中国でブルジョワ華人の妻してます

中国で商売している金持ち華人の家に嫁いできました。文化の違いや貧富の差に驚きいっぱいの国際結婚生活をつづります。

ある日東京にて。家の郵便物を確認しているとよくある重要な個人情報を記載した折り畳み式のハガキです。開く前はぴったり密着してるのにはがすともう二度とくっつかない!しかも開いた表面はちっとも接着剤的なものを感じさせない心地よさ!!どうやってくっつけてるんでし



ある日東京にて。

家の郵便物を確認していると

127はがき

よくある重要な個人情報を記載した
折り畳み式のハガキです。

127ペリペリ1
127ペリペリ2
127-3
127-4


開く前はぴったり密着してるのに
はがすともう二度とくっつかない!

しかも開いた表面はちっとも
接着剤的なものを感じさせない
心地よさ!!

127べたつかない

どうやってくっつけてるんでしょうね。


このタイプのハガキは日本以外で見たことないよ

これって何気にすごい技術なのでは・・・!!!


調べてみると
「圧着ハガキ」と言うのだとか。

開発した技術で特殊な糊を
つかってくっつけてるのだそうで。
1990年代から普及したそう。


圧着ハガキのメリット
1.ハガキ2枚分の情報を書き込めるのに送料はハガキ1枚分!半額!

2.一度はがすと二度と元に戻せないので受取人以外が開けたらすぐバレる!個人情報保護できる!

3.「剥がしてみたい」という心理的要因からくる高い開封率を誇る


メリットだらけ!!
\(^o^)/


この技術考えた人は
天才だと思いました


<参考>





 おしまい

----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------










こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします
( ˘ω˘ )ペコリ

----------------




いつもお世話になっております
ちゃんこです。


おかげさまでこのブログ!!

127かみあわない

一応、最初の記事の投稿日が
10月25日ということで。。。

もう2年もたったのか~
早いなぁ~・・・

最近はなれそめ編ばっかりで
日常話が怠りがちですが・・・

127なかよし

先日私とチャンポンの誕生日だったので
その辺の話とかも近々書きたいなぁ~
と思いつつ

127
ちなみにこんな話聞きたいな~
みたいなのあったらぜひ教えてください

ネタに困っているわけでは
決してありませんが。決して。



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------














なれそめ編です。

第一話はこちら
↓↓↓



なれそめ37期待するな-5
なれそめ37期待するな-1
なれそめ37期待するな-2
なれそめ37期待するな-3
なれそめ37期待するな-4


香港行きたいって盛り上がってるのは
私だけの可能性高いですし。

思いっきり予防線はってました
(´・ω・)



次の話


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------








大人気ブロガー歌川たいじさん原作の
映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』
試写の感想です。長文です!!

----------------





母さんがどんなに

僕を嫌いでも


・・・って、タイトルがもう辛すぎる。。。


幼い頃から大好きなお母さん・光子(吉田羊)に
暴力を振るわれてきたタイジ(太賀)

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」、
それでも母の愛を求めて、真摯に母と
向き合おうとするタイジの物語です。


FullSizeRender


確かにこの作品は虐待シーンを含め
本当に心が苦しくなる場面があります。

歌さん曰く「そういう虐待を描くような作品は
心が痛むから見たくない」とおっしゃる方が
いらっしゃるようですが、

でもそれは臭い物に蓋をするのと
同じことではないでしょうか。

そういう優しい心の持ち主にこそ、
目を背けることなくこの作品を観ていただいて
届くべきところに届くよう、
一緒に応援してもらえたらなと思います。

これは
「虐待する大人はひどいよね」
「虐待される子供はかわいそうだよね」
って言わせようとするような作品じゃないから。

観終わった後に感じたのは
恐怖や悲しみなどではなく、

寄り添ってくれる人の大切さ、尊さ。人の温かさ。
人のぬくもりに溢れた愛情の物語です。

だからどんな境遇の人にも安心して
観てもらえるに違いありません。


126ばあちゃん


タイジがすごいのは、どんなにつらい状況の中でも
自分から行動を起こしていったことだと思います。

そして彼がそれを成しえたのは、
彼の心に寄り添って支えてくれる人たちが
いたからこそなのだと。

タイジは一人ぼっちじゃなかった。
だから乗り越えられた。
母さんとの“対決”にも勝てた。

特にキミツ家の家訓が素晴らしすぎる。

「理解は気づいた方からすべし」
理解する力のある方が先に気づくのだと。

戸惑うタイジの背中をぐぐっと押してくれた
キミツさんの言葉が大好きです。

・・・

映画鑑賞後のスピーチで歌さんが訴えていたのは

126切実な願い


すごく印象的な言葉です。


じゃあ、届くべきところってどこだろう?


