしないという・・・








 





なれそめ編です。

第一話はこちら
↓↓↓ 



【あらすじ】
名古屋でチャンポンと再会し
二人で下呂温泉一泊旅行してきた。
しかし、なんの進展もなく解散。


なれそめ93自業自得-5
なれそめ93自業自得-1
なれそめ93自業自得-2,3
なれそめ93自業自得-4




なんも言えねぇ・・・


※悪夢のあれ






----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------