私は少なくとも3つあると思いました。


その一つは間違いなく、
今まさに虐待を受けている子供たち。

そして辛い過去の呪縛に苦しみながら
今を生きている人たち。

『母僕』は愛と希望の物語です。

この作品が、どうしようもなく
辛い状況の中にある人たちの元に届いたとき、
どう受け止めてもらえるのかは分かりません。

自分もタイジのようになれるはず!という
希望になるのか。

自分はタイジとは違う・・・という
絶望になるのか。

それでも「こういう生き方もあるんだ」という
一つの可能性を示すことには意味があるはず。

だからこそ、この作品が児童文庫化されたのは
本当に素晴らしいことだと思いました。

より多くの子供たちの手元に届いてほしい。




「届くべきところ」二つ目は、
政治や行政に携わり“大きな仕事”ができる人たち。

子供を守りたい、という使命感を持って
現場で奮闘してくれてる人たちがいます。

でも日本では一人の担当者が
200人の子供を受け持つこともあると
言われるほど過酷な現場。

児童相談所での仕事に興味を持っていたとしても
そうした労働環境がネックでその道へ進むのを
ためらう人が出てきてもおかしくない。

人手不足で過酷な労働環境。
だから人手が集まらないという悪循環。

逃げ場を求める子供たちは増える一方で
彼らを守ってくれる場所も、
その担い手も足りていないという現実。

この厳しい現状をより良くするには
どうしたらいいのか。

それはもう、職員一人一人が
もっとがんばりましょうとか
個人の努力でどうにかなる
レベルの問題じゃない。

法律を作ったり、制度を作ったり、
そもそもの仕組みを変えられるだけの
大きな仕事ができる人たちに、
変えてもらうしかないんじゃないか
と思います。



そして最後の「届くべきところ」は
虐待とは無縁の世界で生きている、
子供も大人も含めた全ての人たち。

誰にとっても、
この作品が訴えてる問題は
他人事ではないはずです。


私は本当にありがたいことに
父親にも母親にも家族にも友人にも恵まれて
親子関係に絶望するようなことは一切なく
ここまで生きてくることができました。

虐待やいじめとは無縁の人生でした。
(私が気づいてなかっただけかもしれませんが)

そんなぬるま湯で育ってきたような
私にもできることがあるとしたら
なんだろう・・・と考えたとき。

それはきっと、キミツさんや大将たちのように
誰かに寄り添って支えてあげることなのかな
と思いました。


具体的にどんなことができるのか。
考えてみました。


(1)想像力を働かせること

私にとって身近な問題ではなかったので、
『母僕』を通してこういう世界があることを
教えてもらいました。

映画というはものすごくて、
見る側の感情を揺さぶり
直接訴えかけてくる力があります。

どっぷり感情移入できる。
だから想像力の芽も植え付けられるのだろうなと。


(2)自分以外の周囲に関心を持つこと

たぶん「私には関係ない」って
見て見ぬふりをする無関心が一番怖い。


(3)自分から一声かけること

これ↑来年の活動目標にしようと思ってます。

何か行動を起こせるとしたらその一番最初は
一声かけること、ですよね。

困ってる見知らずの人にいきなり
大丈夫ですか?と声をかけるのは
ハードル高いので、まずは
身近なところから練習したい。

自分から挨拶するとか。
自分から話題を振ってみるとか。

とにかく自分から、ひと声かけてみる。

・・・

私にできること。

正確には、今はできてないけど
今後できるようになりたいこと。


想像力をはたらかせて、
周囲に関心を持つ。アンテナを張る。

そしてそのアンテナにビビっときた時に
自分から声をかけられるようになる。


・・・って、ものすごい理想論だし
机上の空論かもしれないですけど。。。


いろいろと綺麗事を並べ立ててしまいましたが、
こういう綺麗事を言いたくなっちゃうくらい
『母僕』は美しい作品なんです!!( ;∀;)

人々が寄り添いあって、
助け合って行きていけるような
美しい世界であってほしいと
願わずにはいられないような。。。


大変長くなりましたが、
届くべきところまで届くように、
一人でも多くの人に、
この作品を観てもらえますように。

ぜひ、ご家族やご友人、
大切な人をお誘いあわせの上
劇場まで足を運んでみてください!

そして、もし何か心に響くものが
あったらぜひ周囲の人にも
オススメしちゃってください。


11月16日公開です!!
予告がもうやばい。






----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------


 


あとやっぱり思い出すのは
元職場の先輩の言葉。

「クソだと決めつけて、
お前があいつをクソに
したんだ」

ほんとうにそうなのかも。


映画の中でも、周囲の人が
お前はブタだブタだと決めつけたことで
タイジは自分のことを
「僕は何やってもブタなんだ」と
卑下するようになってしまった。

一方で、君はブタじゃないと
語りかけてくれる人がいたから、
タイジは変わることができた。

言葉の力ってほんとうにあるんだなぁ。



先輩の言葉
↓↓↓







こちらの記事にいただいた
コメントへお返事しました!
↓↓↓

よろしくお願いします
( ˘ω˘ )ペコリ

----------------



大人気ブロガー歌川たいじさん原作の映画
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』試写会に
行ってきました~!!\(^o^)/



作品はもう冒頭から
目頭が熱くなるシーンの連続で、
涙、涙、涙の中あっという間に
終わってしまいました。

映画鑑賞の後の歌さんの
トークショーもまた・・・( ;∀;)
想いが熱くてもう!!

映画の感想「泣けました、最高です」
では終わらせたくない。


本当は感想を今日ここに
載せたかったのですが
いろんな思いがあふれて
整理しきれなかったので

もう少し私の中で考えをまとめてから、
しっかり、全力で、書きたいと思います。



というわけで
今回は前後のお話を・・・

126bランチ

左から

くららさん


ちっちゃいハンバーガーかわいい
(*´ω`*)
  
IMG_0340


そろそろ会場に向かおうということで
マリエ氏がフクミーさんを迎えに行ってる間に

偶然momoさん&ぷちみみんさんと遭遇!
126合流

momo's obentou*キャラ弁
momoさん

まんまるほっぺ のんびり楽しむ創作パン
ぷちみみんさん

お初にお目にかかりました(*´ω`*)

126フクミーさん

フクミーさん

126マリエ氏
126マリエ氏まよう
126こちらです


そんなこんなで無事到着。

会場に着くと歌さんがお出迎え!!

みなさんお一人お一人にご挨拶している中、
私にも声かけてくださって!!

『花まみれの淑女たち』の記事
書いてくれてありがと~!!って!
うれしー!!( ;∀;)( ;∀;)

126歌さんハイタッチ

ちなみに龍たまこさんも
花まみれレビューを
書いていらっしゃって

なんと!その中に!!
私のこと(緒方への想い)も
紹介してくださってて!!!
感激です!!ぜひ!!
↓↓↓

FullSizeRender

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』も
旧版と新版を両方持ってます( *´艸`)

FullSizeRender

歌さんにサインしてもらいましたー!!
やったー!!ばあちゃんだーー!!!
( ;∀;)

映画ではばあちゃんが
登場するだけで泣きそうに
なってました。

さらに!!
映画の中に何度も登場する
まぜごはん(お母さん味)
のお土産が・・・!!

家まで待ちきれず
もらってすぐいただきました。

FullSizeRender
おいしい!!!

全ての具材に味が
しみこみまくってて!!

錦糸卵ふわっふわで!!!

おいしいおいしいと
唸りながらいただきました
( *´艸`)

しかもお土産は
まぜごはんだけではなく
ケーキにサインポストカードまで!!

歌さんは愛の人です。
愛を分け与えてくれる人です。

そんな愛の人による原作の映画も
本当に愛が深かったです。

私なりの感想はすみません!
次回改めて書きます!!

11月16日公開です!!

FullSizeRender
(↑公式サイトより)

このポスターが涙腺ヤバイ

私のオススメは
映画鑑賞してから原作読むこと!!

原作には映画では描き切れてない
名シーンがたくさん・・・!

どっちもいい!!

役者さんの演技すごいので
映画はとにかく必見です!!
( ;∀;)( ;∀;)



----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------










なれそめ編です。

第一話はこちら
↓↓↓



なれそめ36香港行きたい-5
なれそめ36香港行きたい-1
なれそめ36香港行きたい-2
なれそめ36香港行きたい-3
なれそめ36香港行きたい-4



だって現地人に案内してもらう旅行って
自分だけで行くより絶対楽しいですもんね!


ちなみに私の人生初香港の思い出はこちら
↓↓↓
ラッキーハウス内部の写真は必見です(笑)
アングラの極み!!背筋ぞわぞわする!!!



次の話


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------











なれそめ編です。

第一話はこちら
↓↓↓



なれそめ35チャンポンの弟-5
なれそめ35チャンポンの弟-1
なれそめ35チャンポンの弟-2
なれそめ35チャンポンの弟-3
なれそめ35チャンポンの弟-4


日本に住んでる弟がいて
頻繁に会いに来てたら
そりゃ詳しくもなるよね!!

というわけで
初デートのときの疑問
ほぼこの時点で解消されました。
↓↓↓

出自不明だったあの車
マンション1階に停めてたのでした。
↓↓↓


次の話


----------------

LINEで読者登録できます!
どうかこのボタン押してください!
↓↓↓


よろしくお願いします( ˘ω˘ )

---------------